オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

【カラーバス】で感動する心を作る

読了までの目安時間:約 6分

 

【 加南本舗 Vol.622 】

 

 

 

 

 

 

 

世の中に出ている

ヒット商品やサービスは、

 

 

 

人の感情を重視することから生まれ、

人を感動させたり、幸せにしてくれます。

 

 

 

 

 

 

「誰かを喜ばせたい、幸せにしたい」

という思いがなければ、

 

 

 

美味しいパンも、汚れの落ちる洗剤も、

生まれてこなかったでしょう。

 

 

 

 

成功している人は、

【感動】を、より多くの人に与えています。

 

 

 

 

 

 

そういった「人を感動させるもの」を

生み出すアイデアは、

どこから生まれるとかといえば、

 

 

 

 

『人を感動させることができる人は、

自分が感動できる人』

 

 

 

つまり、感動する心を持っているからこそ、

人を感動させることができるのです。

 

 

 

 

 

 

しかし人は年齢を重ねる毎に、

物事に関する感動が薄れていきます。

 

 

 

「興味がない」「自分には関係ない」

といったものには目もくれないものです。

 

 

 

そうやって「無感動」「無関心」のワナに、

陥ってしまうのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

そこで物事への好奇心を

生み出すきっかけに有効なのが、

【カラーバス】という方法です。

 

 

 

 

そのやり方は、何かひとつテーマを決めて、

周囲を観察するだけと、極めてシンプルです。

 

 

 

 

 

 

街を歩いたり、人との待ち合わせなどに、

たとえばテーマを「赤色」と決めたら、

それを探してみるのです。

 

 

 

赤いシャツの人、帽子、看板、車・・・

周囲の人や物に対する興味を掘り起こし、

 

 

 

「あの人が赤い服なのは、勝負服?」

「赤色の車に乗ってる人は、男性が多い」

などと観察して、

 

 

そこから何かを考えるクセをつけるのです。

 

 

 

 

 

 

それが物事への好奇心を生み出す

きっかけとなり、

 

 

 

今までぼんやりとしか

見えていなかったものを、

強制的に見させる効果があるのです。

 

 

 

 

はっきりと見えれば、

そこに感動が生まれます。

 

 

 

 

 

 

『何を見るにしても、

企画と結びつけて考えるクセをつけよ』とは、

よくあるビジネス論のひとつですが、

 

 

 

カラーバスによって、

それができるようになります。

 

 

 

 

 

 

それはまた、

見つける・まとめる・伝えるといった、

メルマガを書くことに必要な作業にも、

通ずることで、

 

 

 

 

 

 

周りを見るクセをつければ、

書く事へのヒントが、

いくらでも転がっていることに、

気づけるはずです。

 

 

 

 

 

 

あなたの感動が、

読み手の感動へとつながるのです。

 

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

エンターテイメント性の高い情報で共感を得る

読了までの目安時間:約 5分

 

【 加南本舗 Vol.621 】

 

 

 

 

 

 

 

「あの課長とは同じ空気を吸うのもイヤ!

だからいつも息止めて仕事してるの」

 

 

 

仕事の話となると、

開口一番そうグチる友人がいます。

 

 

 

 

まさか就業時間中ずっと

呼吸しないわけではないでしょうが、

 

 

 

あっ、酸素持参とかも言いますが、

よほどその課長さんが嫌いなんだろうな

って想像がつきます。

 

 

 

 

 

 

こんなふうに大げさな表現は、

話を面白くしたり、インパクトを

強めたりするための手法です。

 

 

 

 

 

 

また、慣用句などで、

現実にはありえないようなたとえを使って、

 

 

 

その怒りや嘆きのすごさを、

伝えることもあります。

 

 

 

 

たとえば、

『怒髪天を衝く』(どはつてんをつく)

『血涙を絞る』(けつるいをしぼる)

 

 

 

髪が逆立って天をつくほど怒っている。

血の涙を流すほど悲嘆に暮れている。

という意味ですが、

 

 

 

 

