オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

特別なことはしていないけれど・・・

読了までの目安時間:約 5分

 

【 加南本舗 Vol.1187 】

 

 

 

 

 

 

 

新年度、あなたの職場などに

「新人さん」がやってきたら、

 

 

不安な彼らのことを

何かほめてあげて、

 

 

心を和らげてあげてください。

そういう余裕も優しさです・・・

 

 

 

 

 

自分の仕事や業績をほめられて

気分よくさせてもらえるなら、

 

人々は説得に応じやすくなります。

 

 

 

あなたが誠意をもって接し、

相手の気持ちを大切にするなら、

 

 

人々はあなたのために

ほとんど何でもしてくれるでしょう。

 

 

 

って、ちょっとオーバーな

と思うでしょう?

 

 

こんな実話があります。

 

 

 

鉄鋼王と呼ばれた

『アンドリュー・カーネギー』は、

 

 

 

ペンシルベニア鉄道に鉄鋼を

売る計画で、ピッツバーグの

新しい製鋼工場を

 

 

ペンシルベニア鉄道の

社長の名にちなんで、

 

 

エドガー・トンプソン製鋼工場

と名付けました。

 

 

 

工場に自分の名前を使ってもらった

社長は大変光栄に思い、

 

 

その後ずっと、カーネギーだけに

鉄鋼を注文することにしました。

 

 

 

 

また、自動車のセールスマンとして

新車の販売台数に関して

 

 

彼の右に出る人はいない、

世界一の実績を持つ

 

 

『ジョー・ジラード』は

毎月1万3千人の顧客に、

 

 

「お客様のことを

いつも大切に思っております」

と書いたハガキを送っていました。

 

 

 

経費はかかりますが、

これこそが彼のビジネスの真髄です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ナンバーワンのセールスマンと

言われる人は、

 

 

こういうふうに

こまめにハガキなどを送ったり、

 

 

足を使って訪ねて行っては

ビジネスに関係ない世間話などをして、

 

信頼関係を構築しています。

 

 

 

何も特別なことはしていないけれど、

誰もが面倒だと思ってやらないことを

ただやっているだけなのです。

 

 

 

 

 

メルマガという手段を持っている

私たちだったら、

 

 

ハガキや、訪ねて行く代わりに

時にはメルマガを使って、

 

 

ご機嫌うかがいやヨイショみたいな

ことをしてもいいかもしれません。

 

 

 

ほめられたり、

大切に思われて嫌な気分に

なる人はいないのですから。

 

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0