オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

自分に【正しい自信】がある人

読了までの目安時間:約 5分

 

【 加南本舗 Vol.440 】

 

 

 

 

 

自分に【正しい自信】が

あるということは大切です。

 

 

 

そういう人は、目上、年上の方とも

堂々と接することができますし、

下の人にも素直に対応できます。

 

 

 

 

 

 

誰とでも気持ちよく

コミュニケーションできるので、

仕事もスムーズに進みます。

 

 

 

 

 

 

他人のいいところを素直に認められるので、

誰と接しても必ずプラスになるものを

感じ取ることができ、

目下の人からも謙虚な気持ちで学べます。

 

 

 

 

 

 

もし半端な見栄やライバル心があると、

誰と接しても「大したことないな」

で終わってしまいます。

 

 

 

 

 

 

これではその人と一緒にいた

自分の時間までもが無駄になってしまいます。

 

 

 

仮にプラスになるものを見つけたとしても、

素直に認められないので、

黙って盗んで、こそこそ真似してしまう。

 

 

 

 

 

 

自分に【正しい自信】がある人は、

素直によさを認め、

「教えてくださって、ありがとうございます」

と感謝します。

 

 

だから学んだことを堂々と真似できます。

 

 

 

 

 

 

「いいことを学べました」と言ってもらえれば、

相手も嬉しくなります。

 

 

 

「また教えてあげよう」と思ってもらえれば、

ますます学べて、どんどん成長できるのです。

 

 

 

 

 

 

また、【正しい自信】とは、

知ったかぶりをしないことでもあります。

 

 

 

それは必ずと言っていいほど、

相手にバレてしまいます。

ボロはすぐに出て、それを取り繕うほど、

みじめなものはありません。

 

 

 

 

 

 

【正しい自信】で素直に教えを乞えば、

その学ぼうとする前向きな姿勢が、

 

 

 

相手に何倍も好感をもたれることも、

そして思わぬいい情報も、

得ることができるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

物事は知らないより知っていた方が

カッコいいですし、

 

 

 

誰でも、自分のことを少しでも

よく見せたいもの。

 

 

 

 

だけど知らないことは、少しも恥でなく、

 

これから知っていけばいい、

ただそれだけのことなのです。

 

 

思ったより簡単でしょ♪

 

メルマガ バックナンバー    コメント:4

会議では『スティンザー効果』の裏をかく

読了までの目安時間:約 5分

 

【 加南本舗 Vol.439 】

 

 

 

 

 

仕事をしていると「会議」というものに

参加するという場面もよくあると思うのですが、

 

 

 

会議ではその会議よりも前の

『根回し』が大事になってきます。

 

 

 

 

 

 

あなたが自分の意見を通したいと思えば、

 

 

同じ意見の持ち主と、事前にちょっとした

打ち合わせをしておくのがひとつの手です。

 

 

 

 

 

 

同じ意見の人に自分が発言した直後に、

賛成の意思表示をしてもらうことを

お願いしておけば、

 

 

無用な反論を避けることができます。

 

 

 

 

その際、ただひと言、

「今の○○さんの意見に、私も賛成です」

そう言ってもらうだけで、効果はバツグンです。

 

 

 

 

 

 

心理学に、ある発言のすぐあとに発言する人は、

その発言に対する「反対者」であることが多いという、

 

 

『スティンザー効果』と呼ばれるものがあります。

 

 

 

 

 

 

それの「逆効果」を狙うわけです。

 

 

つまり、あなたの意見のすぐあとに

賛同意見を言ってもらうことで、

 

 

予想される反対者の発言の機会を

奪ってしまうのです。

 

 

 

 

 

 

反対者はあなたの意見を聞きながら、

すぐさま反論しようと躍起になっています。

 

 

 

そこへ絶妙なタイミングで賛同意見が出ては、

発言のタイミングを失ってしまいます。

 

 

 

 

 

 

その上、賛同者によって

あなたの意見が強化されていますから、

 

 

もしそのあとに反論が出ても、

出席者に与える影響は弱まるわけです。

 

 