メルマガなどではこのような、

難しい表現を使う必要はありません。

 

 

 

 

 

 

代わりに、

物事の状態を言葉で表した【擬態語】や、

音を言葉で表現した【擬声語】

うまく使えば、

 

 

 

 

話にリアリティが出てきて、

よりわかりやすく伝えることができます。

 

 

 

 

 

 

あまりにも幼稚な使い方や、

マンガを読んでいるかのように

しつこく使うのは、

読みにくかったりしますが、

 

 

 

 

「ここぞ」というときに使ってみると、

相手により伝わりやすい文章になります。

 

 

 

 

 

 

時と場合によっては厳密な事実を

要求される場合がありますが、

 

 

 

「本当らしく面白い話」というのは、

笑いを誘って共感が得られるものです。

 

 

 

 

 

 

大げさな表現や誇張が多い人は、

 

 

性格的に子供っぽく、

いい加減なところもあるようですが、

 

 

サービス精神が旺盛だという分析もあります。

 

 

 

 

 

 

ズラ~~っと難しい用語が並んでいる

メルマガよりも、

 

 

 

エンターテイメント性の高い、

面白い情報を発信できる

メルマガの方が、愛されます。

 

 

 

 

これは何もメルマガだけではなく、

普段もそういう人の方が、

人気があるようですね。

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:8

【利休七則】に習う『もしも対策』

読了までの目安時間:約 6分

 

【 加南本舗 Vol.620 】

 

 

 

 

 

 

秋雨前線と台風との影響で、

大きな被害の出ている地域があるようですが、

 

 

あなたのお住まいの地区は大丈夫ですか?

どうぞ雨の降り方にはお気をつけくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【利休七則】という茶道の教えがあります。

その中のひとつに、

 

 

『降らずとも雨の用意』という教えがあります。

 

 

 

 

 

 

雨が降っていなくとも、

また降りそうでなくとも、

降ったときのために傘を用意しておく、

 

 

『万人の憂いを想定して備える』という意味です。

 

 

 

 

 

 

この教えは雨の場合に限らず、

 

 

広く人生のあらゆる場において、

思いがけないことが起こっても、

 

 

それに対応できるように準備しておくという、

重要性を説いています。

 

 

 

 

 

ビジネスシーンにおいても、

「段取り」という場面では同じことが言えます。

 

 

不測の事態を想定した解決策の準備をしておく

ということが大切になってきます。

 

 

 

 

 

 

それは最悪でも大丈夫ということを確認し、

何か起こったときの代案を考えておく、

ということです。

 

 

 

 

 

 

たとえばお花見などの行事で幹事を任されたとき、

必死に雨にならないように願います。

 

 

 

 

しかしただ祈るばかりではなく、

雨が降った場合の『もしも対策』として、

 

 

 

「お酒もつまみもあるから、社に戻って宴会!」

ということをあらかじめ決めておけば、

 

 

 

あとは晴れたときのことだけを

考えればよくなります。

 

 

 

 

 

 

このような考え方ができると、

『最悪の場合でも大丈夫』という心構え、

余裕が生まれ、ムダに焦ることがなくなります。

 

 

 

 

そして最悪の場合でも大丈夫だということは、

『未来はすべて大丈夫なことしかない』

ということになります。

 

 

 

 

 

 

未来には、あなたを困らせることは、

何ひとつない、

 

 

 

ほんの小さな心がけひとつで、

あなたの未来はこんなにも変わるのです。

 

 

とても心強いとは思いませんか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東京オリンピックで「おもてなし」が注目され、

「おもてなし」の心を説いた利休もまた、

注目されているようです。

 

 

 

茶道における【利休七則】はすべてが、

そのままビジネスにも応用できそうです。

 

 

 

やはり何事も人の心を思うことが

大切なのだと思います。

 

 

 

 

東京オリンピックの方は

エンブレムの問題で騒がれていますが、

 

 

 

スポーツの祭典ですから、

さわやかに開催してほしいですよね。

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

『付加価値』で、お得感を演出する

読了までの目安時間:約 4分

 

【 加南本舗 Vol.619 】

 

 

 

 

 

 

 

季節の変わり目ともなると、

シーズン終わりの服ということで、

 

 

 

 

もともとの値札にあった金額に

赤線を引いて、

1万円の服が半額の5000円になり、

 

 

 

 

さらに「本日限り!」と誇張された上で、

3000円に修正されて売り出される。

 

 

ということを目にしたことはありませんか?

