オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

「ふと思ったのですが」という便利なクッション

読了までの目安時間:約 5分

 

【 加南本舗 Vol.1223 】

 

 

 

 

 

 

 

誰かと親しくなりたい場合、

『聞き上手』になること。

 

 

あなたも一度は聞いたことがある

と思います。

 

 

 

誰しも自分の話を

真剣に聞いてもらえることは

嬉しいものです。

 

 

 

その際のコツは、

感心した表情で「なるほど」と

適度に相づちを入れることです。

 

 

 

ただ聞かれているよりは

自分の話に興味を示し、

 

 

「なるほど、さすがですね!」

と感心したようにうなずかれた方が、

 

満足度は格段にアップするからです。

 

 

 

その少々大げさなくらいの

相づちひとつで、

 

 

相手はあなたに好印象を抱き、

その時の心地よい感覚を覚えて、

 

 

また会って話したいと

思うようになるのです。

 

 

 

 

 

 

 

その逆が、

「でも」などの否定的な言葉です。

 

 

会話中に「でも、それは・・・」

 

などと話の腰を折られてしまえば、

相手は面白くありません。

 

 

 

その場はたとえ疑問を抱いても、

最初のうちは、口では

 

 

「なるほどねぇ」と

ぼかしておく方が無難です。

 

 

 

そして少し親しくなり

注意したいことが出てきたとしても、

 

 

ストレートには言わず、

「ふと思ったのですが」という

 

 

クッションの役割をするような

言葉をはさむと効果的です。

 

 

そうすれば

相手もそれほど身構えずに、

 

指摘を受け入れることができます。

 

 

 

これが深刻な面持ちで

「実は前から思っていたのですが」

と切り出せば、相手は緊張するし、

 

 

 

「前から思っていたのなら、

もっと早く言ってくれればいいのに」

と逆恨みをされかねません。

 

 

 

しかし『思いつき』なら、

「その時に思いついた」だけなので

 

 

相手も深刻になりすぎず、

素直に聞くことができるのです。

 

 

 

 

いくら親しくなったとしても、

注意や忠告というのは

デリケートで難しいものです。

 

 

 

相手の立場に立つということは

 

たとえ目の前に人がいない

ネットビジネスであろうとも、

 

忘れてはならない思いやりです。

 

 

 

ビジネスの基本は、

そんな心構えから成り立っています。

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

気持ちをのせてビジネスに集中するには

読了までの目安時間:約 6分

 

【 加南本舗 Vol.1222 】

 

 

 

 

 

 

 

「やらされ感」を持ちながら

仕事をしていることはありませんか?

 

 

 

そんな仕事はたいていが

「やらなければならない急なこと」

なので、避けるわけにはいきません。

 

 

 

そういうときは、

「面倒くさいけど、やらないと・・・」

「なんで自分がやらされるんだ・・・」

 

などと思いながらの仕事になるので、

失敗も起こりやすくなります。

 

 

 

仕事を片付ける際のコツは

重要かつ緊急のことから

優先順位をつけて始めるのですが、

 

 

失敗をなくすという視点から見ると、

違うアプローチ法もあります。

 

 

 

それは、

「やらねばならないこと」と一緒に、

「やりたいこと」をやるという

ある意味、少し強引なやり方です。

 

 

 

やりたくないことを

嫌々やるのだったら、

 

 

そこにやりたいことを混ぜてしまえ!

みたいな感じですが、

 

 

 

優先順位をつけるときに

「やらねばならない」こと

ばかりを優先していると、

 

 

進み具合のバラつきが

大きくなります。

 

 

 

気持ちがのっていないから

集中できずに

ダラダラやってしまうのです。

 

 

 

その場合の考え方は、

「やらねばならないこと」も

「やりたいこと」も、

 

別個のものではないということです。

 

 

 

案外、

やらねばならないことの中に

 

 

やりたいことが隠れている

場合もあるし、

 

その逆だってあるのです。

 

 

 

外側から見えないだけで

 

それぞれどちらも自分から積極的に

掘り下げていくと、

 

 

「面倒くさい」と思っていたことが

うまく片付いたり、

 

 

「やりたいこと」まで

一緒にとりかかることができて、

 

 

 

結果的に失敗がなく

楽しい気分でいられることが

増えるということになります。

 

 

考え方を少し変えるだけで

結果は驚くほど変わってきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのやり方で

一日のタスクも割り振れば、

 

 

『自分の望んでいること』に

近づいていく

可能性が高くなります。

 

 

 

やりたいことを見つけ、

それに集中できるような計画、

 

 

『今日一日何をするか』だったら

誰もが現在の自分の力で

 

