オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

計画をより完璧に仕上げるシミュレーション

読了までの目安時間:約 4分

 

【 加南本舗 Vol.1217 】

 

 

 

 

 

 

 

問題解決に有効な方法に、

自分に質問して自分で答えるという

 

『自問自答』があります。

 

 

 

その質問の仕方は

大きく分けて2つの方法があります。

 

 

 

「はい」「いいえ」で答えるか、

 

 

選択肢のどちらかを選んで

答えるしかない

 

 

限定して質問する形式の

【クローズド・クエスチョン】と、

 

 

 

それに対し、こちらの考え、意図、

抱えている問題の解決法などを

 

 

筋道立てて説明しなければならない

【オープン・クエスチョン】があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たとえば、質問してくる相手が

優秀であればあるほど、

 

 

その質問というのは

「クローズ」のままでは済みません。

 

 

必ず「オープン」によって

たたみかけてきます。

 

 

 

そのため常に

「オープン」に対応できる

答えを用意しておく必要があります。

 

 

 

その用意を完璧にするのが

自分にオープン・クエスチョンを

 

 

ぶつけて、想定問題を答えるという

シミュレーションすることです。

 

 

 

そうすることで

自分の気づかなかった

思わぬ不備が発見されたりします。

 

 

 

そしてそのシミュレーションこそが

自分の計画をより完璧に仕上げる

難問解決に役立つのです。

 

 

 

 

また、複数の答えを用意することは

 

時間にも制限のあるビジネスにとって

これを癖にできると武器になります。

 

 

 

その答えが

他の目的にも活用されれば、

 

 

その分仕事はより速く、

より多くできるわけです。

 

 

 

そのシミュレーションは

質問を受ける受けないにかかわらず、

 

 

自分の計画をより完璧に仕上げたり、

さらには難問を解決することにも

役立つのです。

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:1