オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

本当に体が休める休み方も重要

読了までの目安時間:約 5分

 

【 加南本舗 Vol.1085 】

 

 

 

 

 

 

 

 

軽い風邪ならば、

暖かくし、栄養のあるものを食べて

睡眠を十分にとれば自然に治る・・・

 

 

皮膚に負った傷も何日かすれば

もとの健康な皮膚に戻る・・・

 

 

 

それは人間の体に『治癒力』という

メカニズムが働いているからです。

 

 

 

世の中には「働き方」や「頑張る方法」を

教えてくれる人はたくさんいますが、

 

 

治癒力以外に頼りたい休むということ、

『休み方』について教えてくれる人は

意外といないものです。

 

 

そのためみんな、

休み方が下手なままです。

 

 

 

たとえば、

残業をこなして、ヘトヘトで

やっと家に帰ったとき、

あなたはどうするでしょうか?

 

 

 

「あぁ、今日もよく働いた」と

ひとまずソファーに座ってテレビをつけて、

そのままダラダラとした時間を過ごす・・・

 

 

 

これでは疲れが

回復するわけはありませんよね。

 

 

 

私たちの脳は起きている間は

ずっと興奮状態にあります。

 

 

 

残業をこなしていたのなら

ストレスもたまり、体の疲れも相当でしょう。

 

 

 

だとすれば、それをクリアにするには

寝るしかないのです。

 

 

睡眠によって脳の興奮をしずめ、

体の疲れを回復させるのが一番なのです。

 

 

 

しかし、休息の下手な人は

疲れたときにダラダラします。

 

 

そうではなく、

疲れたときに必要なのは睡眠なのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、スポーツの世界には

『アクティブレスト(積極的休養)』

という考え方があります。

 

 

 

疲れたときに、完全に休んでしまうと

いつまでも疲れが抜けず、

 

 

むしろ積極的に軽い運動を取り入れた方が

効果的に回復できます。

 

 

 

ですから睡眠をとるのが

難しい日中などは、

 

 

疲れたからといってダラダラせず

逆に外を歩くなど、体を動かす方が

早く疲労回復につながるのです。

 

 

 

日中は軽い運動による

『アクティブレスト』で、

 

 

そして夜は早めの就寝によって

疲れた体を回復させてみてください。

 

 

 

これからの三連休、

 

サンタさんに変身予定がある夜も

お子さんを早く寝かしつけるなどの

工夫をして、

 

どうぞ有意義にお過ごしくださいね!

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0