オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

『反応率』をあげる真逆の発想

読了までの目安時間:約 4分

 

【加南本舗 Vol.802】

 

 

 

 

 

 

 

人間的魅力あふれる人には、

誰をも引きつける力がありますよね。

 

皆がその魅力に反応してしまいます。

 

 

 

それと同じように、

自分の発信したものに反応してもらう、

 

ビジネスは『反応率』で回っています。

 

 

 

 

そんなとき、どうやったら

人を引きつける発信ができるのか、

 

 

その文章はどうやって書けばいいのか、

悩みどころですよね。

 

 

 

 

 

たとえば、チラシを見たとき、

 

たいていのチラシには

「安い」という文字がたくさん並んでいます。

 

 

それがキーワードなんだと思ってしまえば、

 

あなたのビジネスは、

その他大勢の中に埋もれてしまいます。

 

 

みんながやっているものは、

それだけ儲けも分散してしまうのです。

 

 

 

 

 

そしてその狭い世界の中で、

 

「安い」が「最も安い」になり、

「一番安い」が出てきたところで、

 

顧客の心をつかむことはできません。

 

 

 

結局、根本は「安い」だけの変化で、

 

それではどこが安いのか混乱してしまいます。

人はそのようなストレスを避けようとします。

 

 

 

 

そこにもし「高い」という文字があったら、

 

「えっ?高いってどういうこと!?」

と目を引くことになります。

 

こういう発想が『反応率』をあげるのです。

 

 

 

「うちはこういう手間をかけているので、

よそよりは高いのです」

 

 

そうやって「高い」ことの説明がされ、

理由に納得できたら人はそれを手にします。

 

 

 

 

「安い」「最も安い」「一番安い」

という『比較級』に、

 

あなたの言葉を埋もれさせてはならないのです。

 

 

『比較級』ではその他大勢から抜け出せず、

差別化はできません。

 

 

 

そんな中で一番わかりやすくするのは、

真逆の発想なのです。

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

コンテンツ・マーケティング64の法則

読了までの目安時間:約 4分

 

6-20

 

 

『コンテンツ・マーケティング64の法則』

 

 

 

 

 

ブログ、フェイスブック、メルマガ、Twitter
といったメディアを使って
集客しようすると必ずぶち当たる壁、

 

 

 

コンテンツ・マーケティングの一番の課題は、
「夢中にさせるコンテンツを作れないこと」です。

 

 

 

 

 

いくら、YouTubeなどの新しいメディアを取り入れても、
いくら、多くのメディアを使っても、
いくら、1日に3回も5回も記事を更新しても、

 

 

 

 

 

結局のところ、面白いコンテンツが
作れなくては何の価値もありません。

 

 

 

 

 

現代のビジネスパーソンのスキルの中で、
最も敬遠、苦手とされているのが、
「ライティングの技術(書く技術)」
ではないでしょうか。

 

 

 

 
では、

お客さんを集める記事と、
見向きもされない記事は何が違うのか?

 

 

 

お客さんをファンにする記事と、
そうでない記事では何が違うのか?

 

 

 

売上げに直結する記事と、
いい話聞いたなで終わる記事では何が違うのか?

 

 

 

 

 

実は、
オンライン上の記事で見込み客を振り向かせ、
引き寄せ、最終的に売上につなげるには、

 

 

守るべきルール、【64の法則】があるのです。

 

 

 

 

 

☆゚+. 著者紹介 ゚+.☆

 

 

 

アン・ハンドリー(Ann Handley)

 

 

コンテンツの制作・管理の専門家。
MarketingProfs(マーケティングプロフス)の
CCO(最高のコンテンツ責任者)。

 

同社はマーケティングの訓練・教育を提供し、
マーケターの大きなコミュニティを運営している。

 

『アントレプレナー』誌で月に一度のコラムを担当し、
Linkedlnの「インフルエンサー」プログラムの
メンバーでもある。

 

 

 

 

 

『コンテンツ・マーケティング64の法則』

 

 

販売条件:90日間返金保証
送  料:無料

 

 

 

 

オススメ書籍    コメント:1