オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

いかに最低限の時間で、最大限の効果を上げるか

読了までの目安時間:約 4分

 

【加南本舗 Vol.845】

 

 

 

 

 

 

 

『時間は平等である』

 

 

誰もが知っていることですが、

 

ほとんどの人がそのやりくりに

四苦八苦しています。

 

 

 

一方、世間を見渡せば、

あちこちで時間が売られています。

 

 

現代に興った産業は、

ほとんどが『時間ビジネス』です。

 

 

 

洗濯機、掃除機、車、新幹線、飛行機、

ファストフード、宅配便、

インターネット・・・などと、

 

 

言い出せばきりがないくらい、

 

時間の短縮を商品化したものは、

私たちの生活にあふれています。

 

 

 

 

だからこそ、

仕事をする際には、

 

 

いかに最低限の時間で、

最大限の効果を上げるかを、

 

いつも意識しないといけないのです。

 

 

 

 

なのに、

中途半端な経費節減を優先して、

 

 

新幹線に乗らずに在来線で行く、

宅配便やバイク便を使わずに

書類を自分で届ける・・・などと、

 

 

 

時短が可能なはずなのに、

 

何でも自分の手でやる方式を

引っ張り出してきては、

 

目的など達成することはできません。

 

 

 

 

 

そもそも仕事の目的は、

経費を低く抑えることではなくて、

 

高い売上を立てることです。

 

 

 

もちろんコストカットを

視野に入れる必要はあるでしょうが、

 

 

間違ったとらえ方をしていては、

 

限られた時間というものを

有効活用できていません。

 

 

 

 

 

必要な経費に対して、

「もったいない」という思いが浮かんだ際は、

 

 

もう一度、本来の目的について

考えてみましょう。

 

 

 

 

そしてその逆、

せっかく時間短縮にお金を払ったのなら、

 

 

それであまった時間を、

 

何かに使う、きちんと消化するという

意識も常に忘れずにいたいものです。

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:3