オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

インフォーマルな関係を構築するアフター5

読了までの目安時間:約 6分

 

【 加南本舗 Vol.448 】

 

 

 

 

 

アフター5の飲み会などで、

「会社で仕事をしているときは冷たい感じの

人だと思ったのに、実は笑い上戸だったんだ」

 

 

と『意外な発見』をしたという話をよく聞きます。

 

 

 

 

 

 

人は仕事のようにフォーマルな関係では、

 

 

失敗がないように自己を抑えて緊張し、

身構えているものです。

 

 

 

 

 

 

しかし仕事の場を離れ、

相手が身内だと思えばリラックスし、

 

 

安心して本来の自分を出して付き合えます。

 

 

 

 

 

 

社会心理学ではこのような、

身内と感じる人との関係を、

 

 

 

【インフォーマル(非公式的)な関係】と言います。

 

 

 

 

長く続いている飲み友達などは、

インフォーマル・グループの典型です。

 

 

 

 

 

 

このインフォーマルな関係では、

お互いの感情が付き合いの中心になります。

 

 

 

ですから人は、このインフォーマルな

付き合いのなかで親しくなったり、

好意を抱いたりしやすいのです。

 

 

 

 

 

 

会社の組織に業務上の「命令系統」という

オモテの関係があるのに対して、

 

 

 

会社にはインフォーマル・グループという

ウラの人間関係があります。

 

 

 

 

 

 

人は感情の動物ですから、このような

インフォーマルな関係は重要ですし、

 

 

 

ときにはこの関係がオモテの関係に影響し、

それを動かすこともあるのです。

 

 

 

 

 

 

そして覚えておきたいのが、

その飲み会などや世間話をしているときでも、

 

 

 

仕事と同じ感覚で、

『話の整理』をしたがる人がいます。

 

 

 

 

 

 

相手に的確に情報を伝えるべき

「ビジネス会話」と、

 

 

 

一緒にいると楽しい時間を過ごす

「日常会話」の区別がつけられず、

 

 

頭の切り替えができていないのです。

 

 

 

 

 

 

そんなときの会話はむしろ、

整理しようとしない方が楽しいのです。

 

 

 

 

コミュニケーションのベースは、

『感じる』ことです。

 

 

 

そして大事な話よりよけいな話の方が、

印象に残りやすいのです。

 

 

 

 

 

 

必要なことだけを話していても

会話は成立しますが、楽しいと思える会話には、

 

 

『必要でないこと』がオマケで話されています。

 

 

 

 

オンとオフの使い分けができると、

会話は面白く流れていくものなのです。

 

 

印象に残りやすい話をしてみませんか?

 

メルマガ バックナンバー    コメント:4