オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

忙しい社長のための「休む」技術

読了までの目安時間:約 3分

 

 

2016 4-28

 

 

 

『忙しい社長のための休む技術 』

 

 

 

 

イメージしてください。
■たくさん寝るほど、
売上が増えるとしたら・・・

 

■趣味に没頭するだけで、
仕事の生産性が上がるとしたら・・・

 

■映画を観るだけで、仕事に対する熱意が
ふつふつと湧いてくるとしたら・・・

 

 

 

ワクワクしませんか?
もっと仕事と人生が楽しくなると思いませんか?

 

 

毎日、朝から晩まで、

イライラしたり、ストレスを感じたり、
体調が悪いまま、仕事をする必要がなくなります。
『正しく休むこと』で、

今のツラさやストレスから解放され、

 

エキサイティングな人生を道へと、
あなたを導いてくれる方法があります。

 

 

 

もしあなたが、

 

■仕事で圧倒的な成果を出したい。
■午前中で一日分の仕事を終えたい。
■エネルギーとやる気に満ち溢れた毎日を送りたい。

 

 

といった
『パフォーマンスアップ』に興味がおありなら、

 

 

 

あなたにとって、
非常に役に立つ一冊となるでしょう。

 

 

『忙しい社長のための休む技術 』

 

 

 

 

 

 

☆゚+.著者紹介 ゚+.☆

 

 

トニー・シュワルツ

 

The Energy Projectの社長兼CEOとして、
高いパフォーマンスの持続を目指す企業のために、

 

社員の基本的ニーズを満たす
効果的なプログラムの考案に協力している。

 

 

3冊の著書があり、ジム・レーヤーとの共著、
『成功と幸せのための4つのエネルギー管理術』は
ベストセラーになった。

 

 

 

 

『忙しい社長のための休む技術 』

 

 

 

 

販売条件:90日間返金保証
送  料:無料

 

オススメ書籍    コメント:0

信頼性獲得のために忘れてはならない大切なこと

読了までの目安時間:約 5分

 

【加南本舗 Vol.804】

 

 

 

 

 

 

 

昨日のメルマガで、

【信頼性】のお話をしました。

 

 

読み手は、私たちが書いている内容、

主張している中身を少しも信用していない。

 

ということを申し上げました。

 

 

 

 

なぜ信用されないのか・・・

 

よく知らいない人だから。

主な理由はそこだと思うのですが、

 

 

 

しかし、私たちはリアルで何かを買う場合、

いちいち店員さんのあれこれを、

知っているわけではありません。

 

 

もちろん、感じのいい人だから買った。

そんな場合もあるでしょう。

 

 

私もイケメンのお兄さんから

勧められたら、断りきれません(笑)

 

 

リアルの場合は対面で、

商品の説明以外にも

得られる情報はたくさんあるわけです。

 

 

 

 

 

では、ネットでは足りないものを

どうやって補えばいいのか、

 

そこで【信頼性】が出てくるのです。

 

 

 

『知らない人から買いたくない』

 

だったら、自分を知ってもらうために、

メルマガを活用するということが

考えられます。

 

 

 

では、

商品を売ろうとした場合、

 

 

商品に関する【信頼性】は、

どうやったら得られるのか

ということなのですが、

 

 

 

なぜ得られないのか、

そこを考えたら

自ずとヒントが出てきます。

 

 

 

 

 

たとえば、

ダイエットのサプリメントを

売りたいとき、

 

 

やってしまいがちなのが、

 

「このサプリメントを飲めば

痩せられますよ、だから買ってくださいね」

 

としか言っていないのです。

 

 

 

 

「痩せられる」という欲求を

かなえる『約束』をし、

 

 

「買ってくださいね」と

『行動』の呼びかけはしていますが、

 

 

肝心の商品への信頼には何も触れていません。

 

商品を信頼させるためのものが

何もないものに、人は惹かれたりはしません。

 

 

 

 

 

信頼性獲得のための流れは、

まず約束をして、

 

その『証拠を提示することで証明』し、

 

いますぐご注文ください。

とならなければならないのです。

 

 

 

 

「私を信じてください」

そう言う人は一番信用されません。

 

 

そこには何の証拠も

提示されていないからです。

 

 

 

信頼性が高いということは、

セールスのパワーが高いということです。

 

 

