オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

言葉は使い方次第で人生を明るくする

読了までの目安時間:約 6分

 

【 加南本舗 Vol.477 】

 

 

 

 

 

 

言葉の実験で、

「そうですね」「なるほど」と、

肯定的な言葉から始める人の方が、

好感が持たれるという結果が出ています。

 

 

 

さて、あなたはどんな話し方を、

していらっしゃるでしょうか?

 

 

 

 

人間関係を円滑に運ぶには、

 

 

「でも」「だって」「しかし」などの、

否定のセリフから話を始めては、

 

 

何かと誤解を招きやすいと言えます。

 

 

 

 

 

 

たとえば、

会議で出されたアイデアに対する発言で、

 

 

・しかし、それは予算のことを無視した意見だと思います。

・そうですね、ただ予算のことは気になりますね。

 

 

 

 

 

 

前者では発言者の提案を完全に否定したような

印象を与えていますが、後者の言いようだと、

 

 

 

提案そのものは悪くはないけれども、

予算のことを考えると難しい。

 

 

という好感の持たれる言い回しに聞こえます。

 

 

 

 

 

 

答えの内容は同じでも、

肯定的なセリフから始めた方が人間関係が

 

 

ギクシャクしたものにならないのです。

 

 

 

 

 

 

「でも」「だって」などの

否定的言葉の恐ろしいところは、

 

 

 

言い続けているうちに、

本当に口癖になってしまうことです。

 

 

 

 

 

 

 

親切にアドバイスされて、

自分でも内心では納得しているのに、

 

 

 

 

思わず「でも」「だって」などという、

言い訳や口答えをしてしまうような、

物言いになってしまうのです。

 

 

 

 

 

 

 

これではもう誰もアドバイスするのは、

やめようと思います。

 

 

人間関係に破綻が出やすい環境に、

なってしまうのです。

 

 

 

 

 

そしてそのうち自分の心の中でも、

否定的な言葉を連発するようになってきます。

 

 

「でも、自分なんか、どうせ誰も相手にしてくれない」

 

 

 

心の中はこんな言い訳や、

口答えでいっぱいになってしまいます。

 

 

 

 

 

 

否定の言葉ばかりをつぶやいている人は、

否定的な人生を歩み、

 

 

 

肯定的な言葉を使っている人は、

前向きな人生を歩むものです。

 

 

 

言葉にはそれほどの力があるということです。

 

 

 

 

 

 

あなたがもし、普段から否定的な

言葉を多く発しているのなら、

そうれはもう封印。

 

 

 

 

『そうですね!』

 

 

 

あなたの声が聞こえました。

 

 

その気持ちのまま、

明るい未来を歩んでいきましょう。

 

メルマガ バックナンバー    コメント:2

応用可能【好印象を残す会話のコツ】 

読了までの目安時間:約 5分

 

【 加南本舗 Vol.476 】

 

 

 

 

 

あなたの人間関係、良好ですか?

 

 

 

 

意中の相手から親しみを持ってもらい、

好印象を残す会話のコツとは、

 

 

 

 

 

まず『ほめる』ということ。

 

 

しかも、相手の【目立たない長所】

をほめましょう。

 

 

 

 

美人に「美人ですね」とほめを連発しても、

さほど感動はありません。

 

 

 

 

しかし容姿の美しさと全く別の部分をほめると、

思いがけない称賛となるため、

強く印象に残りやすいのです。

 

 

 

 

 

 

そして相手をほめ讃えて雰囲気が

良くなったところで、

 

 

 

次は自分自身の話を振ります。

その場合、NGとなるのは「自慢話」です。

 

 

 

「オレのスゴイ話」をするのではなく、

むしろ【失敗談】を話す方が、

好感を持ってもらえます。

 

 

 

他人の失敗談というのは、

安心して聞いていられる上、

 

 

人間味が感じられて、

親近感を抱いてもらいやすいのです。

 

 

 

 

ただしあくまでも、

「珍しく起こした人間味あふれる失敗」

を語ることが肝心です。

 

 

 

 

毎度毎度の失敗を重ねるような話だと、

「単なる能無し」と見なされ、

印象もガタ落ちになってしまいます。

 

 

 