 

 

 

 

 

 

赤線が引いてある割引の値札は、

割安感を増幅させる役割があります。

 

 

 

 

そして1万円が3000円になったという、

その明らかなコントラストが、

 

 

お得感を与えているのです。

 

 

 

 

 

 

 

また、

相手にとってメリットがあるものを

付け加える場合、

 

 

単なる値引きだけとは限りません。

 

 

 

 

 

 

アクセサリーや万年筆などに、

「今ならあなたのお名前を刻印します」

といったセールス法もあります。

 

 

 

 

商品自体にさまざまな

『付加価値』をつけることで、

 

お得感を演出するわけです。

 

 

 

 

 

 

これらのテクニックは、

セールストークの中にもよく取り込まれ、

 

 

 

 

 

 

「この車はカーナビとセットで100万円です」

と最初から提案されるよりも、

 

 

 

「この車は100万円です」とまずは説明され、

そのあとに「今なら特別に10万円相当の

カーナビをおつけしますよ」と、

提案された方がよりお得な印象を与えます。

 

 

 

 

 

やはり人は得することが大好きなのですね。

 

 

 

 

「お姉さん、キレイだね」なんて言われると、

私も欲しくないものまで買っちゃいます。

 

 

 

んっ?これは・・・

まぁ、私の心は得したみたいに、

満たされているのです(笑)

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:1

相手の【承認欲求】をきちんと満たすには

読了までの目安時間:約 7分

 

【 加南本舗 Vol.618 】

 

 

 

 

 

 

 

休日の今日、ゆっくりお休みになられましたか?

 

あなたがステキな時間をお過ごしだったら嬉しいです。

 

 

 

では明日からの新たな一週間の始まりに、

 

今夜は『本当はみんなほめられたい』お話を……

 

 

 

 

>> プラスの目で相手をきちんと見る <<

 

 

 

 

 

 

人には「ほめられたい」「認められたい」

という【承認欲求】というものがあります。

 

 

 

 

自らが「価値ある存在」であり、

「尊重される」ことを求める欲求です。

 

 

 

 

 

 

ほめてもらえれば、気持がよくなります。

それは何も子供や部下に限ったことでなく、

 

 

 

実は社長だって総理大臣だって、

本当はみんなほめられたいのです。

 

 

 

 

 

 

ただ、ほめるとなると、

上司側の人の中には、

 

 

 

自分の優秀性が脅かされるのでは

ないかという不安ゆえに、

 

 

 

なかなかほめられないといった

事情もあるようです。

 

 

 

 

 

 

しかしほめることによってこそ、

 

 

「私はあなたより上だ」という、

上下関係がアピールできるのです。

 

 

 

 

 

 

また、教師やコーチと生徒、

親と子供の間では、

 

 

 

充分にほめることによって、

相手を伸ばすことがよくあります。

 

 

まさに「ほめて伸ばせ」なのです。

 

 

 

 

 

 

もし親が子供をほとんどほめないとしたら、

子供の順調な発達は望めないでしょう。

 

 

 

親に対する信頼や素直な愛情表現も、

望めないと言えます。

 

 

 

 

 

 

そして同じことが夫婦間にも言えます。

 

 

夫は妻の髪型が変わろうが、

口紅の色が変わろうが気づかない。

 

 

 

妻は妻で、夫を他の誰かの夫と比べて、

給料が安い、出世が遅いなどと、

ばかにしてばかり・・・

 

 

 

 

 

 

ほめられたら気持ちいい、

ほめることが大切だということが、

みんなわかっていながら、

 

 

ほめることができないでいるのです。

 

 

 

 

 

 

それは、そもそも相手を、

ろくに見ていないからです。

 

 

 

見たとしても、良いところより、

相手の悪いところに

つい目がいってしまう。

 

 

 

 

 

 

そして本当のところは、

自分がほめてもらおうとすることに

一生懸命で、

 

 

 

相手をほめることなど

思いつきもしない、

ということなのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

あなたは誰かをほめていますか?