ただ欲求を満たすことを示すだけでなく、

信頼性でバックアップしてあげることが

必要なのです。

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:1

信頼性の低い土俵であなたが戦うには

読了までの目安時間:約 5分

 

【加南本舗 Vol.803】

 

 

 

 

 

 

 

昨日は県内の公立高校の

入試がありました。

 

 

今年の試験の特徴としては、

 

各教科の問題用紙の枚数を増やし、

図形やグラフを多く用いたそうで、

 

 

その「社会」の問題がローカルニュースで

取り上げられていました。

 

 

 

日本の広告費全体に占める

 

テレビ、ラジオ、新聞、雑誌、

インターネット、それぞれの

 

 

広告費の割合の推移がグラフで

示されたもので、

 

 

資料の活用能力や社会的な事柄を、

多角的に考察する力などが

求められているとのことでした。

 

 

 

 

 

ダントツだったのはテレビでしたが、

 

インターネットの場合は、

低予算で広告が出せるということがあります。

 

 

 

これは誰でも低予算で

広告が出せるということでもあり、

 

 

その分、信頼性が低いということを、

受験生ではなく、

 

 

ネットビジネスをしている

私たちは知っておかなければなりません。

 

 

 

読み手は、私たちが書いている内容、

主張している中身を、

 

少しも信用していないということなのです。

 

 

 

 

対面販売の場合は

その場でコミュニケーションできますが、

 

 

インターネットのセールスコピーでは、

その商品そのものよりも、

 

 

まず売っている人間が信用できない、

ということになってしまいます。

 

 

 

誰も信用できない人から

商品を買おうとは思いません。

 

 

 

アフィリエイトが大きな意味を持つのは、

信頼できる人から商品を

紹介してもらっているからなのです。

 

 

 

ですから、まずは自分への

信頼の低さをクリアしたあとで、

 

 

さらに商品への信頼の低さを

クリアしなければならないのです。

 

 

 

 

 

折しも今日は、『3.9デイ』

NPO法人HAPPY&THANKSが制定した、

「ありがとう」を届ける日です。

 

 

 

今日から「ありがとう」を、

信頼につなげることを考えてみませんか!?

 

 

メールという感情伝達が難しく、

 

相手と人間的なふれあいを求める

コミュニケーションのツールとしては

ある意味、不適合な媒体だからこそ、

 

 

人間的なぬくもりをもった「心」を、

伝えてみてください。

 

それが信頼構築につながります。

 

 

効率の時代だからこそ、

あなたの「ありがとう」が人の心を動かすのです。

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:1

『反応率』をあげる真逆の発想

読了までの目安時間:約 4分

 

【加南本舗 Vol.802】

 

 

 

 

 

 

 

人間的魅力あふれる人には、

誰をも引きつける力がありますよね。

 

皆がその魅力に反応してしまいます。

 

 

 

それと同じように、

自分の発信したものに反応してもらう、

 

ビジネスは『反応率』で回っています。

 

 

 

 

そんなとき、どうやったら

人を引きつける発信ができるのか、

 

 

その文章はどうやって書けばいいのか、

悩みどころですよね。

 

 

 

 

 

たとえば、チラシを見たとき、

 

たいていのチラシには

「安い」という文字がたくさん並んでいます。

 

 

それがキーワードなんだと思ってしまえば、

 

あなたのビジネスは、

その他大勢の中に埋もれてしまいます。

 

 

みんながやっているものは、

それだけ儲けも分散してしまうのです。

 

 

 

 

 

そしてその狭い世界の中で、

 

「安い」が「最も安い」になり、

「一番安い」が出てきたところで、

 

顧客の心をつかむことはできません。

 

 

 

結局、根本は「安い」だけの変化で、

 

それではどこが安いのか混乱してしまいます。

人はそのようなストレスを避けようとします。

 

 

 

 

そこにもし「高い」という文字があったら、

 

「えっ?高いってどういうこと!?」

と目を引くことになります。

 

こういう発想が『反応率』をあげるのです。

 

 

 

「うちはこういう手間をかけているので、

よそよりは高いのです」

 

 

そうやって「高い」ことの説明がされ、

理由に納得できたら人はそれを手にします。

 

 

 

 

「安い」「最も安い」「一番安い」

という『比較級』に、

 

あなたの言葉を埋もれさせてはならないのです。

 

 