 

 

 

そしてここで終わってはダメですよ。

もうひと押し、今度は【秘密の話】を、

そっと打ち明けるのです。

 

 

 

 

 

自分のプライベートな話は

親密度を高めますが、さらにその話が、

 

 

 

「あなただけに打ち明ける」

そういった切り出し方なら相手に、

 

 

【特別感】を与え、二人の間に

親密な雰囲気が漂うようになるのです。

 

 

 

 

 

 

そして【会話の締めくくり】にも配慮が必要です。

 

 

 

というのは、人は多くの話を耳にしたとき、

最後に聞いた情報に最も左右されやすいからです。

 

 

 

 

長時間話していても、最後に話した内容こそが、

「最新の情報」として強く記憶に残り、

その人の印象を決定づけてしまうのです。

 

 

別れ際の会話にも、

細心の注意を払うことをお忘れなく。

 

 

 

 

 

 

この春新しく出会った気になる人や、

ビジネストーク、

 

 

そしてこれ、メルマガの流れにも

応用できるんですよ。

 

 

 

あなたのファンになってもらうために、

ぜひ、活用してみてくださいね。

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

悪徳商法にみるセールスのテクニック

読了までの目安時間:約 6分

 

【 加南本舗 Vol.475 】

 

 

 

 

 

 

「アンケートにご協力ください」

などと、街頭で声をかけ、

半ば強引に商品の契約をさせる、

 

 

 

悪名高き「キャッチセールス」

まぎれもない悪徳商法です。

 

 

 

 

 

 

しかし、このキャッチセールスの手口、

心理テクニックを巧みに利用しています。

 

 

詐欺師の手法もそうですが、

犯罪も対するは、人。

 

 

 

人の心を操るにはその心の動きを、

知らなくてはなりません。

 

 

 

 

 

 

では実際にキャッチセールスの

基本テクニックをみてみましょう。

 

 

 

 

まず狙いをつけた相手に声を掛ける際、

ソフトな口調と親しげな素振りで接近し、

 

 

相手の外見をほめるなどで、

親近感をもたせます。

 

 

 

 

そして自分の話に説得力をもたせるためにも、

 

 

なめらかな語り口と自信に満ちた態度で、

接することがポイントです。

 

 

 

 

次に相手が興味を持つ事柄を素早く察知し、

巧みにその話題を持ち出すことで、

会話を盛り上げます。

 

 

このとき、相手の視線をとらえて、

なるべくまっすぐ、

力強く目を合わせるようにします。

 

 

 

 

そうすることで自分は信用に値する人間だ。

という印象を相手に植えつけることが

できるのです。

 

 

 

 

また、話をする際には手の動きをオーバーに。

 

 

大きなジェスチャーは話をわかりやすくする上、

説得力を増す効果が期待できます。

 

 

 

 

その後は相手の様子をうかがいつつ、

距離を狭めていき、

 

 

最終的には50センチ以内にまで近づきます。

 

 

 

この50センチというのは一般に、

お互いに好意を持っている者同士がとる距離で、

 

 

その状態で会話を続けるとより親密感が増すのです。

 

 

 

 

合わせて相手を道端に少しずつ誘導し、

二人だけの狭い空間をを作るようにするのも、

必須のテクニックです。

 

 

 

 

雑踏とは少し離れた、

プライベートなベースが作られると、

 

 

その空間に共にいる相手の話にも、

つい応じやすくなってしまうのです。

 

 

 

 

そして頃合を見計らって、

相手が嫌がらない程度のボディタッチをする。

 

 

こうすることで親しみを演出しつつ、

警戒心を巧みに解いていくことができるのです。

 

 

 

 

 

 

この流れ、ビジネスに応用しましょうね。

って言う前に、

 

 

誰ですかぁ~!明日街で使おうなんて!

 

 

 

 

 

 

キャッチセールスにおける一連の流れには、

ナンパにも役立ちそうなテクニックが

隠されているって、いち早く見抜いた

 

 

あなたは、さすがです!!

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

クラウド型 タスク管理ツール【Jooto】(ジョートー)で あなたの時間、バッチリ管理しちゃいましょう!!