 

集中しさえすれば必ず実行できる

目標を選べます。

 

 

 

この実行こそが、

なりたい自分や成し遂げたい

 

 

仕事に近づくために重要なこと

でもあるのです。

 

 

 

一日、一ヶ月、半年、一年と

現実に実行可能な計画を立てて

実行していけば、

 

かなりのことができます。

 

 

 

やりたいことを見つけ、

それに集中できるような

計画を組んでみましょう。

 

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:2

レシートであなたの今を知る

読了までの目安時間:約 4分

 

【 加南本舗 Vol.1221 】

 

 

 

 

 

 

 

GWも終わって

楽しい思い出が増えた分、

 

 

お財布はちょっと淋しい、

なんて現実・・・

 

あなたはどうですか?

 

 

 

だからお昼は

コンビニのおにぎりで、

 

なんてことも

あるかもしれませんね・・・

 

 

 

そこで、料金を支払った際に

受け取ったレシートを、

 

 

どうするかを

思い出してほしいのです。

 

 

 

きちんと財布にしまう人、

すぐに捨てる人・・・

 

 

レシートの扱いは

さまざまだと思うのですが、

 

 

 

くしゃくしゃに丸める、

という人も意外と多いのです。

 

 

 

 

実はその行為には、

 

その人のある心理が

秘められています。

 

 

 

 

 

 

レシートをすぐに

捨てるわけでもなく、

 

 

手に持って、

わざわざくしゃくしゃに

してしまうというのは、

 

 

 

かなりストレスが溜まっている、

ということが言えるのです。

 

 

 

つまり、レシートを

くしゃくしゃにするという行為が

 

 

ちょっとしたストレス解消に

なっているのです。

 

 

 

 

あんな小さな紙を丸めたくらいで

ストレス解消になるのだろうか、

と思われるかもしれませんね。

 

 

 

もちろん、それで完全に解消する

という人は少ないでしょう。

 

 

 

ただ、それで自分の状態を知る

ことはできます。

 

 

 

 

そんな行為を繰り返す人は、

 

いずれもっと大きなストレス解消を

他に求めることになります。

 

 

 

レシートを丸めるという行為は、

その大きなストレス解消への

助走のようなものなのです。

 

 

 

 

もしも無意識のうちに

レシートを丸めていたら、

 

 

 

最近ストレスが溜まっていないか、

疲れが蓄積していないか、

 

振り返ってみてはいかがでしょう。

 

 

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

インターネットでビジネスをする基礎

読了までの目安時間:約 5分

 

 

 

Youtubeに、Facebook、

Instagram・・・

 

 

次から次へと新しいサービスや

専門用語が出てくる・・・

難しくて自分には到底ついていけない・・・

 

と思っているあなた!

 

 

実は、次から次へと出てくる

これらの新しいものに

ついていく必要はありません!

 

 

スポーツと同じで、

基礎や自分のタイプがわかっていれば、

自分に必要な道具がわかります。

 

 

出てきたすべての新しい用具を

試す必要はありません。

 

 

 

ビジネスでも同じ!

基礎がわかっていれば、

 

今の自分にどれが必要か

自ずと判断できるようになります。

 

 

インターネットでビジネスをする基礎は

この本にすべてまとまっています。

 

 

『インターネットマーケティング最強の戦略 』

 

 

 

 

 

そして好調なインターネット業界で

ビジネスを始めれば

 

収益を上げられるのでは?と

思ったかもしれません。

 

 

 

確かに、その発想は間違っていません。

 

 

成長している市場に参入することは

ビジネスの基本です。

 

 

しかし、

『成長している市場に参入=稼げる』

というのは

少し楽観的すぎるかもしれません。

 

 

 

なぜなら、

売り手も、猛烈なスピードで

増え続けているからです。

 

 

つまり、あなたの競争相手が

増え続けているということです。

 

 

 

 

あなたがもし、

インターネットを使ったビジネスで、

収益を上げたいと思うなら、

 

 

競争相手に差をつけるだけの

知識やスキルを

身につけないといけません。

 

 

 

そのスキルや知識とは

何だと思いますか?

