オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

「負けず劣らず最高ですよ」が最高になる

読了までの目安時間:約 4分

 

【加南本舗 Vol.798】

 

 

 

 

 

 

どんなに欲しいものであっても、

予算や在庫などの都合で、

 

 

それを手にすることができなかった、

ということはありませんか?

 

 

 

私は冬のはじめに見つけたマフラーを、

んー、マフラーにここまでお金を出すか!?

と買うのを迷っているうちに、

 

 

次にお店に行ったときは売れていたと、

非常に悔しい思いをしました。

 

 

もう春の気配が感じられるというのに、

まだ悔しい思いを引きずっています(笑)

 

 

 

 

 

こんなふうに商品に対して

購入に迷いがあるときに、

お店の人から、

 

 

「確かにAの商品は最高ですが、

こちらのBも、Aに負けず劣らず最高ですよ」

と勧められたらどうでしょうか。

 

 

 

 

Aのレベルに近く、

しかもAより安く手に入るのなら、

 

納得して購入するのではないでしょうか。

 

 

もしかしたら「お買い得」だという

気すらするかもしれませんね。

 

 

 

これは自分の要求よりは

レベルが下回るが、

 

 

それでも標準よりは

かなりいい品物だという、

印象が植え付けられるからです。

 

 

最高のものではないにしろ、

それに準ずるレベルだと感じて、

満足するのです。

 

 

 

実際、最高級品よりも、

むしろ次のレベルのものが

よく売れるという場合も多いのです。

 

 

 

 

 

これはそのまま私たちが、

有料商品を売る際にも応用できます。

 

 

 

本命の売りたい商品があれば、

その商品を紹介する前に、

 

あえて、高い商品を紹介し、

 

 

「負けず劣らず」を強調し、

本命の商品を

だからこそ「お得である」と勧めれば、

 

 

満足感と一緒に、

商品を購入してもらえるのです。

 

 

 

市場にある高級品は、

そんな役割も持っているのです。

 

 

 

 

 

あ~、あのマフラー・・・

と、嘆きつつも、

 

 

それよりは少し安いマフラーを、

ちゃんと買っているんですよ。

 

 

でも、あのデザインが忘れられないのです。

女心はフクザツです(笑)

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:1