読了までの目安時間:約 4分

 

れぽ54

 

 

 ダウンロードはこちらから

 

 

 

☆゚+. タイトル ゚+.

 

 

 

PC上で付箋(ふせん)のように                                            

 

貼ってはがせるタスク管理                                                       

                                                       

 

クラウド型 タスク管理ツール                                                

 

【Jooto】(ジョートー)で                                                       

 

あなたの時間、バッチリ管理しちゃいましょう!!

 

 

 

 

☆゚+. 目 次 ゚+.

 

 

無料プレゼント

 

Jooto(ジョートー)を始めよう

 

タスクの基本操作

 

プロジェクトボードの削除と復元

 

締切日24時間前の通知機能

 

 

 

☆゚+. 概 要 ゚+.

 

 

 

あなたはWebブラウザ上で付箋(ふせん)を使うのと

 

同じような直感的な操作でタスクが管理できる、

 

【Jooto】(ジョートー)をご存知ですか?

 

案件名を入れたボードを作って、

 

タスク名のところにやるべきことを書くだけ。

 

これでPC上にタスク一覧が出来上がるのです。

 

そしてそのタスクをまるで付箋をはがすように、

 

ドラッグ&ドロップ操作で「進行中」「完了」と

 

移せばいいので簡単です。

 

その基本的操作を図解入りで詳しく説明しています。

 

 

 

 

 

 ダウンロードはこちらから

 

 

 

【レポート】ノウハウ・図解系    コメント:0

間違いだらけのほめ言葉

読了までの目安時間:約 4分

 

【 加南本舗 Vol.473 】

 

 

 

 

 

 

この春、新人さんになった人たちは、

そろそろ新しい生活に慣れてきた頃でしょうか。

 

 

 

新人の時にほめられたことって、

ずっと覚えているものですし、

 

 

 

そこからその分野ならお任せください!

ってところにまで成長する人もいます。

 

 

子供の頃の勉強に置き換えてみても同じですね。

 

 

 

 

 

 

ほめは大切なんだな。

じゃ、誰も彼も、何だってほめとこう。

そう思うのは早計ですよ。

 

 

 

 

 

 

その道のプロと呼ばれる人に、

たとえば、

「絵がお上手ですね」

「歌がお上手ですね」などと、

 

 

自分はほめているつもりでいても、

 

 

 

 

これでは相手を評価することに

なってしまいます。

 

 

 

ほめることを第一に感じていても、

よく知りもしないことをほめる際には、

充分な注意が必要です。

 

 

 

 

 

 

「心に響きました」

「感動しました」などと、

自分が感じた部分やステキだと

思った部分だけを口にし、

 

 

 

知識や理屈でほめるのは、相手に失礼なのです。

 

 

 

 

 

 

ビジネスにおいても同じことが言えます。

若い社員が交渉を成立させた先輩に、

よくやってしまうことに、

 

 

 

「さすがですね、先輩って仕事ができるんですね!」

というほめ言葉です。

 

 

 

そのとき先輩は口には出さないでしょうが、

 

 

「おまえ、ナニサマのつもりだ!」

と思っているはずですよ。

 

 

 

 

 

力のない者がある人を、『ほめる』、

実はとても失礼なことなのです。

 

 

 

 

相手の知識などに及ばない者が、

うまい、ヘタだというのは、

おこがましいものです。

 

 

 

 

その際に、自分がどう感じたかは、

誰にだって語れます。

 

 

 

あなたの気持ちを相手のハートに、

届けてあげましょう。

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

【未常識】いいかげんで乗り切る

読了までの目安時間:約 7分

 

【 加南本舗 Vol.472 】

 

 

 

 

 

 

休日の今日、ゆっくりお休みになられましたか?