 

 

 

 

発言直後の賛同意見は、

その発言を二倍にも三倍にも

バックアップするものなのです。

 

 

 

 

 

 

もし仮にあなたにとって

賛同したい意見が出たら、

 

 

 

その直後に賛成意見を言うことで、

会議の流れ自体をコントロールする

ことができるのです。

 

 

 

 

 

 

こんなふうに会議で「策士」

にはならなくとも、無言、無反応は、

会議に貢献していないということ。

 

 

 

ただ黙って座っているのは、

そこに参加している人の時間を

無駄にしているのと同じです。

 

 

 

 

 

 

わからないことがあるなら質問して確認する。

一つひとつの発言にきちんと反応するのは、

参加者としてのエチケットであり、責任です。

 

 

 

「ひと言もなし」は、

会議で一番のルール違反なのです。

 

メルマガ バックナンバー    コメント:2

【3.9デイ】に『ありがとう』の反対を考える

読了までの目安時間:約 5分

 

【 加南本舗 Vol.438 】

 

 

 

 

 

今日はNPO法人HAPPY&THANKSが制定した

【3.9デイ】ありがとうを届ける日です。

 

 

 

カレンダーの日付を見て、

『サンキュー』そうつぶやかれた人が、

たくさんいたのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

『ありがとう』は「有ること」が「難い」

という意味で、

 

本来は「滅多にない」ということ。

 

 

 

 

 

 

だから「ありがとう」の反対は、

 

『あたりまえ』ということになります。

歌は今回、歌いませんよ。話が飛ぶから(笑)

 

 

 

 

 

 

その『あたりまえ』というのは、

 

 

そこにあるのが『あたりまえ』に

なってしまっている、人や物です。

 

 

 

 

 

 

感謝する気持ちをなくしてしまっている

人や物なのです。

 

 

 

「ドキッ!」そう感じたなら、

まだ遅過ぎはしませんよ。

 

 

 

 

 

 

『あたりまえ』と思っていることは、

何もしないことと同じです。

 

 

 

 

 

 

【感謝】の気持ちはその都度、

声に出して伝えましょう。

 

 

 

感謝の気持があっても、

それを言葉や態度で表さなければ、

相手にはわかりません。

 

 

 

これでは感謝していないことと、

同じだとは思いませんか?

 

 

 

 

感謝の気持ちはストレートに、

 

 

『ありがとう』 『助かりました』

のひと言でOKです。

 

 

 

 

 

 

あなたも今まで、

そんな言葉のプレゼントを

たくさんされてきたはずです。

 

 

 

 

 

 

感謝の言葉は、相手にとっても嬉しいもの。

笑顔をもらえると、

あなたも気持ちよく次の仕事ができます。

 

 

 

 

 

 

『あたりまえ』なことに感謝すれば、

それが【有り難い】ことに変わります。

 

 

 

『ありがとう』は、次の『ありがとう』を

連れてくるのです。

 

 

 

 

 

 

【情けは人の為ならず】と言いますが、

人に情をかけると、めぐりめぐって、

 

 

 

自分のもとに返ってくるというのは、

本当なのです。

 

 

 

 

 

いつも私のメルマガを読んでくださって、

ありがとうございます!

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:2

何のために努力をするのか

読了までの目安時間:約 6分

 

【 加南本舗 Vol.437 】

 

 

 

 

休日の今日、ゆっくりお休みになられましたか?

 

あなたがステキな一日をお過ごしだったら嬉しいです。

 

 

 

では明日からの新たな一週間の始まりに、

 

今夜は 『報われない努力』のお話を……

 

 

 

 

 

>> 努力そのものの理解の仕方 <<

 

 

 

 

 

 

『木に縁りて(よりて)魚を求む』

という孟子の言葉があります。

 

 

木に登って水中にすむ魚を探しても

得られない。

 

 

 

 

武力で天下統一を企んだ斉の宣王に、

武力のみで天下を取るのは不可能だと

指摘した言葉で、

 

 

 

 

手段を誤れば、何かを得ようとしても

得られないということを説いています。

 

