オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

信頼性の低い土俵であなたが戦うには

読了までの目安時間:約 5分

 

【加南本舗 Vol.803】

 

 

 

 

 

 

 

昨日は県内の公立高校の

入試がありました。

 

 

今年の試験の特徴としては、

 

各教科の問題用紙の枚数を増やし、

図形やグラフを多く用いたそうで、

 

 

その「社会」の問題がローカルニュースで

取り上げられていました。

 

 

 

日本の広告費全体に占める

 

テレビ、ラジオ、新聞、雑誌、

インターネット、それぞれの

 

 

広告費の割合の推移がグラフで

示されたもので、

 

 

資料の活用能力や社会的な事柄を、

多角的に考察する力などが

求められているとのことでした。

 

 

 

 

 

ダントツだったのはテレビでしたが、

 

インターネットの場合は、

低予算で広告が出せるということがあります。

 

 

 

これは誰でも低予算で

広告が出せるということでもあり、

 

 

その分、信頼性が低いということを、

受験生ではなく、

 

 

ネットビジネスをしている

私たちは知っておかなければなりません。

 

 

 

読み手は、私たちが書いている内容、

主張している中身を、

 

少しも信用していないということなのです。

 

 

 

 

対面販売の場合は

その場でコミュニケーションできますが、

 

 

インターネットのセールスコピーでは、

その商品そのものよりも、

 

 

まず売っている人間が信用できない、

ということになってしまいます。

 

 

 

誰も信用できない人から

商品を買おうとは思いません。

 

 

 

アフィリエイトが大きな意味を持つのは、

信頼できる人から商品を

紹介してもらっているからなのです。

 

 

 

ですから、まずは自分への

信頼の低さをクリアしたあとで、

 

 

さらに商品への信頼の低さを

クリアしなければならないのです。

 

 

 

 

 

折しも今日は、『3.9デイ』

NPO法人HAPPY&THANKSが制定した、

「ありがとう」を届ける日です。

 

 

 

今日から「ありがとう」を、

信頼につなげることを考えてみませんか!?

 

 

メールという感情伝達が難しく、

 

相手と人間的なふれあいを求める

コミュニケーションのツールとしては

ある意味、不適合な媒体だからこそ、

 

 

人間的なぬくもりをもった「心」を、

伝えてみてください。

 

それが信頼構築につながります。

 

 

効率の時代だからこそ、

あなたの「ありがとう」が人の心を動かすのです。

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:1