 

あなたがステキな一日をお過ごしだったら嬉しいです。

 

 

 

では明日からの新たな一週間の始まりに、

 

今夜は 『常識と、いいかげん』のお話を……

 

 

 

 

 

>> 少し角度を変えれば見えてくる <<

 

 

 

 

 

 

誰もがチャンスを探しています。

しかし、なかなか見つからない。

 

 

 

なぜかというと、常識の中に

チャンスはないからです。

 

 

 

 

 

 

たとえば、一昔前、

SF小説などに出てきた家事をするロボット。

お掃除をしてくれていました。

 

 

今、丸いそれが部屋の中を、

勝手知ったる様子でやってくれています。

 

 

 

ケータイ電話だってそうです。

電話が持ち運べるなんて、

誰も思っていない時代がありました。

 

 

 

 

 

 

これらに共通していることは、

少し前までは「非常識」だったことが、

 

 

当たり前、「常識」になったということです。

 

 

 

 

 

 

そしてそのことによってお金が動いた。

 

 

つまり、みんなが探しているところの

お金を引き寄せるチャンスは、

 

 

常識ではない、「非常識」の中に

あるということです。

 

 

 

 

 

 

今は常識ではないが、

近い未来に必ずや常識となることを、

 

 

【未常識】と言います。

 

 

チャンスはそこにあるのです。

未常識が常識に変わろうとしているときが、

チャンスなのです。

 

 

 

 

 

 

自分や世間の作った常識ばかりに

とらわれていたら、

 

 

思わぬチャンスを見過ごして

しまうかもしれません。

 

 

 

 

 

 

それは人にも当てはまるようです。

まじめで、何でもきちんとしていて、

一分のスキもないような人は、

 

 

立派とは評価されますが、

愛されることが少ないようです。

 

 

 

 

異性ばかりでなく、同性からも、

敬して遠ざけられる。

煙たがられるのです。

 

 

 

 

 

 

この煙たがられるというのは、

案外、厄介なことなのです。

 

 

 

人生は人との関係で成り立っています。

人から敬遠されていては、

何かと不都合が生じてしまいます。

 

 

 

 

 

 

そしてまじめな人ほどストレスを感じやすく、

強いストレス下ではろくなことはありません。

 

 

 

そんなときには、「いいかげんで乗り切る」

ことも必要になってきます。

 

 

 

 

 

 

「いいかげん」という言葉は、

普通はよい意味には使われません。

 

 

 

「あの人はいいかげんな人だ」という

人物評がほめ言葉であることはありません。

 

 

 

 

しかし「いいかげん」はお風呂でいう、

「よい加減」のことなのだ。

 

 

そう思えばまじめな人も、

気がラクになるのではないでしょうか。

 

 

 

 

常識ばかりが正しいとは言えない。

そういう場合もあるのです。

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

自分のビジネスに将来を見いだすためには

読了までの目安時間:約 6分

 

【 加南本舗 Vol.471 】

 

 

 

 

 

 

インターネットビジネスをしていると、

自分より若い人に教えを乞うという場合は、

比較的よくあることで、

 

 

それほど抵抗なくそれができるような気がします。

 

 

 

 

 

中にはプライドが邪魔してとか、

子供くらいの人間から教わるなんてと、

わだかまりを持つ人もいるようですが、

 

 

 

ビジネスでは成功した人に教わる、

というのは鉄則です。

 

 

 

 

できる人ほど目下の人から教わる際にも、

謙虚な姿勢でいられます。

その方が吸収も早いのです。

 

 

 

 

 

 

たとえば、リアルビジネスでも、

新しいプロジェクトの担当者として、

取引先から部長と平社員がやって来た場合、

 

 

 

 

 

部長ばかりに擦り寄って、

平社員を無視するかのごとく振舞う人がいます。

 

 

 

何につけ、その場の決定権は部長にあるわけだから、

部長を大事にするのが成功のコツだと、

思っているのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

確かに決定権は部長にあり、

平社員はほとんど影響力を持ちません。

 

 

 

そのプロジェクトが終わるまでは。

そして3年後はわかりません。

 

 

 

 

 

 

部長はリストラされ、

平社員が部長になっているかもしれません。

 

 

若い人を大事にすることを忘れている結果です。

 

 

 

 

今はぺーぺーでも、出世して、

仕事をくれるようになるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

若い人に価値を見いだせないということは、

 

 

自分のビジネスに将来を見いだせない、

ということにもつながるのです。

 

 

 

 

 

 

AさんよりBさんが若ければ、

それだけでBさんの方が進化の過程で、

優れているはずだとは思えませんか?