『比較級』ではその他大勢から抜け出せず、

差別化はできません。

 

 

 

そんな中で一番わかりやすくするのは、

真逆の発想なのです。

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

コンテンツ・マーケティング64の法則

読了までの目安時間:約 4分

 

6-20

 

 

『コンテンツ・マーケティング64の法則』

 

 

 

 

 

ブログ、フェイスブック、メルマガ、Twitter
といったメディアを使って
集客しようすると必ずぶち当たる壁、

 

 

 

コンテンツ・マーケティングの一番の課題は、
「夢中にさせるコンテンツを作れないこと」です。

 

 

 

 

 

いくら、YouTubeなどの新しいメディアを取り入れても、
いくら、多くのメディアを使っても、
いくら、1日に3回も5回も記事を更新しても、

 

 

 

 

 

結局のところ、面白いコンテンツが
作れなくては何の価値もありません。

 

 

 

 

 

現代のビジネスパーソンのスキルの中で、
最も敬遠、苦手とされているのが、
「ライティングの技術(書く技術)」
ではないでしょうか。

 

 

 

 
では、

お客さんを集める記事と、
見向きもされない記事は何が違うのか?

 

 

 

お客さんをファンにする記事と、
そうでない記事では何が違うのか?

 

 

 

売上げに直結する記事と、
いい話聞いたなで終わる記事では何が違うのか?

 

 

 

 

 

実は、
オンライン上の記事で見込み客を振り向かせ、
引き寄せ、最終的に売上につなげるには、

 

 

守るべきルール、【64の法則】があるのです。

 

 

 

 

 

☆゚+. 著者紹介 ゚+.☆

 

 

 

アン・ハンドリー(Ann Handley)

 

 

コンテンツの制作・管理の専門家。
MarketingProfs(マーケティングプロフス)の
CCO(最高のコンテンツ責任者)。

 

同社はマーケティングの訓練・教育を提供し、
マーケターの大きなコミュニティを運営している。

 

『アントレプレナー』誌で月に一度のコラムを担当し、
Linkedlnの「インフルエンサー」プログラムの
メンバーでもある。

 

 

 

 

 

『コンテンツ・マーケティング64の法則』

 

 

販売条件:90日間返金保証
送  料:無料

 

 

 

 

オススメ書籍    コメント:1

なぜか警戒心をゆるめてしまうあの言葉

読了までの目安時間:約 4分

 

【加南本舗 Vol.801】

 

 

 

 

 

 

 

冷蔵庫に入れていた

メープルシロップのフタが開かなくて、

 

フタ開けグッズで試してみたのですが、

ぜんぜんダメであきらめかけたとき、

 

 

せっかくネットで

ビジネスをしてるのだから、

 

こんなときでもネットを活用しようと

調べてみたら・・・

 

 

偶然にも同じように困っている人って

いるんですね!!助かりました。

 

 

 

 

この『偶然』という言葉、

 

 

人はなぜかこの言葉を聞くと、

警戒心をゆるめてしまいます。

 

 

 

 

この心理を利用して

『偶然の一致』を装えば、

 

 

相手との関係を親密なものに

発展させることができます。

 

 

 

 

初めて面談する場合などであれば、

 

前もって相手の出身地や趣味などを

調べておけば、

 

 

会話中にさりげなくその話題を入れ込み、

「偶然ですね、私も○○が趣味です」などと、

 

偶然性を強調することができます。

 

 

 

共通するものが見つからなくても、

食べ物の話題などでは

割と共通点が見つけられやすいものです。

 

 

相手の言った好物がよほど嫌いでない限り、

偶然性を示すことができます。

 

 

 

 

 

そしてある程度親しさが増してきたら、

 

あなたとのお知り合いになれたのは、

偶然ではなく、

必然だったのかもしれませんね。

 

 

なんて言ってあげるのはどうでしょう。

 

それともこれは口説きの際の常套句、

だけにしておきましょうか(笑)

 

 

 

 

 

 

 

開かないメープルシロップのフタ、

ホントは一度はあきらめて放置していたのです。

 

 

でも捨てるのにはもったいない量だったので、

再度挑戦したというわけです。

 

恐るべし、私の胃袋の欲求。

 

 

しかもこの胃袋、

しっかりとホットケーキを焼く前に、

メープルシロップのフタの確認させています。

 

 

もし、いざ食べようってときに

ビンのフタが開かなかったら・・・

 