 

 

 

 

 

私たちが今、ネットビジネスにおいて

努力していること、

 

 

 

それが誤った努力であった場合、

まったくの無駄である場合があるのです。

 

 

 

 

 

 

なぜならビジネスは結果がすべてであり、

努力は評価の対象ではないからです。

 

 

 

 

やみくもに努力を重ねても、

報われない努力は、残念ですが存在します。

 

 

 

 

 

 

そんなとき人は、

「これだけ努力したんです。それだけは

認めてください」などと言ったりします。

 

 

 

 

世の中には『努力賞』なるものがあって、

そういう言われ方をすると、かなりの人が、

その努力を受け入れて頷いてしまいます。

 

 

 

 

 

 

しかし成果をあげない努力は、

無駄な努力でしかないのです。

 

 

 

 

 

 

なぜなら何のために努力をするのかと

考えてみたとき、

 

 

それは【目標を達成するため】だと

気づくはずです。

 

 

 

 

 

 

なのに無駄な努力をしておいて、

それを認めろというのは

いかがなものでしょう。

 

 

 

 

 

 

確かにものすごく頑張った……

 

 

しかしそれを努力した側が

言ってはならないのです。

 

 

 

 

 

 

一生懸命やっても、

成果が出ないこともあるでしょう。

 

 

 

しかし間違った努力であれば、

その方向性を正せば、正しい目的へと

軌道修正することはできるのです。

 

 

 

 

 

 

努力そのものの理解の仕方を、

間違ってしまってはならないのです。

 

 

 

そしてもし誰かに認められたら、

素直に喜んで受ければいいだけなのです。

 

メルマガ バックナンバー    コメント:2

初対面の失敗もこうやって挽回する!

読了までの目安時間:約 7分

 

【 加南本舗 Vol.436 】

 

 

 

 

 

3月に入ると、卒業式や入試の合格発表などの

ニュースをよく耳にするようになり、

 

 

あぁ、またこの春には新しいことに

挑戦する人がたくさん生まれるのだなと、

思ってしまいます。

 

 

 

 

 

 

そうなれば新しい出会いもたくさんある、

ということになりますね。

 

 

 

だけど、初対面の相手に対し、

たまたま調子が悪かったり、極度に緊張して、

好印象を作れないときだってありますよね。

 

 

 

 

すると次に会ったときも緊張してしまい、

失敗を繰り返す……

んー、それでは本来の力が発揮できません。

 

 

 

 

 

 

ここで有効なのが【単純接触の効果】です。

 

 

顔を合わせる回数が多いほど、

親しみも増すという心理学の法則です。

 

 

 

 

 

 

好印象を与えられなかった相手との

商談成立、交渉成功といったことに

すぐには結びつかないかもしれませんが、

 

 

 

あきらめずに顔を出す。

 

 

 

そうすればそのうち相手の方も

親しみがわいてきたりします。

 

 

 

 

 

 

私のメルマガ発行も、

昨日の失敗は今日で挽回!!

 

 

 

そんな気持ちで配信させていただいています。

日々成長して、あなたに有益な情報を

お届けしたいと思っています。

 

 

 

 

 

 

だからあなたも簡単には

あきらめないでくださいね。

 

 

 

「あの人、熱心だね、お茶でも……」

などといった展開になれば、

 

 

 

最初の失敗のマイナス点は、

取り返せたも同然ですから♪

 

 

 

 

 

 

ただし、接触の効果にも

マイナス効果があるので注意が必要です。

 

 

 

第一印象が悪いと、

顔を出せば出すほど、悪い印象が

強められてしまうことがあるのです。

 

 

 

 

このような最初の印象が後まで尾を引く

ケースを、【初頭効果】と言います。

 

 

 

この効果はよくも悪くも、

後々まで強い影響力を持っていきます。

 

 

 

 

 

 

その逆に、新しい情報の方が

強い印象を与え、

イメージが一変することを、

 

 

新しくて近い方が優先するという意味で、

【新近効果】と言います。

 

 

 

 

 

 