 

 

 

 

 

 

ネアンデルタール人よりも、

クロマニョン人が優れていたように、

 

 

 

新しく生まれてきた人ほど、

機能は洗練されているはずなのです。

 

 

だから将来はどうなるかわからないのです。

 

 

 

 

 

 

若い人は、将来のビジネスパートナーになる

可能性を秘めています。

 

 

 

自分より優れている人たちの頭を、

使わない手はないのです。

 

 

 

 

 

 

 

春です!

 

 

あなたの周りの新人さんの、

可能性を信じてあげましょう。

 

 

だって自分たちにも新人時代は、

あったわけですから。

 

 

 

 

そしてもし、あなたが新人さんだったら、

諸先輩方のそんな優しさで、

 

 

あなたが成長できていることを、

感謝しましょう。

 

 

 

 

 

ビジネスは誰かとつながって、

成り立つものです。

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

無口な人に効果バツグン、心理的会話テクニック

読了までの目安時間:約 5分

 

【 加南本舗 Vol.470 】

 

 

 

 

 

この時期って、お花見もそうですが、

新入社員や部署に新しいメンバーを、

迎えたり、あるいは自分自身が

新しい環境に身を置くということが多く、

 

 

 

 

 

そうなれば・・・歓迎会!!

 

 

普段、話せなくても、お酒が入れば、

なんとなくいい感じになれるかも。

 

 

 

 

頑張ってくださいね!

って、応援だけ?

そう思われたあなたに、

 

 

 

無口な人もおしゃべりにさせてしまう

心理的会話テクニックをお伝えしますね。

 

 

 

 

 

 

会話はキャッチボール、なんて言われます。

 

 

上手につなぐには、こちらの質問に

どんどん答えさせ、相手の内面を引き出す。

これが有効的なのですが、

 

 

 

 

それでもこちらからの質問には乗ってこない、

そういう人もいます。

 

 

いくら会話を盛り上げようとしても、

一言二言のやりとりで終わってしまう、

スベったかなーって雰囲気。

 

 

 

 

まだ焦らないで!そういう場合は、

相手に質問するのではなく、

 

 

 

自分の話ばかりをしてみるのです。

 

 

 

 

たとえば、

「映画とかよく観るの?」ではなく、

 

 

自分が映画を観に行った話を、

一方的にするのです。

 

 

 

 

そうすれば、

さすがに相手も退屈だと感じます。

少しは自分の話もしたくなるものです。

 

 

 

 

このタイミングで話を振れば、

 

 

相手は我慢した分、いつもより饒舌に、

話してくれるはずです。

 

 

 

 

 

 

相手に話させる前に、

自分の個人的な話をするというのは、

 

 

心理カウンセリングでも使われる

テクニックです。

 

 

 

 

患者さんはカウンセラーのことを、

知らない状態で個人的な話をすることに、

抵抗があります。

 

 

 

 

 

そこでまずカウンセラーの方から

個人的な話をして、

 

 

自分がどのような人間なのかを

知ってもらった上で話を聞くことで、

 

 

 

 

心を閉ざしていた人も安心して、

話をすることができるようになるのです。

 

 

 

 

 

 

会話のテクニックにはさまざまな

手法がありますが、

 

 

無口な人や会話が苦手な人には、

自分から心を開く方法を試してみましょう。

 

 

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

穴があくほど見つめてほしい

読了までの目安時間:約 6分

 

【 加南本舗 Vol.469 】

 

 

 

 

 

対人関係における【視線】は、

 

 

常に『見る・見られる』という、

相互関係にあります。

 

 

 

 

つまり、表面に出てくる表情や言葉、

動作の裏には、隠された心の動きが、

表現されているものなのです。

 

 

 

 

 

 

心の中で相手を嫌っていたり、

不快に思っていたりすると、

 

 

無意識にその人を見ないようにします。

 

 

 

 

逆に好意をもっていれば、

 

 

その気持ちを伝えようと、

視線を送る回数も増えるのです。

 

 

 

「熱いまなざし」と言われるものですね。

言葉がなくても想いは伝わるのです。

 

 

 

 

 

 

しかしまったく知らない間柄においては、

他人からジロジロ見られると、

 

 

不快に感じるものです。

 

 

 

 

なぜなら、相手を見つめるというのは、

 

