オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

相手の間違いに同意するのは難しいけれど

読了までの目安時間:約 5分

 

【加南本舗 Vol.885】

 

 

 

 

 

 

 

 

よりよい人間関係を築くために

必要なスキルに、

 

 

『とにかく、同意する』

というものがあります。

 

 

 

 

たいていの人は、

自分に同意してくれる人に

好感を抱くものです。

 

 

逆に、あからさまに自分に反対する人を、

嫌いになるという傾向があります。

 

 

 

ですから、人とうまく接したいなら、

まず、相手に同意することです。

 

 

同意するだけで、

よい人間関係が作れるのだから

とても身につけやすいスキルですよね。

 

 

 

 

とは言っても・・・

普通は、反対する方が簡単です。

 

 

反対する際にはそれほど理由はいりません。

自分が気に入らないから、

そんな理由だっていいからです。

 

 

 

 

ところが、同意するためには、

まず第一に『心の広さ』が求められます。

 

 

何しろ、相手が間違っているのに

同意してみせるのは難しいものです。

 

 

そんな場合においても、

どうしても必要な場合を除いて

反対しないでおきましょう。

 

 

 

もちろん、

どうしても反対しなければならない

場合もあるでしょう。

 

 

それは仕方ありません。

しかし、そういう場合は、

実際には驚くほど少ないはずです。

 

 

 

 

 

逆に、自分が間違っていた場合は、

 

「私が間違っていました」

「私のミスです」などと、

必ずきっぱりと言いましょう。

 

 

 

自分の間違いを素直に認められるのは、

器の大きな人物にしかできないことです。

 

 

それができるということは、

尊敬に値するということです。

 

 

そういう素直さはいくつになっても

失わないでいたいところです。

 

 

 

 

同意するにはその習慣が身につくよう、

 

心の中に自分が同意している姿を

焼き付ける練習をしているとうまくいきます。

 

 

 

そして同意しているときは、

それを相手に知らせるようにします。

 

 

同意できるだけでは十分でありません。

同意していることが相手に伝わらなければ

意味がないのです。

 

 

そのためには、同意しているとわかるように

うなずくこと、そして相手の顔をしっかり見て、

 

 

「あなたのおっしゃる通りです」

「あなたに賛成します」などと、

はっきり口に出して言いましょう。

 

 

 

 

メルマガにおいては、

みなが驚くような反対の意見を

 

 

ズバっと言うことも、

ブランディングに役立つことがあります。

 

 

しかしそれが十分根拠のあるものでなければ、

逆効果です。

 

 

批判だけをするイタイ人になってしまいます。

メルマガにも心の広さが必要なのですね。

 

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:1