最初にうまくいかなかった場合には、

最初のときのことを一切頭から外し、

 

 

 

最初のときとまったく違ったイメージで、

対応に出る方が効果があるのです。

 

 

 

 

 

 

二度目はまったく違った態度で

アプローチする。

 

 

 

それが初対面の失敗から立ち直る

もうひとつのテクニックです。

 

 

 

 

 

 

あなたのよりよい人間関係のために

お役立てくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

春だから、ガラッとイメチェン。

 

 

 

このメルマガでもそういうことを

やってみようと思っています。

 

 

 

読んでいる人だけがトクする企画を

考え中です。

 

 

どうぞお楽しみに!!

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

『BUSINESS BIBLE ”INNOVATION”』

読了までの目安時間:約 3分

 

3-7a

 
【SIRIUSオリジナル自作テンプレート3種類プレゼント】
総収録時70時間・540本の動画講義集!
見るだけでネットビジネスで安定して継続的に稼げる
『真の実力』が身につく!
『BUSINESS BIBLE ”INNOVATION”』【井野瑛太】

 

 

ダウンロードはこちらから

 

 

 

 

 

総収録時70時間・540本の動画講義集
超有料級のこのレポートには、

 

 

ある程度進んだ中級者以上の方への、
■コピーライティング編
■ビジネス心理学編
■ビジネス知識編など、

 

 

そして安定して稼ぎ続けるために重要な、
「マインドセット」・「コピーライティング」
「心理学」などがふんだんに盛り込まれています。

 

 

また、本業が忙しく、作業時間がなかなかとれない
副業の方に対しても、
「残業しないための仕事術」まで、
知りたい内容をすぐさま教えてくれる

 

 

永遠のよきパートナー、

 

『BUSINESS BIBLE ”INNOVATION”』では、

 

稼ぐための『真の実力』が身につきます。

 

 

今回、プレゼントとして付いてくる
【SIRIUSオリジナル自作テンプレート3種類】は、
サイト作成システムSIRIUSとして人気が高く、

 

 

さらにテンプレートや
再配布権(平成27年3月15日までの期間限定)が
もらえる魅力的な特典となっています。

 

 

あなたもぜひ、ご覧になってくださいね。

 

ダウンロードはこちらから

 

 

 

 

 

 

 

今回、この無料レポートを、
【Xam 第15回e-Book大賞】   
に推薦いたしました。

 

3-7

初めての試みです。

こんな感じで投票です。

 

 

 

 

3-6c

 

オススメ無料レポート    コメント:0

説得に応じない【ブーメラン効果】

読了までの目安時間:約 5分

 

【 加南本舗 Vol.435 】

 

 

 

 

 

パソコンなどの買い物をしようとしたとき、

店員が懸命に説得しようとすればするほど、

買う気がなくなった。

 

 

 

などという経験が、

あなたにもありませんか?

 

 

 

 

 

 

これは懸命に売り込もうとすればするほど、

その押し付けがましさが逆効果となり、

受け手の抵抗や反発を招いてしまう、

 

 

【ブーメラン効果】によるものです。

 

 

 

 

 

 

この【ブーメラン効果】が働くのは、

何もヘソ曲がりな人や、あまのじゃくな人に

限ったことではなく、

 

 

 

「他人の思い通りになるものか」といった

抵抗の気持が芽生える仕組みは、

 

 

誰の心、そう、あなたの心にも、

備わったことなのです。

 

 

 

 

 

 

他者が自分をある態度に

導こうとして説得するとき、

 

 

 

その行為や主張などに反発を感じて、

相手の意図とは逆の

態度をとってしまうのです。

 

 

 

 

 

 

さらに説得する側とされる側の立場や、

意見がもともと違う場合はもちろんのこと、

 

 

 

同じ場合にだって【ブーメラン効果】は

あらわれてしまうのです。

 

 

しかも後者の方が、

説得に応じまいとする気持が強くなります。

 

 

 

 

 

 

たとえば、

(勉強したくないな)と思っているときに、

「勉強しなさい」と言われるのと、

 

 

 

(勉強しよう)と思っているときに、

「勉強しろ」と言われるのでは、

 

 

後者の方がより強い心理的反発を、

感じるわけなのです。

 

 

 

 

 

 

んー、このたとえ、子供の頃、

よく感じていました。

 

 

「今、やろうと思ったのに!」

どれほどそう口答えをしたことでしょう。

 

 

 

 

最初から「やる気」もなかったのに、

そう言ってただろって?