 

 

・HTMLを自在に扱うスキル

・イラストレーターを使いこなすスキル

・アプリ開発に関する知識・・・

 

 

これらは確かに役立つスキルや知識ですが、

どれも一番大事とは言えません。

 

 

 

インターネットを使ったビジネスで

成功している人たちは、

 

 

お客さんが商品を買いたくなるようにする

スキルを持っているのです。

 

 

そのスキルとは一体どんなものか・・・

 

 

 

たった1冊の本に

その答えが書いてあります。

 

 

 

 

 

 

『インターネットマーケティング最強の戦略 』

 

 

 

 

オススメ書籍    コメント:1

少しは怠けてしまうこともある自分を認める

読了までの目安時間:約 6分

 

【 加南本舗 Vol.1220 】

 

 

 

 

 

 

 

長かったGWも今日で終わり

という人も多いようで、

 

 

「明日からまた仕事」だと

夕方からため息がこだまして、

 

 

日本中が憂うつ色の

「どんより」した空気に

包まれている・・・

 

 

 

と思ったら、

どうやら「黄砂」のようです。

 

 

昨日、中国地方を中心に黄砂が

今年初めて観測されました。

 

 

初観測で5月になったのは

統計開始以来、

もっとも遅い記録だそうです。

 

 

そして今日は全国的に飛来が

予想されていたということで、

 

 

この「どんより」が

あなたの心を映していたのでは

なかったことを祈っています・・・

 

 

 

 

長いお休みがあれば

少しくらいは羽を伸ばしたい、

 

 

そう思ってゆっくりも

したくなるのが人情です。

 

 

 

そこでせっかく続けてきたことも

途切れてしまう・・・

 

 

そう、『継続は力なり』が

中断したことへの不安が

あとから押し寄せてきます。

 

 

 

 

しかし、実は

『継続は力なり』には

誤解もあるのです。

 

 

なぜなら、その立派な心構えは

途中で挫折してしまう可能性が

高いからです。

 

 

 

挫折してしまう理由は、

力を注ぐ先に問題があるからです。

 

 

何事も、

続けることに力を注ぐのではなく、

 

 

『習慣にすること』に

力を注がなくてはならないのです。

 

 

 

続けることを目標としていたら、

いつまでも精神力に

頼らなければなりません。

 

 

 

ところが、習慣になってしまえば

気合や根性といったものは必要なく、

習慣としてラクに継続できるのです。

 

 

 

 

 

 

 

そしてできない自分を

責める必要もありません。

 

 

 

子供を育てる際には、

『ほめて伸ばせ』とよく言われます。

 

 

「お前はここがダメだ」と

否定ばかり繰り返していたら、

その子は伸びません。

 

それと同じことなのです。

 

 

 

私たちも心の中に

『自分という子供』を育てている

ような気持ちになって、

 

 

 

否定語を使わず、

少しは怠けてしまうこともある

自分を認め、

 

 

自己否定による思考停止を

避けるようにします。

 

 

 

私たちの心は

「どうせ自分は〇〇だから」と、

 

 

自己否定した瞬間から思考停止の

カギがかかってしまいます。

 

 

自己否定とは、たちの悪い

思考停止のスイッチなのです。

 

 

 

そういう場合は

自分で自分にプラスのエネルギーを

チャージするように、

 

 

「よくやったよ、自分」というふうに

自分で自分を励ましてみましょう。

 

 

 

心の中の『自分という子供』が、

グンといい方向に伸びるはずです。

 

 

さぁ、前を向いて頑張りましょう!

 

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

100%の自信は存在しない!?

読了までの目安時間:約 4分

 

【 加南本舗 Vol.1219】

 

 

 

 

 

 

 

自信を持った生き方が

できるようになるためには、

 

 

 

日常レベルでも

自分の生き方が正しい方向に

向かっているのか、

チェックすることが大切です。

 

 

 

それはどんなときにも

目標を見失わないように

 

 

毎日、自分の目標と

向き合う時間を作るということで、

 

 

 

目標を紙に書き出して

机やパソコンの前に貼っておきます。

 

 

 

そうやって、

自分で自分をマネジメントする

習慣をつけます。

 

 

 

たとえそれが自信のないことでも、

大切なのは自信がなくても不安でも

 

『まずやってみる』ということ。

 

 

 

自信が生まれてから行動するのではなく、

行動するから自信が生まれるのです。

 

 

 

 

そのためには

日々の生活レベルで常に、

 

 

自信につながるような

習慣をつけることが大切で、

 

 

自分で決めた小さな目標を毎日

達成するだけでも自信は生まれます。

 

 

 

なぜなら人は自分が思ったことを

思った通りにやれるときに、

快感を覚えるからです。

 

 

思ったことを実行に移せたことで、

自信が生まれるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん自分一人の力では

達成できないこともあるでしょう。

 

 

 

 

私たちは自分の力だけで

生きていると

つい過信してしまいますが、

 

 

 

生きることのうち

自分にコントロールできるのは

80%ほどで、

 

 

残りの20%は人との出会いや、

自然の力といったものから

成り立っていて、

 

 

その見えない力というのが

とても大きいのです。

 

 

 

そう考えると、

100%の自信などというのは

存在しないのかもしれません。

 

 

 

自信を持つということは、

その20%に対する謙虚さも

兼ね備えることでもあるのです。

 

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:1

行動力アップで人生が好転!