 

用意周到な私の胃袋の指令。

 

こういうことは抜け目ありません。

ビジネスに活かせたらいいのですが・・・

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:2

人生を勝利に導く最良の武器

読了までの目安時間:約 5分

 

【加南本舗 Vol.800】

 

 

 

 

 

 

 

情報発信者であるとき、

自信のなさは信頼を与えません。

 

 

 

たとえば、

稼げるかどうかわからないですが、

という人よりは、

 

 

1万円でも、5万円でも稼げた人の

話を聞きたいと思いますよね。

 

 

 

 

だったらまだ稼げていない自分は、

情報発信などできないのではないか・・・

 

 

実績がないうちは

情報発信などはできないのではないか、

そう思ってしまいがちですが、

 

 

 

仮に今、稼げていなくとも、

月1万円を稼ぐ実践記なら書けます。

 

 

あなたが今やっている方法などを、

発信すればいいのです。

 

 

 

 

 

そのとき、たかが1万円・・・

そう思いますか?

 

 

 

まだ稼げていない人にとって、

 

1億円稼ぐ方法と、

月1万円稼ぐ方法、

 

どっちが身近で今すぐ知りたい情報でしょうか?

 

 

 

まずは1万円稼いでみたい!

そこから始めようと思うのではないでしょうか。

 

 

夢や目標としては、1億円であったとしても、

スタートは最初の数百円からなのです。

 

 

 

ですから、

あなたの情報を価値のないものだと、

自分自身で決して否定しないでください。

 

 

 

 

 

「心身統一法」の創始者中村天風氏の言葉に、

 

 

『言葉には人生を左右する力があります。

この自覚こそが、人生を勝利に導く

最良の武器なのです』

 

とあります。

 

 

 

言葉のパワーは絶大です。

 

これは他人にかける言葉ではなく、

自分自身に語りかける言葉のことです。

 

 

 

自分にどんな言葉をかけているかで、

 

その人がどの程度、

自分に自信が持てるかが決まってしまいます。

 

 

 

「何をやってもだめだ」

「いつも失敗ばかり」などと、

 

自分に否定的な言葉を語りかけてしまったら、

すぐさま肯定的な言葉で言い直してください。

 

 

 

 

「今日は500円稼げた、すごいな!」

 

あなたはそんな人を笑いますか!?

 

 

 

頑張っているあなたに、

中村天風氏の言葉を贈ります。

 

 

『いかなるときでも真剣であれ。

どんな些細なことでも真剣であれ』

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

その不透明さでも大丈夫です!

読了までの目安時間:約 4分

 

【加南本舗 Vol.799】

 

 

 

 

 

 

 

何か頼み事があるときに、

便利な心理ワザがあります。

 

 

 

『~ので』と理由を付けると、

了承してもらいやすいのです。

 

 

 

たとえば、

休日出勤を代わってもらいたいときには、

 

 

単に代わってほしいと言っただけでは、

なかなか聞き入れてもらえません。

 

 

ところが「用事があるので」と付けただけで、

了承してもらえる確率がグンとあがるのです。

 

 

 

その際、その内容が、

 

「町内会の大掃除なので」

「子供の日曜参観なので」などと、

 

より具体的であれば、さらに効果的です。

 

 

「用事がある」という

あいまいな理由だけであっても、

 

 

「~ので」を付けない場合に比べると、

了承される割合は非常に高くなります。

 

 

 

 

 

人は「~ので」と言われると、

 

それが不透明な内容であっても、

説明されたと思って、

 

無意識に了承する方向に心が動くのです。

 

 

そして詳しい理由までを

聞こうと思わない場合が多く、

 

 

「~ので」は、かなり重宝する

頼み事の際の言葉です。

 

 

 

 

 

「忙しいので仕事を引き受けてほしい」

 

さっそく週はじめの忙しい月曜日にでも

使ってみようと思いませんでしたか!?

 

 

 

それでもし断られたら、

ゴメンナサイなのですが、

 

 

あるいは、

あなたの演技力が足りなかったのか、

 

 

ひょっとしたらその人も、

私のメルマガを読んでいる人

なのかもしれませんね(笑)

 

 

逆に「~ので」を使われて、

うっかり頼み事に乗せられませんよう、

お気を付けくださいね!

