オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

いつも満場一致の一員でいることはありません

読了までの目安時間:約 5分

 

【 加南本舗 Vol.1070 】

 

 

 

 

 

 

 

私たちは他人と自分を比較する

ということをよくします。

 

 

 

そうやって他人と自分の違いに

気づくことは

 

 

自らの個性を自覚する

きっかけにもなり、

 

 

そのことが自分ならではの

人生の楽しみ方を見出す

ことにもつながったりします。

 

 

 

しかし一方で、

他人と自分を比較して、

 

 

必要以上に自分が劣っていると

考えてしまうと、

 

 

それがもとで、自信をなくしたり、

心を滅入らせることになります。

 

 

 

また人をうらやんだり、

ねたんだりする感情を

生じさせることにもなるのです。

 

 

 

 

そうならないためには、

もっと自分に自信を持つことです。

 

 

 

そもそも、他人に自分より

優れたところがあるのは当たり前です。

 

 

自分が世界一と、

うぬぼれ屋さんでない限り、

その真実にも気づいているはずです。

 

 

 

そして大切なのは、

自分にも他人より優れたところが

あるということを自覚することです。

 

 

 

結局、人間は人それぞれ

違っているのであり、

 

 

人と人とを比較することは

しょせん意味がないことなのです。

 

 

 

それぞれ違っている存在の価値を、

同一基準の定規で

はかることはできません。

 

 

 

人生を開花させた人たちは

他人からどう思われるかで

行動するのではなく、

 

 

自分の心の声に従う

勇気を持っていました。

 

 

 

人生を楽しむためには、

自分を他人との比較で考えるよりも、

 

 

まず自分という存在を

ありのままに認める態度が大切です。

 

 

 

 

大勢の人の後について行けば、

行き着く先はたいてい出口です。

 

 

あなたのカラーをなくしてまで、

同じ出口を目指す必要はないのです。

 

 

 

 

 

Pexels / Pixabay

 

 

 

 

 

 

『毎日、他の誰も

読んでいないものを読みなさい。

 

毎日、他の誰も

考えていないことを考えなさい。

 

いつも満場一致の一員になることは、

心にとって決していいことではありません』

 

 

 

米国の作家クリストファー・モーリー

の言葉です。

 

 

 

他の人と比べることも、

みんながしているという理由だけで

何かをする必要もないのです。

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:1