オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

自分の中にある無限の能力にアクセスする

読了までの目安時間:約 4分

 

【 加南本舗 Vol.1268 】

 

 

 

 

 

 

 

やっと週末・・・

 

そんなふうに、

ほっとしていらっしゃる方も

多いくらいに、

 

 

私たちはとても忙しい社会に

暮らしています。

 

 

がむしゃらに走り続け、

その途中にある楽しみや喜びを

忘れていませんか?

 

 

 

充実した実りある人生を送るためには

 

はるか先の未来のために

生きるのではなく、

 

すべての瞬間を楽しみたいものです。

 

 

それこそが私たちに、

ひらめきやや問題解決を

授けてくれる時間になるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

偉大なる発明家エジソンは

自分のオフィスにこもって、

 

 

『アイデアのために座る』時間を

定期的に設けていたと言われます。

 

 

 

その間、誰も取り次がないようにし、

静かに、ゆうに2時間は

椅子に座っていたというのです。

 

 

 

このように

静かに熟考する時間を持つことで、

 

 

創造性が発揮され、アイデアや

問題解決法が浮かんできます。

 

 

 

心静かに落ち着いていると、

自分の中にある無限の能力に

アクセスすることができるのです。

 

 

エジソンのようにまとまった

時間を取ることは難しくても

 

 

毎日、10分間、静かに座って

目をつぶってみてください。

 

 

 

そして時間が取れそうな休日には

30分でも1時間でも、

アイデアのための時間を確保しましょう。

 

 

 

それが自分のクリエイティブな

能力を引き出すカギになるように、

きっと何かが変わってきます。

 

 

 

心にいいこと、

実践してみませんか!?

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

知らない間に買っている「欲しい」が生まれるメカニズム

読了までの目安時間:約 5分

 

 

 

 

 

業先にョコを持っていくと
営業が功しやすくなるということを
あなたはっていますか?

 

 

 

もし、あなたの売っている商品が、

 

 

宝石、
車、
ブランド品・・・

 

 

などの俗に言う
「贅沢品」や「自分へのご褒美」
であるなら、

 

 

チョコの持つ力は
絶大なものになります。

 

 

 

マイアミ大学とフロリダ大学の
合同研究で、被験者に

 

「チョコを食べるように勧める」
という内容の実験が行われました。

 

 

 

この実験の結果、

 

 

被験者は3つのグループに分かれます。

 

 

1、チョコを1個だけ食べた人
2、チョコを好きなだけ食べた人
3、チョコを全く食べなかった人

 

です。

 

 

 

では、この中で、

 

 

あなたが一番力を入れて
営業すべき人は誰だと思いますか?
少し、考えてみてください。

 



 

答えは、
「1、チョコを1個だけ食べた人」です。

 

 

理由に関して、

 

『脳科学マーケティング100の心理技術』

 

 

では、このように書かれています。

 

 

 

===================================

 

 

実験の結果、
チョコを1個食べた被験者は、

 

 

誘惑に負けなかった被験者に比べ、
高額な商品を
より尊ぶ傾向にあるのがわかった。

 

 

さらに、関連して、面白い発見もある。

 

それは、満足するまで
チョコを食べ続けた人は、

 

 

一定を過ぎると
モノに対する欲求が消えたことだ。

 

 

 

そして、チョコを食べなかった人は、
他の誘惑にも負けないという心構えを
一層強くしたのである。

 

===================================

 

 

 

 

つまり、あなたが営業先やお客さんに
チョコを差し出した時、

 

 

一番、高価なモノを欲しがるのは、

 

チョコを1個だけ食べる人なのです。

 

 

 

この実験結果から、
チョコを出すだけで

 

 

あなたはどのお客さんに多くの
時間や労力を割くべきか分かるのです。

 

 

 

 

残り99個の心理技術はこちらから
確認できます。

 

 

 

あなたが必要としている
テクニックがきっとあるはずです。

 

たとえあなたが1個のチョコを
食べない人だったとしても・・・

 

 

 

 

 

 

『脳科学マーケティング 100の心理技術』

 

 

 

 

 

オススメ書籍    コメント:2