オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

お願いは【メンタル・セット】を取り払ってから

読了までの目安時間:約 6分

 

【加南本舗 Vol.584】

 

 

 

 

 

 

会話をしていて、

「いいえ」「違います」などと、

 

 

 

否定の言葉ばかりで

答えなくてはならないと、

 

 

なんとなくわずらわしくなる・・・

 

 

 

あなたもそう感じたことはありませんか?

 

 

 

 

 

 

それは相手が自分のことを

理解していないと考え、

 

 

心理的に身構えてしまうからです。

 

 

 

 

 

 

このような状態を、

【メンタル・セット(心の構え)】と言い、

 

 

 

次第に相手の言うことに対して、

不信感を抱くようになってしまいます。

 

 

 

 

 

 

逆に「はい」「そうです」などど、

肯定の言葉を導く質問をされたら、

 

 

 

会話を続けるうちにリラックスし、

相手に対しても好意的な見方を

するようになります。

 

 

 

 

 

 

話し上手、社交上手な人は、

相手にメンタル・セットを作らせないよう、

 

 

 

「イエス」の答えを導く質問をして、

くつろがせ、心を開かせているのです。

 

 

 

 

 

 

これはビジネスの場でも活用されていて、

商談であっても、

いきなりビジネスの核心には入らず、

 

 

 

 

お天気の話など、

イエスとしかと答えようのない

当たり障りのない会話をしながら、

 

 

 

相手が快く「イエス」と答えられる

質問を続けます。

 

 

 

 

 

 

そのもっとも単純な手口が、

相手をほめることです。

 

 

 

たとえほめられた側が謙遜しようとも、

心の中では「イエス」と喜んでいるものです。

 

 

 

 

 

 

警戒心の強い人や、利害の相反する相手でも、

「イエス」「イエス」と答えているうちに、

 

 

 

相手の言葉や意見も、

肯定的に受け入れやすい態勢になり、

メンタル・セットが取り払わられていきます。

 

 

 

 

 

 

そして話題がビジネスの核心に

入ったのにも気づかず、

 

 

 

その流れで相手の真の要求や頼みにも、

「イエス」と答えてしまうのです。

 

 

 

 

 

 

会話をしていて肯定的な返事ばかりを

させられていると気づいたならば、

 

 

 

それはきっと何か頼みごとを

されるのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

相手の術中にはまりたくなかったら、

別の話題を持ち出したり、

 

 

 

こちらから相手に質問してみたりして、

メンタル・セットを立て直してみましょう。

 

 

 

 

「越後屋、お主も悪よのう」いえいえ、

 

 

 

「お主、なかなかやるな」

相手の目がそう笑っていたら、合格点です!

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:5

すぐさま行動!小さな成功も粗末にしない

読了までの目安時間:約 7分

 

【 加南本舗 Vol.583】

 

 

 

 

 

 

休日の今日、ゆっくりお休みになられましたか?

 

あなたがステキな一日をお過ごしだったら嬉しいです。

 

 

 

では明日からの新たな一週間の始まりに、

 

今夜は『実現のステージに立つ』お話を……

 

 

 

 

>> 本を読むなら自分がその主人公になる <<

 

 

 

 

なんとか夢を叶えたい、成功したいと、

成功哲学書をかたっぱしから何冊も、

読んでいるにも関わらず、

 

 

いまだに夢をひとつも叶えられずに

いる人がいます。

 

 

 

 

誰よりも成功哲学書を読んでいるのに、

その人たちより成功が遅いのです。

 

 

 

 

 

 

それは「成功哲学書ばかり読んでいる」からです。

 

 

 

つまり成功する人は、一冊読んでわかったら、

すぐに本を閉じて行動します。

 

 

 

 

 

 

100冊読んだ、200冊読んだと自慢して、

満足しているうちは、何も起こりません。

 

 

 

 

 

 

頭ではわかっているけど、

思うように動けないというのでは、

意味がないのです。

 

 

 

それは本当は何もわかっていないのと同じです。

わかっていたら動けていたはずですから。

 

 

 

 

 

 

叶えたい夢を想像したら、

次にはアクションが必要になります。

 

 

 

そのステップを踏まなければ、

実現のステージに立てないのです。

 

 

 

 

 

 

そして成功哲学書を読んで

成功してしまえる人は、

 

 

 

本の中身をいつも自分のこととして、

置き換えて考えるのがとても上手なのです。

 

 

 

 

 

つまり、単純に信じて素直に取り入れるから、

よい結果に導かれるのです。

 

 

 