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

ウェブセールスセールスライティング習得ハンドブック

読了までの目安時間:約 4分

 

12-18

 

 

『ウェブセールスライティング習得ハンドブック』

 

 

 

 

セールスライティング(コピーライティング)を
身に付けたいけど、
何から始めたらいいかわからない。

 

まずは副業から始めて収入を増やしたい。
そして、リスクなく会社を辞めて起業したい。

 

 

 

 

 

などと、
インターネットで売るためのスキルを
身につけるための本です。

 

 

売れるセールスコピーを書くための
マインドセットに始まり、

 

 

インターネットで商品、サービスを販売するために
必要なコピーを書く方法、売れるメールの書き方、
人を動かすための心理トリガーなど。

 

 

 

 

 

そして、売れるコピーが書けるようになった後、
そのスキルやコピーをどう活かせばいいのか、

 

 

インターネットマーケティングの
基礎も学ぶことができます。

 

 

 

最後にクライアントを獲得する
具体的な方法まで紹介されています。
 

 

1から学び始めてスキルを身に付ける。
そしてクライアントを獲得して副業で収入を得る。
起業するまでを体系立てて書かれて紹介しています。
さらに、ボーナスとして、
『安全、スムーズに
あなたのキャリアを変える5ステップ(PDF版)』

 

をプレゼント中!!

 

 

 

 

 

☆゚+. 著者紹介 ゚+.☆

 

 

 

寺本 隆裕

 

・ダイレクト出版株式会社 取締役
・マーケティングディレクター
・セールスライター

 

 

運営しているメルマガ【ザ・レスポンス】
及び<<ザ・レスポンス・コピー>>は
毎朝合計12万人超に配信されており、

 

 

ダイレクト・レスポンスや
コピーライティングの
メルマガとしては日本最大級。

 

 

 

また、中小企業の社長や起業家、
マーケッターやコピーライターを対象とした
有料会員組織のメンバーは、
累計で2万2000 人を超える。

 

 
『ウェブセールスライティング習得ハンドブック』

 

 

 

 

 

 

販売条件:30日間返金保証
送  料:無料

 

 

 

 

オススメ書籍    コメント:1

「負けず劣らず最高ですよ」が最高になる

読了までの目安時間:約 4分

 

【加南本舗 Vol.798】

 

 

 

 

 

 

どんなに欲しいものであっても、

予算や在庫などの都合で、

 

 

それを手にすることができなかった、

ということはありませんか?

 

 

 

私は冬のはじめに見つけたマフラーを、

んー、マフラーにここまでお金を出すか!?

と買うのを迷っているうちに、

 

 

次にお店に行ったときは売れていたと、

非常に悔しい思いをしました。

 

 

もう春の気配が感じられるというのに、

まだ悔しい思いを引きずっています(笑)

 

 

 

 

 

こんなふうに商品に対して

購入に迷いがあるときに、

お店の人から、

 

 

「確かにAの商品は最高ですが、

こちらのBも、Aに負けず劣らず最高ですよ」

と勧められたらどうでしょうか。

 

 

 

 

Aのレベルに近く、

しかもAより安く手に入るのなら、

 

納得して購入するのではないでしょうか。

 

 

もしかしたら「お買い得」だという

気すらするかもしれませんね。

 

 

 

これは自分の要求よりは

レベルが下回るが、

 

 

それでも標準よりは

かなりいい品物だという、

印象が植え付けられるからです。

 

 

最高のものではないにしろ、

それに準ずるレベルだと感じて、

満足するのです。

 

 

 

実際、最高級品よりも、

むしろ次のレベルのものが

よく売れるという場合も多いのです。

 

 

 

 

 

これはそのまま私たちが、

有料商品を売る際にも応用できます。

 

 

 

本命の売りたい商品があれば、

その商品を紹介する前に、

 

あえて、高い商品を紹介し、

 

 

「負けず劣らず」を強調し、

本命の商品を

だからこそ「お得である」と勧めれば、

 

 

満足感と一緒に、

商品を購入してもらえるのです。

 

 

 

市場にある高級品は、

そんな役割も持っているのです。

 

 

 

 

 

あ~、あのマフラー・・・

と、嘆きつつも、

 

 

それよりは少し安いマフラーを、

ちゃんと買っているんですよ。

 

 

でも、あのデザインが忘れられないのです。

女心はフクザツです(笑)

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:1