オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

『付加価値』で、お得感を演出する

読了までの目安時間:約 4分

 

【 加南本舗 Vol.619 】

 

 

 

 

 

 

 

季節の変わり目ともなると、

シーズン終わりの服ということで、

 

 

 

 

もともとの値札にあった金額に

赤線を引いて、

1万円の服が半額の5000円になり、

 

 

 

 

さらに「本日限り!」と誇張された上で、

3000円に修正されて売り出される。

 

 

ということを目にしたことはありませんか?

 

 

 

 

 

 

赤線が引いてある割引の値札は、

割安感を増幅させる役割があります。

 

 

 

 

そして1万円が3000円になったという、

その明らかなコントラストが、

 

 

お得感を与えているのです。

 

 

 

 

 

 

 

また、

相手にとってメリットがあるものを

付け加える場合、

 

 

単なる値引きだけとは限りません。

 

 

 

 

 

 

アクセサリーや万年筆などに、

「今ならあなたのお名前を刻印します」

といったセールス法もあります。

 

 

 

 

商品自体にさまざまな

『付加価値』をつけることで、

 

お得感を演出するわけです。

 

 

 

 

 

 

これらのテクニックは、

セールストークの中にもよく取り込まれ、

 

 

 

 

 

 

「この車はカーナビとセットで100万円です」

と最初から提案されるよりも、

 

 

 

「この車は100万円です」とまずは説明され、

そのあとに「今なら特別に10万円相当の

カーナビをおつけしますよ」と、

提案された方がよりお得な印象を与えます。

 

 

 

 

 

やはり人は得することが大好きなのですね。

 

 

 

 

「お姉さん、キレイだね」なんて言われると、

私も欲しくないものまで買っちゃいます。

 

 

 

んっ?これは・・・

まぁ、私の心は得したみたいに、

満たされているのです(笑)

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:1