相手をきちんと見ていますか?

 

 

 

そしてあなた自身、

誰にほめられたら一番嬉しいのでしょうか。

 

 

 

 

まず頭に浮かんだその人のことから、

ほめてあげてください。

 

 

 

照れくさかったら、

最初は心の中から始めたっていいですから。

 

 

 

でも必ずいつかは声に出して

相手に届けてくださいね。

 

 

人は誰しもほめられると嬉しいのです。

 

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:1

正しさだけでも人は不快になる

読了までの目安時間:約 6分

 

【 加南本舗 Vol.616 】

 

 

 

 

 

 

 

コミュニケーションにおいて

陥りやすい罠に、

 

 

 

 

『正しさに対するこだわり』

というものがあります。

 

 

 

 

人は自分の話を評価してほしくて

話をしているわけではありません。

 

 

 

 

それなのに、相手が何か言ってきたら、

「それはこういうことですよ」と、

 

 

 

できるだけ正しい答えを

提示しなければならないという、

 

 

間違った思い込みにとらわれています。

 

 

 

 

 

 

正しいことを教えてあげれば

感謝されるとさえ思っているのです。

 

 

 

 

 

 

しかし日常会話では、

相手はただ話をきいてもらいたい、

共感してもらいたい、励ましてほしい、

などと思っているだけで、

 

 

 

正しい評価をしてもらいたいなどと、

思っているわけではありません。

 

 

 

 

 

 

正しさが求められる

ビジネスの場ならともかく、

普段の会話では必要ないのです。

 

 

 

 

 

 

それがたとえ相手に対する

アドバイスであったとしても、

残念ながら、

余計なお世話でしかありません。

 

 

 

 

 

 

もし「自分は優れているから

アドバイスしてあげる」

ということを伝えたいのであれば、

有効な方法かもしれませんが、

 

 

 

 

 

 

ただ純粋に相手の役に立ちたいと

思っているのなら、

 

 

 

思うような感謝も得られず、

逆に今度は腹立たしく

思うだけになります。

 

 

 

 

 

 

そしてそれも結局は「おごり」である

ということにも気づいてください。

 

 

 

そこで優劣をつけることは、

何の得にもならないのです。

 

 

 

 

 

 

相手の意見が正しく、

反論の余地のないものであればあるほど、

 

 

 

人は不快になるということを前提に、

話し方に配慮しなければならないのです。

 

 

 

 

 

 

それが好かれる人の話し方であり、

聞き上手でいられるということです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

気持ちのいい会話のできる人のもとへは、

当然、人が集まってきます。

 

 

 

人が集まれば、

そこにはビジネスのチャンスも

あるということです。

 

 

 

 

 

 

これからの時代は、

そんな『コミュニティ』を持てる人が、

豊かになれるのです。

 

 

 

 

 

 

「えっ?コミュニティ!?」と、

ビビったあなたはどうぞこちらをご覧ください。

 

 

 

こんな方法でも稼げるのです!!

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

お金に関する制限をなくす

読了までの目安時間:約 7分

 

【 加南本舗 Vol.615 】

 

 

 

 

 

 

 

お金ほど、自分の心や考えを、

反映させているものはありません。

 

 

 

そしてその人の心の持ち方に、

ダイレクトに反応して姿を変えます。

 

 

 

 

 

とにかくお金は、

お金の大好きな人の所にやってきます。

 

 

 

 

 

 

手放したくない、離れたくない、

大切にしたいと思えば、

 

 

無駄遣いをしなくなり貯金をします。

 

 

 

 

そしてその金額に満足がいかないから、

もっと貯金しようとします。

 

 

