オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

冷静沈着に本質を見るクセをつける

読了までの目安時間:約 5分

 

【 加南本舗 Vol.442 】

 

 

 

 

 

どんなに慎重にビジネスに臨んでいても、

さまざまな危機的状況は起こります。

 

 

 

そんな危機的状況から冷静な判断で

抜け出すことができるか、

パニックに陥り本当の危機にしてしまうか、

 

 

 

その人の資質が大きく問われるところです。

 

 

 

 

 

 

あなたの周りにも、何かあるたびに

いちいちパニックになって、

問題をかえって大きくしてしまう

迷惑な人がいるのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

パニックに陥っている本人は、

問題に対して誰よりも真剣に

対処しているつもりなのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

しかしそういう人は、

問題の本質を見ていないから、

 

 

 

表面の現象だけで振り回され、

いつまでたっても同じような対応しかできません。

 

 

 

 

 

 

たとえば机の上に置いたと思っていた

書類がなかったとしたら、

 

 

 

とにかく身の回りを「自分がなくした」

という前提で探しますよね。

 

 

 

 

 

 

ところがパニックに陥りやすい人は、

机の周りをちょっと探しただけで、

 

 

 

「机の上に置いた書類がない!」

と大声で叫び、大騒ぎをします。

 

 

 

 

 

 

この言動は「誰か持って行ったでしょう!」

と周りに聞こえてしまうことにもなりかねません。

 

 

 

もちろん誰かのせいにしたいわけではないでしょうが、

そう聞こえるのです。

 

 

 

 

 

 

そしてさんざん大騒ぎした結果、

カバンの中などから出てきて、

「ああよかった」の一言で終わりです。

 

 

 

周りの人は何か「疑われ損」をしたような、

やりきれないものが残ります。

 

 

 

 

 

 

これとは逆に、素直に協力を求める人がいます。

書類がなくなった例で言えば、

 

 

 

「自分がなくした」という前提は崩しません。

人は、自分のミスを告白している人には、

冷たい視線は向けにくいものです。

 

 

 

 

 

 

困ったときの態度ほど、

人は嫌われたり、好かれたりするものです。

 

 

 

冷静沈着に本質を見る。

このクセをつけることでビジネスでの危機も、

有利に乗り切っていきましょう。

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:2