オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

脳は効果的に使ってあげましょう

読了までの目安時間:約 5分

 

【 加南本舗 Vol.1254 】

 

 

 

 

 

 

 

スキューバダイビングって、

やったことがありますか?

 

 

突然、なんだ?

なのですが・・・

 

 

 

実は、脳の仕組みについて

面白いことがあります。

 

 

 

それは、潜水するときには

なるべく考え事をしない方が

よいということです。

 

 

 

考え事をすると、

あっという間に酸素が

減ってしまいます。

 

 

 

酸素を温存するためにも

潜水した場合には

脳を休ませなければならないのです。

 

 

 

つまり、エネルギーは

運動だけでなく、

 

 

脳を使うことによっても

消費するということです。

 

 

 

とは言っても、

潜水しながら脳を使う場面も

 

 

そうそうあるものでは

ないかもしれませんね(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では、同じ脳を使う場面でも

移動時間などはどうでしょうか。

 

 

 

たとえば

出張などでちょっとまとまった

時間があった場合、

 

 

本を読んだり、音声学習をする

といったことはないでしょうか。

 

 

 

しかし、こういった時間は、

脳の使い方からすると、

 

 

インプットではなく、

アウトプットに使うべきなのです。

 

 

 

頭に入れる(インプット)集中と、

頭から出す(アウトプット)集中は

種類が違います。

 

 

 

それは話を聞くよりも、

話す方がラクなことからも

わかるように、

 

 

 

仕事の場合は頭に入れる方が

要求される集中の度合いが

高いと言えます。

 

 

 

その意味でも、雑音や振動で

集中力をそがれる車内や

機内での移動時間は、

 

アウトプットこそふさわしいのです。

 

 

 

ある意味、閉じ込められ

それ以外に何もできない時間を

意図的に選んで、

 

 

 

メルマガを書いてもいいし、

手紙や業務日誌などを

片付ける時間に脳を使うのです。

 

 

 

移動時間には、

こんな脳の使い方は

いかがでしょうか?

 

 

 

あっ、そんな時だからこそ

脳を休ませる?

 

 

脳に優しくて、いいかも!です♪

 

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:1