結果、お金はますます増えていきます。

 

 

 

 

 

 

逆に、このくらいあったって

大したものは買えないから、

 

 

飲みにでも行ってしまおうと思えば、

飲み代に消えてなくなりますし、

 

 

 

 

お金より流行の服がそばにあった方が

嬉しいからと買ってしまえば、

 

 

自分のそばには洋服がある。

ということになるのです。

 

 

 

 

 

 

 

お金はこちらが大切に思えば、

大切な存在としてそばにいて、

 

 

 

粗末にすれば粗末にした分、

自分のそばからいなくなるという、

 

 

とても明確にその人の心を表しています。

 

 

 

 

 

 

それは今、あなたが手にしている

お給料や収入、貯金にも表れています。

 

 

 

 

 

 

そしてその金額に満足してないとしたら、

 

 

その金額は、実は自身の心が、

自分に課した金額だと

気づかなくてはなりません。

 

 

 

 

 

 

たとえば会社を選ぶ際に、

職種を探しながら、

 

 

 

このくらいあったら生活できるだろう。

と勝手に自分を査定し、

会社を決めているのです。

 

 

 

 

 

 

誰に決められたわけでもないのに、

自分が手にする金額を勝手に低く見積もる。

 

 

しかも、まだどんな仕事をしても、

稼げる可能性があるにも関わらずに。

 

 

 

 

 

 

本当はなんとか生活できる金額ではなく、

100万円欲しいのなら、

 

 

 

まず、『自分にはその価値と可能性がある』

ということを自分自身に教えなくてはなりません。

 

 

 

 

 

 

自分で自分の欲しい金額を知らなければ、

その金額を手にすることはできないのです。

 

 

 

 

 

 

そう思うことで、それを引きつける

エネルギーが発生します。

 

 

 

その金額に見合う仕事やチャンスとの

出会いがやって来るのです。

 

 

 

 

 

 

そしてそんなとき、

収入の経路を一箇所に絞ろうとはせず、

柔軟な考えが必要です。

 

 

 

 

たいていのお金持ちの人というのは、

収入経路を限定せず、あらゆる種類、

あらゆる方向に無数に持っていたりします。

 

 

 

 

 

 

 

お金に関して覚えておかなければならない

大切なことは、

 

 

【制限をなくす】ということなのです。

 

 

 

 

制限をしなければお金は、

 

 

あなたのところへやってくるチャンスを、

待っているのものなのです。

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

【終末残存効果】で人の印象を操る

読了までの目安時間:約 5分

 

【 加南本舗 Vol.614 】

 

 

 

 

 

 

 

上司に難しい仕事を任されたとき、

 

 

 

「失敗する可能性が高いですが、頑張ります」

と答えるのと、

 

 

「頑張りますけど、失敗する可能性が高いです」

と答えるのでは、

 

 

 

上司に与える印象がまったく変わってきます。

 

 

 

 

 

 

最後に「頑張ります」と言えば、

積極性や意欲をアピールできますが、

 

 

 

 

「失敗する可能性が高いです」を

後にもってくると、

 

 

 

最初からやる気がないように

思われてしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

人には最後に見聞きしたものが

強く印象に残る、【終末残存効果】という

心理現象があり、

 

 

 

意識して使い分けることによって、

相手に与える印象を変えることもできます。

 

 

 

 

 

 

また、人を評する際にも、

「大雑把だけど、いいヤツだよ」と言うのと、

「いいヤツだけど、大雑把だよ」と言えば、

 

 

 

本人を正面きって中傷せずとも、

悪い印象を与える言い方だってできるのです。

 

 

 

 

 

 

意識して終末残存効果を使ってくる人は、

印象操作がうまい人です。

 

 

 

 

人の話を聞くときには、

最後に残った印象だけで判断しない方が、

いいかもしれませんね。

 

 

 

 

表現している内容は同じなのに、

終末残存効果によって、

うまくごまかされているかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

デートの最後に、

「楽しかったけど、疲れたね」と言えば、

「楽しかった」は社交辞令だと、

受け取られてしまいます。

 

 

 

 

「疲れたけど、楽しかったね」と言えば、

次も楽しいデートができるでしょう。

 

 

 

 

 

 

ちなみにデート中に男性が、

「疲れているみたいだね」と言葉をかけたら、

それは文字通り女性を気遣っての言葉ですが、

 

 

 

 

女性がそれを口にしたら、

必ずしも相手をいたわっているのではなく、

 

 

 

 

疲れているからそんなつまらない話ばかりなの?

