オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

自分の目的を効率よく達成する『断る』選択

読了までの目安時間:約 5分

 

【加南本舗 Vol.851】

 

 

 

 

 

 

 

世の中にはたくさんの価値観があり、

 

ひとつの商品やサービスに求めるものも、

人それぞれです。

 

 

 

それはどんな人も、

すべての人を満足させるものを

 

 

提供することはできない、

ということでもあります。

 

 

 

 

ですから、「満足させられない人」は、

先に『断って』しまう、

 

 

これによって

本来の自分の目的を効率よく

達成しようとする、

 

 

この、断ることによって、

『仕事を選ぶ』手法は、

 

 

最近になって営業の世界で

広く取り入れられています。

 

 

 

まさに、「お客様は神様です」的な

昭和な匂いがするビジネスで、

常に相手に振り回されるだけでなく、

 

Win-Winな関係であろうということです。

 

 

 

 

 

お客様を選ぶということは、

 

価値観が合い、

自分が売る商品や提供するサービスに

満足してくれる人、

 

 

その人たちだけに集中して、

労力を使うということです。

 

 

 

それが果たしてビジネスなのか・・・?

と思われるでしょうが、

 

 

 

自分の売る商品と価値観の合わない人は、

 

どんなにあなたが売り込みに力を入れ、

情報発信という時間を使っても、

 

買ってくれませんし、

 

 

最悪の場合、メルマガだったら、

迷惑通報されてしまいます。

 

 

 

 

だから「満足させられない人」に関しては、

あらかじめ断ってしまう、

 

 

何の反応もない人がいたら、

それは死んでいるアドレスとして、

 

こちらから解除という手段をとってもいいのです。

 

 

それによってあなたのサーバーは汚れることなく、

メルマガの到達率も悪くならずにすみます。

 

 

あるいは新規の読者さんについては、

解除URLを最初に載せて、

 

 

そこで解除してもらうというのも

ひとつの方法です。

 

 

 

 

 

自分の目的を効率よく達成すること、

これはディズニーの手法と同じです。

 

 

 

ディズニーランドには、

 

持ち込みだったり、

アトラクションに対するルールなど、

 

お客さんに対する規制が多くあります。

 

 

 

それは自分たちが提供する

エンターテイメントの形に、

 

 

『あらかじめ賛同してくれる人』のみを、

募っているからです。

 

 

だからこそ、自分たちの理想とする

サービスが提供できるというわけなのです。

 

 

 

 

サービスとの境界線など、

一度考えてみるのもいいかもしれませんね。

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:1