読了までの目安時間:約 5分

 

【 加南本舗 Vol.1218 】

 

 

 

 

 

 

 

私たちは日々の生活の中で

 

誰かがしてくれるだろう、

誰かが助けてくれるだろうという、

 

根拠のない期待を抱くことが

よくあります。

 

 

 

たとえば、久しぶりに

ばったり友人に会った際に、

 

 

「近うちにゆっくり食事でも」

と約束して別れた場合、

 

 

 

家に帰ってから

よさそうな店を探したり、

 

さっそく相手を誘ってみる

という人よりも、

 

 

 

相手の方から誘ってくれるのを

待っているという人の方が

多いのではないでしょうか。

 

 

 

そしてなかなか誘ってこない

相手に対して、

 

 

「なんだ、社交辞令だったのか

あの人って口だけなんだから」と、

少しイライラしてしまう・・・

 

 

 

それに対し

『積極タイプ』の人は、

 

 

相手に何かしてもらうことを

期待せず、自分から

行動することができます。

 

 

 

逆に『受身タイプ』の

ままでいると、

 

 

相手が期待どおりに

動かないといって

 

 

イライラしてストレスを

溜めることになります。

 

 

 

 

自分のエネルギーを

出し惜しみせず、

 

 

『自分がやりたいことは

自分でやる!』と決めて、

 

 

他人のために自分の力を使える

人になってみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうやって

行動力をアップさせると、

 

人生が好転するようになります。

 

 

 

私たちは行動するといっても

ほとんどは自分のために

動いています。

 

 

 

自分の意思で率先して

他人のために行動すれば

 

 

喜ばれ、感謝される

存在になることができます。

 

 

 

そして感謝した人の心の中は

どこかでお礼を返そうとする、

 

 

『好意の返報性の法則』が

働くようになります。

 

 

 

それによって、

自分が困っているときに

 

 

その人たちの応援、

協力によって

 

 

自分が助けられる可能性が

高くなるのです。

 

 

 

また、覚えたことを

人に教えてあげることも、

 

 

せっかく覚えたのに

とは思わずに、

 

 

アウトプットすることで

そのことをきちんと

 

 

理解することが

できるようになり、

 

 

これもビジネスが

好転するきっかけになります。

 

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:2

計画をより完璧に仕上げるシミュレーション

読了までの目安時間:約 4分

 

【 加南本舗 Vol.1217 】

 

 

 

 

 

 

 

問題解決に有効な方法に、

自分に質問して自分で答えるという

 

『自問自答』があります。

 

 

 

その質問の仕方は

大きく分けて2つの方法があります。

 

 

 

「はい」「いいえ」で答えるか、

 

 

選択肢のどちらかを選んで

答えるしかない

 

 

限定して質問する形式の

【クローズド・クエスチョン】と、

 

 

 

それに対し、こちらの考え、意図、

抱えている問題の解決法などを

 

 

筋道立てて説明しなければならない

【オープン・クエスチョン】があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たとえば、質問してくる相手が

優秀であればあるほど、

 

 

その質問というのは

「クローズ」のままでは済みません。

 

 

必ず「オープン」によって

たたみかけてきます。

 

 

 

そのため常に

「オープン」に対応できる

答えを用意しておく必要があります。

 

 

 

その用意を完璧にするのが

自分にオープン・クエスチョンを

 

 

ぶつけて、想定問題を答えるという

シミュレーションすることです。

 

 

 

そうすることで

自分の気づかなかった

思わぬ不備が発見されたりします。

 

 

 

そしてそのシミュレーションこそが

自分の計画をより完璧に仕上げる

難問解決に役立つのです。

 

 

 

 

また、複数の答えを用意することは

 

時間にも制限のあるビジネスにとって

これを癖にできると武器になります。

 

 

 

その答えが

他の目的にも活用されれば、

 

 

その分仕事はより速く、

より多くできるわけです。

 

 

 

そのシミュレーションは

質問を受ける受けないにかかわらず、

 

 

自分の計画をより完璧に仕上げたり、

さらには難問を解決することにも

役立つのです。

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:1

失敗を成功体験に変えるには

読了までの目安時間:約 5分

 

【 加南本舗 Vol.1216 】

 

 

 

 

 

 

 

ネットビジネスの

作業を続けていると、

 

 

ピンチや失敗を

恐れることはありません。

 

 

 

それらは重要な意味を持ち、

順調な人生では得られない

 

