オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

ミスをしたら即報告、そして「プラスα」

読了までの目安時間:約 4分

 

【 加南本舗 Vol.459 】

 

 

 

 

 

週の初めはバタバタとして、

その忙しさについミスをしてしまった。

 

 

そんな経験、あなたにはありませんか?

 

 

 

 

 

 

失敗したら即、報告。

 

 

事実を伝えて本気で謝罪する。

隠す、ごまかすは、もってのほかです。

 

 

 

 

 

 

そして失敗で作ったマイナスの状態は、

「ゼロ」に戻しただけでは挽回とは言えません。

 

 

 

できる限りの「プラスα」を差し出す。

問題そのものに手を打つ、その上で、

相手の次の仕事を考えながら、

プラスになるものを用意するのです。

 

 

 

 

たとえば、本日15時までの納品が遅れた場合、

「なんとか本日中に」は、ゼロに戻しただけ。

 

 

代替え品や原因を調べて対策などをとれば、

やっとプラスαとなるのです。

 

 

 

 

それが次をつなげる仕事として

相手の役に立てば、

 

 

「ミスはあったけど、ここまでしてくれた」

と受け止めてもらえるかもしれないのです。

 

 

 

 

 

 

とは言っても、まずは怒られることを覚悟

しなければなりません。

 

 

 

そんなときには、

「切腹してお詫び申し上げる……」

そのくらいの「落ち込み」を演出しましょう。

 

 

 

 

 

 

その際の反省をしている顔の作り方は、

奥歯を強く噛むこと。無表情の顔が作れます。

 

 

そうすれば、「何をヘラヘラしてるんだ」

と火に油を注ぐような事態からも逃れられます。

 

 

 

 

そしてうつむいたまま、

足元の床や地面を見つめていれば、

 

 

相手は反省してると思って、

それ以上は怒られなくてすむでしょう。

 

 

 

 

 

 

叱られるということは、

まだあなたは期待されているということ。

 

 

叱ってくれる人がいるだけでも感謝なのです。

「プラスα」で、頑張っていきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:4