 

 

 

・・・あったかもしれません。

だから、こんな大人になりました(反省)

 

 

 

 

 

 

あっ、前述の店員さんのような

過度な押し売り、これもよくないですね。

 

 

私の場合も、あれもこれもお伝えしたいと、

いつもてんこ盛りになってしまいます。

 

 

 

我が身のダイエットと同じく、

時にはスリム化を試みてみますね!

 

メルマガ バックナンバー    コメント:2

メルマガ配信の真実

読了までの目安時間:約 7分

 

【 加南本舗 Vol.434 】

 

 

 

 

 

本日は私が情報配信させていただいています、

【メルマガ】というものについて、

少しお話させていただきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

あなたはもうメルマガというものを、

配信されているのでしょうか?

 

 

 

それとも今、準備中だよと希望に

燃えていらっしゃるのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

メルマガは読者さんとあなたをつなぐ、

【心の架橋】です。

 

 

あなたと私をつないでくれています。

 

 

 

 

 

 

どんなに稼いでいるアフィリエイターさんでも、

企業でも、必ずメルマガを配信しています。

 

 

 

それほどメルマガというものは、

大切な媒体なのです。

 

 

 

 

 

 

そしてメルマガはあなたという、

読者さんで成り立っています。

 

 

 

 

 

 

また、メルマガに限らずブログでもあっても、

他人に認知されていないものは、

 

 

死んでいるも同然です。

 

 

 

 

 

 

世間をいつも悲しい残念な気持ちにさせる

イジメについてたとえるなら、

一番心を痛めるのは「無視」されること。

 

 

 

それがメルマガなどでいう、

他人に認知されないということです。

 

 

 

 

 

 

読者さんの数をキープして浮かれていても、

 

 

 

読まれずに「ゴミ箱」に放り込まれたり、

 

 

あるいは配信されたことさえ気づかれずに、

そのまま「迷惑フォルダ」に

滑り込んでいるかもしれないメルマガ。

 

 

 

 

 

 

それならまだ、『解除』された方がマシなのです。

 

 

少なくとも自分には合わないメルマガだと、

気づいてもらえたのですから。

 

 

 

 

 

【解除はよいこと】

 

 

 

メルマガ発行者になったら、真っ先に

知らなければならない【真実】です。

 

 

 

 

 

 

 

先日、読者様より、お便りをいただきました。

 

 

それはあなたかもしれませんね。

ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

私の拙いメルマガに、

「いつもメールありがとうございます」

その書き出しにより綴られていました。

 

 

その言葉が私の心を優しく包んでくれました。

 

 

 

 

 

 

レポートご紹介号に対するお便りで、

 

 

タイムリーなレポートだと、

じっくり読ませていただきますと、

お便りを結んでいらっしゃいました。

 

 

 

 

 

 

メルマガアフィリエイトは、

紹介業のビジネスです。

 

 

 

お客様のニーズに合ったものをご紹介する。

それによって幸せになっていただく。

 

 

あなたの喜びは、私の喜びなのです。

 

 

 

 

 

 

レポートをご紹介するのも同じことです。

 

 

あなたにとって大切な、

そして行動を与える一冊であることを願っています。

 

 

 

 

 

 

あなたのお役に立てることをいつも念頭に、

 

 

これからも、

あなたの心に届くメルマガを配信していきます。

 

 

 

どうぞ末永く、お付き合いくださいませ。

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

プラスの言葉で『成功の神様』を味方につける

読了までの目安時間:約 4分

 

【 加南本舗 Vol.433 】

 

 

 

 

 

運がいい人の言葉づかいを観察してみると、

自分を卑下することがないのに気がつきます。

 

 