疲れているから大した場所に案内してくれないの?

などと、相手のエスコートに納得がいかず、

 

 

 

 

 

「もうちょっと気合入れて楽しませてくれない?」

との意味が込められた、

 

 

 

気遣いの言葉に見せかけた、

最大限の嫌味であることが多いんですって。

あぁ、怖い!!(笑)

 

 

どうぞお気をつけくださいね。

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

あなたが怠っている一手間がデキる人との差を生む

読了までの目安時間:約 7分

 

【 加南本舗 Vol.613 】

 

 

 

 

 

 

 

本日9月1日は「防災の日」ということで、

地震などの災害について認識を深め、

心構えを新たにされたのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

では、日頃のミス、

これについてはいかがですか?

 

 

 

 

とくに大きなミスや失敗を

犯すことはなくとも、

細かい失点が日常茶飯事。

 

 

 

そんな細々としたミスの積み重ねは、

信頼度、人物評価の差につながってきます。

 

 

 

 

 

 

たとえ小さなミスでも、

「同じミスは繰り返さない」と、

反省できたらいいのですが、

 

 

 

 

根拠もないのに、

「小さなミスだから大したことはない」

あるいは誰かのせいにして言い訳などしていると、

 

 

 

 

【自分を変える】というきっかけを、

失ってしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

ミスをしないという人はいません。

どんなにデキる人だって、

万全の注意力で臨んでいるのではないのです。

 

 

 

 

 

しかし、彼らはたとえば、

必ず作業の手を止めてその場でメモをとるなど、

 

 

 

自分の注意力の足りないところや、

忘れっぽいところを、

 

 

さまざまな工夫でカバーしているのです。

 

 

 

 

 

逆にできない人は、そういった工夫を

怠っているのです。

 

 

 

 

 

 

両者の差はほんのちょっとしたことです。

 

 

 

そんなことで差がつくなんて悔しいし、

能力の差ではないということが、

 

 

自分にもできると思えませんか?

 

 

 

 

 

また、小さなミスの起こりやすいのが、

金額の計算、

 

 

 

私たちの作業でいえば、

誤字脱字などの入力ミスといった、

 

 

「チェック作業」です。

 

 

 

 

 

 

これは『必ずミスがある』という

意識で取り組めば、

 

 

注意力が変わってきます。

 

 

 

 

 

 

作業を行う際は、

 

どの点に注意すればいいかと

自分に問うことを習慣づければ、

 

 

 

どういう意識で臨めばミスが防げるか

ということもわかってきます。

 

 

 

 

 

 

『備えあれば憂いなし』

防災の日に、

 

 

 

あなたのミスに対する心の準備も

考えてみてはいかがでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたが変わるきっかけを、

つかんでみませんか?

 

 

 

9月に入り、暑さもやわらいで、

作業がはかどる。

そんな感じではないですか?

 

 

 

 

 

あなたと成功への階段を登る

【VIPメルマガ】では、

 

 

あなたの「参加表明」をお待ちしています。

 

 

 

 

 

この表メルマガでは、

ちょっと言えないこと(ヒミツ)

 

 

ビジネスに役立つプレゼントや、

私がこれまで自己投資して得た

ノウハウや情報などをお届けしています。

 

 

 

 

お気軽にご参加ください。

 

 

 

下記のURLをクリックして、

あなたの意思を伝えてください。

 

 

-------------------------------------------------

■参加して、豪華プレゼントをゲットする!

⇒ http://form.os7.biz/f/859084d7/

-------------------------------------------------

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0