 

好意の表現であると同時に、

敵意や競争心の表れでもあるからです。

 

 

 

 

 

 

動物の世界では、

 

 

相手を見るということ自体が、

すでに攻撃を意味しています。

 

 

 

 

 

 

これが人間の場合ですと、

仮に他人と視線がぶつかったとしても、

 

 

すぐに目を伏せて視線を外してしまいます。

 

 

 

 

電車の中などで他人と目が合うと、

普通は視線をそらしますよね。

 

 

 

もしそらさなければ、

相手を不快に感じさせたり、

敵意を引き起こすことにもなります。

 

 

 

 

 

それが異性であれば、ある種の感情を

抱いているとも見られかねません。

 

 

 

俺のこと、好きなのかなぁ。

あなたにも経験があるのではないでしょうか。

 

 

 

大抵の場合は勘違いで終わることが多い、

ありがちなパターンですけどね(笑)

 

 

 

 

 

 

んー、メルマガにおいては、

ジロジロ見られた方がいいのかな。

 

 

 

 

ショップから届くテキストメールなどに、

よく星のマークがズラーっと並んだり、

他のマークで囲みとかが作ってあるのが

ありますが、

 

 

 

あれはそこばかりに意識が集中する、

ということがあるようです。

 

 

 

 

できれば記事全部を

ちゃんと判断しながら、

読み進めてほしいですよね。

 

 

 

だから、あまり過剰な装飾はしない。

その方がいいかもしれません。

 

 

 

 

まぁ、そのあたりは好みの問題なので、

ライン状に並べたら、それはそれで

目立つかもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

とにかくメルマガ発行者の

私たちからすれば、

 

 

穴があくほど見つめてほしい。

 

 

 

 

本当にメルマガに穴があいたら、

ご連絡くださいね(笑)

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:2

【バーナム・ステートメント】で刺さる言葉を使う

読了までの目安時間:約 5分

 

【 加南本舗 Vol.468 】

 

 

 

 

 

春はガッチリ人の心をつかむ季節です。

あなたの新しい出会いは、

順調でしょうか?

 

 

 

 

もし、何かもうちょっと気の利いた

セリフがほしいんだよなぁ、

ってお悩みでしたら、

 

 

 

 

誰もが自分のことだと感じてしまう、

 

 

【バーナム・ステートメント】という

心理テクニックがあります。

 

 

 

 

この【バーナム・ステートメント】を使えば、

簡単に相手を喜ばせることができて、

仲良くなれるのです。

 

 

 

 

 

 

大規模な広告での実績もあり、

【バーナム・ステートメント】を

使ったキャッチコピーを読めば、

 

 

誰でも自分のことを言われているように感じ、

興味を引かれます。

 

 

 

 

刺さる広告というのは、

相手の心をわしづかみにします。

 

 

自分のことを言っているのだと、

素直に反応してしまうのです。

 

 

 

それを、相手を『持ち上げフレーズ』

として使うのです。

 

 

 

 

 

 

その特徴的なフレーズは、

 

 

・あなたは、自分にまだ活かされていない

才能があるという気がしていますね。

 

 

 

・あなたは周りから低い評価を受けていると感じ、

正当に扱われていない気がしていますね。

 

 

 

・あなたが持っている夢は現実的ではないかもしれないが、

そんな夢を持ってもいいと思っていますね。

 

 

 

 

 

 

大半の人は自分に才能がないとは、

信じたくありません。

 

 

また、周りから特別な評価を

受けている人も少ないでしょう。

 

 

それに誰でも多少なりとも、

夢や願望は持っているものです。

 

 

 

 

 

 

こうしたことを利用して、

ほめることで相手は喜びます。

 

 

【バーナム・ステートメント】は、

誰でも思い当たることなので、

大外れせず、相手をほめることができるのです。

 

 

 

 

「○○さんはあまりアピールはしていませんけど、

何か隠された才能みたいなものを感じるんですよね」

というように使います。

 

 

 

 

 

 

相手を喜ばせる言葉、

ほめは、『人間関係の潤滑油』です。

 

 

戸惑うことなく、じゃんじゃん使って、

あの人との関係を、滑らかなものにしてしまいましょう。

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0