 

経験や力が身につく

貴重な体験につながります。

 

 

 

などといったことを

あなたも聞いたことが

あると思います。

 

 

 

実際、失敗などから

学びを得ていることも

あるかもしれませんね。

 

 

 

しかし、そのうえで、

「負け癖」がついてしまうことを

避けなければなりません。

 

 

 

 

正反対のことのように

思えるかもしれませんが、

 

 

ピンチや失敗を経験して

負ける癖をつけるのではなく、

 

 

逆境に強くなる

経験をつけることですので、

 

負け続けることではありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのためには『成功する』

という体験も身につけなければ

ならないのです。

 

 

 

成功といっても

ネットビジネスを始めたばかりで

報酬なんて得ていないし・・・

 

 

と思われるかもしれませんが、

ほんの小さなことでもいいのです。

 

 

 

その目的はささいなことでも

成功し続けることで

自信をつけることなのですから。

 

 

 

ちょっとしたつまずきであっても

ふとした拍子にうまくいった

といったことでも、

 

それは立派な成功体験です。

 

 

 

その小さな成功体験を

積み重ねるからこそ、

 

 

たとえ失敗が多くあろうとも

絶対的な自信がついてくるのです。

 

 

 

そしてその積み重ねが

『勝ち癖』となっていきます。

 

 

 

 

失敗すればその対策を考え

次はできるようにすると、

 

 

失敗体験が成功体験へと

徐々に変わっていきます。

 

 

 

日々の小さな成功体験、

『成功する喜び』から身についた

勝ち癖により、

 

 

大きな成功を

手に入れることも可能なのです。

 

 

 

同時にプラスのエネルギーが

増えるような経験を

取り入れていけば、

 

 

心はどんどん柔軟に

強くなっていくのです。

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:1

『インターネットマーケティング最強の戦略』

読了までの目安時間:約 6分

 

 

 

『インターネットマーケティング最強の戦略 』

 

 

 

 

あなたはなぜ、

ホームページにアクセスを

集めるだけじゃダメなのか、

知っていますか?

 

 

 

 

なぜ、インターネットでは

小さい会社の方が有利なのか、

知っていますか?

 

 

 

 

なぜ、本で読んだことを

そのまま信じてはいけないのか、

知っていますか?

 

 

 

 

インターネットで商売を

展開しようと考え始めた

社長や起業家のほとんどが、

 

 

 

このようなポイントで

ちょっとした勘違いを

してしまっているそうです。

 

 

 

 

インターネット上の

マーケティングは、

今までのマーケティングとは

ちょっと違います。

 

 

 

 

そして、そのちょっとした

違いを知っているかどうかが、

 

 

 

インターネット上での

マーケティングで結果を出せるか

どうかの差なのです。

 

 

 

 

 

そのちょっとした違いを

知りたくありませんか!?

 

 

 

『インターネットマーケティング最強の戦略 』

 

 

 

 

 

 

そのちょっとした違いに気づいて、

やり方を見直すだけで

 

あなたはインターネットを使って

大きな結果を出せるように

なるでしょう。

 

 

 

 

・1人でも多くのお客さんにホームページを

見てもらうための8つの方法

 

・売れるホームページにするために絶対に

入れるべき4つのポイント

 

・何度も使い回しできる売れる広告を作る方法

 

・理想のお客さんになってくれる人を

集客する4ステップ

 

・売れなかった商品が簡単に売れるようになる

たった1つの秘密

 

 

 

などなど、

あなたがインターネットを使って

もっと売上を上げたいと思うのなら、

 

これからインターネットでの

売上がメインになるほどの秘密を

 

学ぶことができる

特別の一冊になるでしょう。

 

 

 

 

さらに、この本には

オーディオブックも付いていますので

読む必要もありません。

 

 

 

ダウンロードして通勤時間などの

時間を利用して聞いてください。

 

 

 

『インターネットマーケティング最強の戦略 』

 

 

 

 

 

 

☆゚+. 著者紹介 ゚+.☆

 

 

小川忠洋

 

・コピーライター

・メルマガ『ザ・レスポンス』発行人

・ダイレクト出版株式会社代表取締役

・株式会社ケネディコンサルティング代表取締役

 

 

 

ダイレクトレスポンスマーケティングの

世界的権威 である

ダン・ケネディにビジネスを学び、

ダイレクト出版を設立。

 

 

設立後たった3年で10億円以上の

商品やソフトウェアを販売。

 

 

 

 

 

 

 

 

インターネットマーケティング最強の戦略 』

 

 

販売条件:90日間返金保証

送  料:無料

 

 

 

オススメ書籍    コメント:0