オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

脳を効率的にコントロール

読了までの目安時間:約 5分

 

【 加南本舗 Vol.1269 】

 

 

 

 

 

 

 

疲れたときに肩を落とし

大きな筋肉の力を抜いてやると、

 

 

「疲れた」というメッセージが

脳に送り続けられ、

 

本当に疲れた気になります。

 

 

 

しかし姿勢をきちんとして

気持ちを奮い立たせて

 

疲れてないと思えば、

 

 

 

内面的イメージも変わり、

 

疲れの感じ方にも

変化が起こるのです。

 

 

 

疲れたことだけ思っていると

疲れたままですが、

 

 

てきぱきする力が

自分にあると口に出し、

 

 

意識面でもその通りに動けば、

体もそうなっていきます。

 

 

 

生理学的な変化が

精神状態をも

変えてしまうのです。

 

 

 

呼吸や姿勢、動き方を変えれば

脳を効率的にコントロール

できるということです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それを目的達成に利用すれば、

 

すでにそうなった

『つもり』になるのも

効果的な方法になります。

 

 

 

目標達成できたとき、

そのものを再現します。

 

 

息の仕方、生理機能から

そういうふうに

『つもり』にすれば、

 

 

自分にもたちまちできるような

気がしてきます。

 

 

 

たったこれだけのことですが、

精神状態に変化が起きるのです。

 

 

 

 

自分にはできないけれど、

できるようになりたいことは

ありませんか?

 

 

 

それをぜひ、思い浮かべてください。

 

そしてもし、

自分がそれをできようになったら

 

 

どんな話し方をして、

どんな息の仕方をするでしょうか?

 

 

 

理想の自分、

理想の生理状態を思い浮かべ

 

 

それに合わせて姿勢を正し、

呼吸を整え、表情を作るという、

 

 

理想的な状態を

一貫して継続することで

 

 

できるわけないと思っていたことも、

 

『まるで』できるような

気がしてくるはずです。

 

 

 

あとはその『つもり』を

行動に移すだけです。

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:2