オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

心のバロメーターは部屋の散らかり具合

読了までの目安時間:約 6分

 

【 加南本舗 Vol.1081 】

 

 

 

 

 

 

 

「今年もあと・・・」

 

なんて言い方が本当は

あんまり好きじゃありません。

 

 

なのにこの時期、

メルマガでのネタに困ったら

引っ張り出してくる・・・(笑)

 

 

この年末の慌ただしさって

結構、好きだったりします。

 

 

その中にクリスマスみたいな

イベントも盛り込んであって

ワクワク感もてんこ盛りだし、

 

 

新年を迎えるための準備も

あれこれ考えると楽しくて、

 

 

・・・

 

 

げっ、大掃除・・・

 

 

 

今日あたり、

そろそろ片付けようかなって

大掃除をされたかもしれませんね。

 

 

 

私はキレイ好きで

普段からきちんとしてるので、

 

大掃除なんてものはしませんわ

オッホホホ。

 

 

なぁ~んて余裕の身ならいいですが、

 

 

普段からなまけぐせがついていると、

掃除はなかなか大変な作業です。

 

 

しかも「年末の」というのが

頭に付いた大掃除となると

それだけで腰が重くなりますが、

 

 

 

大掃除を終えて新年を迎えられるのは、

とても晴れやかな気分になるものです。

 

 

この気持ちこそが大切なのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「割れた窓のある建物を見ると

誰しもその建物を大切にしていない

と想定し、さらに多くの

破壊や汚損を招く」という、

 

【割れ窓理論】があります。

 

 

 

言い換えれば、特定の環境が

人々の行動に影響を及ぼす

ということなのですが、

 

 

 

この【割れ窓理論】を

応用したものにニューヨークの

地下鉄改革があります。

 

 

 

駅構内での落書き対策を

強化したところ、

 

 

犯罪件数そのものが

減っていった実例は、

 

 

 

「落書きする者はいなくなる」という

期待に満ちた環境が作られたことで、

 

 

それが落書きをする連中に

影響を及ぼし、現実になったのです。

 

 

 

もちろん、落書きとの戦いは

何年にも及びました。

 

 

しかし、相手に対し期待をかければ、

やがてそれは現実になるのです。

 

 

 

 

「家がどのくらい散らかっているか」

を心のバロメーターのように

使う手もあります。

 

 

 

家が散らかっているということは、

それだけなまけぐせが

現れている証拠でもあり、

 

 

ストレスが溜まっている

サインでもあります。

 

 

 

大掃除をすることで

心にたまったゴミも

リセットしてしまいましょう。

 

 

 

 

ちなみにアメリカには

年末の大掃除という

習慣がありません。

 

 

 

大掃除の代わりなのかは

わかりませんが、

ひんぱんに引越しをします。

 

 

 

引越しともなれば、

いやでも掃除をせざるを

得ませんから、

 

 

さすが、アメリカ、

なかなか合理的かもしれませんね。

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0