オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

作り出すだけでなく、つなぎ続けられる大切さ

読了までの目安時間:約 4分

 

【 加南本舗 Vol.466 】

 

 

 

 

 

 

「実は……」で始まる話は、

誰にでも言えるわけではない、

 

 

困っていること、悩んでいること、

そういった本音の打ち明け話だったりします。

 

 

 

 

相手が素直にこの『本音』を話せる関係が、

 

 

本当の信頼関係、安心感が得られる間柄と

なるようです。

 

 

 

 

 

 

その本音が話せる信頼関係というのは、

同性同士、同じ職場など、

 

 

 

何か共通なことがある人とは、

本音を話しやすいというのがありますが、

 

 

 

 

共通なことがなくとも本音を話してもらえる

人というのがいて、

そういう人は、たいていが『聞き上手』です。

 

 

 

何もないところから信頼関係を

築くことができるのです。

 

 

 

 

 

 

彼らは、相手と素直に向き合います。

それは全身全霊で聞こうとすることです。

 

 

 

相手が話している途中で話をさえぎったり、

否定したり、疑問を投げかける・・・

 

 

せっかく築いた本音を聞く関係を、

そんな行為で壊したりはしません。

 

 

 

 

会話ではついやってしまいがちなことです。

少しだけなら表面上は何も変わらないでしょう。

しかし相手はもう本音が言えなくなっているのです。

 

 

 

 

あなたが感じる事実はどうであっても、

相手にとってはそれが『真実』なのです。

 

 

 

自分の中の真実を否定する者に、

人は心を開きません。

 

 

 

 

 

 

ただ、「そうなんだね」と認めて、

安心感を与えることが大切なのです。

 

 

まずは自分から相手を受け入れてあげるのです。

 

 

 

 

 

 

信頼関係とは作り出すだけでなく、

いかにつなぎ続けられるかにもかかっています。

 

 

 

これらがたくさん自然にできる人こそが、

相手とのいい関係を保てることができるのです。

 

 

 

 

春です!新しい出会い、

信頼構築のために、ぜひお役立てください。

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0