 

そして幸運体質の人は、プラスの言葉をつかっています。

「私はできる」「きっとうまくいくさ」

 

 

 

 

 

 

幸せな人のひとりごとは、

自分を奮い立たせるものばかりです。

 

 

 

一方、いつも弱音ばかりを吐いている人は、

いつまでもクヨクヨと自分を卑下しています。

 

 

 

 

 

 

器でもない大風呂敷を広げるのは

見苦しいものですが、

 

 

必要以上に自分を卑下するのは、

さらに見苦しいことです。

 

 

 

 

 

 

「どうせ、自分なんて……」

こういう卑屈な態度でいたら、

 

 

『成功の神様』は応援してくれません。

 

 

【人は自分が装っている通りの人生を送ります】

 

 

 

幸せを装っていれば、幸せな人生になるし、

卑屈を背負っていれば、そのまま卑しい人生を、

送っていくことになるのです。

 

 

 

 

 

 

自分で自分の器を小さく決めて

卑屈になってしまったら、

 

 

 

人生はそこでストップします。

成功などしようがありません。

 

 

 

 

 

 

確かに世の中には、不公平なことや、

理不尽なことはたくさんあります。

 

 

 

頑張っているあなたにだって、

泣きたくなったり、心折れそうになることも

たくさんあるでしょう。

 

 

 

 

 

 

でもどんなときにだって、

 

 

自分の価値を自分で下げるような

思考回路に入ってはならないのです。

 

 

 

 

 

【卑屈は封印】

 

 

これでいきましょう。

あなたの歩んで行く先は、

きっと違うものになるはずです。

 

 

 

そこでストップなんて、もったいないですよ!

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:2

【テット・フォー・タット作戦】で険悪な人間関係解消

読了までの目安時間:約 5分

 

【 加南本舗 Vol.432 】

 

 

 

 

仕事をしていると、嫌いな、苦手な人とも

一緒に仕事をしなくてはならない場面が

出てきますよね。

 

 

 

あなたはそんなとき、どうしていますか?

 

 

 

 

 

 

心理学の実験では、

【テット・フォー・タット作戦】が、

有効だとされています。

 

 

 

 

 

 

テットもタットも「軽打ち」という意味で、

打ったら打ち返すこと、

 

 

 

やられたらやり返す『売り言葉に買い言葉』

ということになります。

 

 

 

 

 

 

ビジネスで応用するには、

これをいい意味で使うのです。

 

 

協調には協調で応え、

対立には対立で応えるのです。

 

 

 

 

 

 

特に、プラスの方の返報作戦が、

相手を協調的にさせることにおいて

非常に効果的ですので、

 

 

 

相手の好意や協力には、

素早くお返しをすることが大切です。

 

 

 

 

 

 

この【テット・フォー・タット作戦】が

嫌いな相手と仕事をする際に有効なのは、

 

 

 

まず一方的な協調作戦では、

相手側から「弱い」と見なされてしまいます。

 

 

 

 

 

 

人は相手を弱いと見ると、

協調するよりも、むしろ脅して

従わせようとします。

 

 

 

言い換えれば、あまりに無防備で

無条件の協調行動は、かえって相手を強気にし、

威圧的、競争的にしてしまうのです。

 

 

 

 

 

 

一方、最初から強気で行動した場合、

嫌いな人にケンカ腰で挑めば、

 

 

 

相手もまた反発し、対立的、

抗争的に構えるでしょう。

 

 

 

 

 

 

そこで、相手が協力的に行動したときは協力し、

対立的にしたときは対立的にすれば、

 

 

相手も慎重に考えて行動するわけなのです。

 

 

 

 

 

 

 

相手から協調行動を引き出すには、

弱い、堅いと思われないことです。

 

 

 

 

そして相手からは、

「かなり強いが、歩み寄る柔軟性はある」

 

 

 

そう思わせたとき、

一定の緊張をもった協調関係が生まれるのです。

 

 

 

 

 

ぜひ、険悪な人間関係解消に

お役立てください。

 

メルマガ バックナンバー    コメント:2