いつも本の中で自分が主人公になれる

ピュアな人です。

 

 

 

 

 

 

同じ本を読んでもうまくいかない人は、

読んでいてもどこか入り込めないで、

 

 

自分のこととしてとらえられないのです。

 

 

 

 

 

 

そして小さな成功も大きな成功も、

質においてそう差のあるものではありません。

 

 

しかし人は、大きな成功を大きく評価し、

小さな成功はとかく無視しがちです。

 

 

 

 

だから大きな成功の見込みのない者は、

「どうせ評価されないから」と、

実行しない人間になっていくのです。

 

 

 

 

 

 

そして小さな成功体験を積み上げ、

大きな成功にぶち当たった人間を見て、

 

 

 

「自分だってそれくらいのことはできる」と言う、

口先だけの人間に成り下がってしまうのです。

 

 

 

 

 

 

みんな同じ人間、

本当は能力など、そんなに大差はありません。

 

 

 

 

 

 

ただ唯一大きく差が出てしまうのが、

物の「考え方」と「とらえ方」です。

 

 

 

 

だから自分を変えることができたら、

成功体質になることも、

夢を叶えるのも楽になるはずなのです。

 

 

 

 

そして何より、成功を手に入れるのに、

年齢制限なんてないのですから。

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

【目玉商品】から学ぶ印象操作のテクニック

読了までの目安時間:約 7分

 

【 加南本舗 Vol.582】

 

 

 

 

 

 

スーパーマーケットやディスカウントショップ、

最近では食品なども多く取り揃えている

ドラッグストアなどでは、

 

 

 

 

「えっ?こんなに安いの?」と、

驚くほどの値段の【目玉商品】が、

置かれていることがありますよね。

 

 

 

 

 

 

その目玉商品、店側にとっては、

ほとんど利益がないどころか、

 

 

 

仕入れ値より安く売っているため、

売れば売るほど、

 

 

「赤字」となる商品さえあるのです。

 

 

 

 

 

 

しかしそれでも店側が目玉商品を置くのは、

 

 

たとえお客がその赤字覚悟の目玉商品を

目当てに来店したとしても、

 

 

 

 

それ以外の商品も買ってくれる、

そんなお客の心理を把握し、

 

 

目玉商品と関連のある品物を売ることを、

あらかじめ狙っているからなのです。

 

 

 

 

 

 

この目玉商品の一番の目的は、

お客に【お得感】を与えることです。

 

 

 

 

目玉商品につられてやって来たお客は、

「こんなに安いのだから、

この店にある他の物も安いだろう」と、

無意識のうちに思い込み、

 

 

 

 

通路を歩きながら目に付いた商品を、

次々にカゴに入れてしまいます。

 

 

 

 

 

 

また、セールで混雑した

店内の熱気に影響され、

 

 

 

まるで他のお客と張り合うかのように、

余分な品物まで買ってしまうのです。

 

 

 

 

 

 

 

一時的には損をしても、

将来的に大きな利益になって

返ってくるよう考えよということわざ、

 

 

『損して得取れ』のように、

 

 

店側は目玉商品を置くことで

お客に「この店は安い」という、

 

 

【割安感】を印象づけようとしているのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

このお得感は私たちのメルマガなどにも

言えることです。

 

 

 

 

 

このメルマガを読めば、得することがある。

そう思ってもらえれば、

 

 

 

あなたの発行するメルマガを毎回楽しみに

してもらうことができます。

ファンになってもらえるのです。

 

 

 

あなたの目玉商品をメルマガに盛り込みましょう。

 

 

 

 

 

 

 

そして自己投資をすることも、

「もったいない」などと思わずに、

 

 

お金を使いましょう。

 

 

 

 

 

 

それはやがてあなたのスキルへと変わります。

 

 

あのとき、ケチらなかったからこその

スキルにだってなるのです。

 

 

 

 

 

 

あなたのスキルはやがて、

あなたの報酬へと変わっていきます。

 

 

 

それはあなたがタネをまいたからです。

 

 

 

 

 

 

そして忘れてはならないのは、

自分がその報酬を得るためには、

 

 

お客様がお金を出してくれたという事実です。

 

 

 

 

自分は一円も投資せずに、

他人にだけ金を出せということは、

あまりにも自分勝手です。

 

 

 

 

 

自己投資、自分を磨くことを、

決して忘れないでください。

 

 

 

 

 

 

あなたのまいたタネで、

きれいな花を咲かせて、

 

 

 

あなたもそしてあなたのお客様も、

幸せになることを目指してみましょう。

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0