オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

理想をそのままのゴールにするシュミレーション

読了までの目安時間:約 4分

 

【 加南本舗 Vol.418 】

 

 

 

 

「こうなるかもしれない」と、

なってほしくない嫌な場面を想像すると、

それが現実になってしまう……

 

 

あなたも経験したことはないですか?

 

 

 

 

 

 

特に悪い予感はなぜか当たってしまうものです。

 

 

こうなったら占い師にでもなってやろうかしら、

そんなふうに思ってしまいます。

 

 

 

 

 

 

私の場合、

この高さのヒールで走ったら、

転ぶかもしれない……

 

 

見事、転んじゃいましたぁ(号泣)

 

 

 

 

 

 

 

 

私たちは仕事にしろ、恋愛にしろ、

『こうなったらいいな』

 

 

という理想のゴールを持っています。

 

 

 

 

 

 

だったらそこにたどり着く道筋を

いつもシミュレーションしましょう。

 

 

 

「こうしたい!」と思い描けば、

今度はいいことが現実になるのです!

 

 

 

 

 

 

ところが、

「そんなうまくいくはずがない」と、

そこに少しでも疑いの余地が生じると、

あの悪い予感が見事的中するようになってしまい、

 

 

 

「自分はやっぱりダメなんだ」と、

人は自信を失っていくのです。

 

 

 

 

 

 

本当は、ミスが出たから

自信をなくしているのではなく、

 

 

 

自信を持てずにいるからこそ、

ミスを呼び込んでいるだけなのです。

 

 

 

 

 

 

そうならないために、

理想のゴールへのシミュレーションが

大切なのです。

 

 

 

 

「あの水たまりは飛び越えられる!!」

 

 

あなたは見事、

きれいな着地をしているはずですよ!

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

視線でもコミュニケーション

読了までの目安時間:約 6分

 

【 加南本舗 Vol.417 】

 

 

 

一般的に、

「人と話すときは相手の目を見なさい」

と言われていますよね。

 

 

 

しかし、見つめすぎることは、

逆に失礼にあたることもあります。

 

 

 

 

 

 

じっと人の目を見ながら話す人は、

人を糾弾するタイプの人で、

 

 

 

「ちゃんと俺の目を見て答えろ!」

なんて言います。

 

 

 

 

 

 

また、上目づかいの甘えたしぐさで、

男性の目をじっと見て話す女性や、

笑顔で女性の顔をのぞき込むように見る男性。

 

 

 

彼らの場合は、好意をもってほしい、

じっと見ていたいなどという愛情によって、

目が離せないのです。

 

 

 

 

 

 

いずれにせよ、受け取る印象はさまざまですが、

どんな方法であれ、

 

 

 

『訴えることがある』という点では同じで、

コミュニケーション欲求が強いとも言えます。

 

 

 

 

 

視線を合わせるということは、

気持ちも合わせようとする行為でもあるのです。

 

 

 

 

ですから、にらみつけて、

「こっちを見ろ!」というのは、

「俺の気持ちになってみろ」であり、

 

 

 

「ねぇ、こっちを向いて」というのは、

「私の気持ちをわかって」なのです。

 

 

 

 

 

 

怒ったり、恋をしたりという、

感情が高まったときというのは、

 

 

 

人の心が見えやすく、合わせる視線が、

そのまましぐさとなって表れてしまうのです。

 

 

 

 

 

 

では、パソコンに向かっていた上司に、

部下が書類のチェックを頼んできたシーンで、

 

 

 

あなたが上司なら一瞬でもパソコンから目を離し、

部下と視線を合わせるでしょうか、

それとも画面を見たまま返事をするでしょうか。

 

 

 

 

 

 

どちらを選ぶかで部下の感じ方は

大きく変わりますが、

どちらがいいのかも明白です。

 

 

 

 

 

 

目を見て話した方が気持ちがいいと

わかっているのに、それができないのは、

 

 

 

コミュニケーション力が欠落しているか、

相手に対する思いやりがないからです。

 

 

 

 

 

 

逆に仕事の指示をする際も、

よそ見をしながら「これ、やっといて」と、

机の上に書類をポンと置くよりかは、

 

 

 

やって当然の仕事でも、

相手の顔を見て頼む方が品格が出ます。

 

 

 

 

 

 

喜んで自分の指示に従わせようとすること、

そういう態度の方が仕事はトラブルもなく、

スムーズに進むのではないでしょうか。

 

 

 

 

気持ちのこもった視線の合わせ方、

もう一度、考えてみてはいかがでしょう。

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

逆手にとれば不公平も公平に変わる

読了までの目安時間:約 5分

 

 

 

 

 

 

休日の今日、ゆっくりお休みになられましたか。

 

あなたがステキな一日をお過ごしだったら嬉しいです。

 

 

 

 

では明日からの新たな一週間の始まりに、

 

今夜は『悔しいと思う気持ちも大切にする』お話を……

 

 

 

 

 

 

>> 世の中の不公平をチャンスに変える <<

 

 

 

 

 

つらい状況にあるとき、

行き交う人がみんな幸せそうに見えてくる。

 

 

 

 

「なぜ自分だけが……」

そう思うと余計惨めさが増してくる。

 

 

 

などという経験は誰にでもあるのでは

ないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

私たちは『平等』、『公平』の世の中を

生きています。

 

 

 

しかし現実のそれは『平等』でもなければ、

『公平』でもないようです。

 

 

 

 

 

 

建前としてはそうなっていますが、

皆が感じているのは、

 

 

 

「不平等」と「不公平」がまかり通っている。

それが現実ではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

しかしそれを憤ることをするよりは、

人間社会とはその程度のものだと、

受け入れた方がはるかに建設的

かもしれません。

 

 

 

 

 

 

なぜならその不平等、不公平は

【結果】に対するものであって、

 

 

 

【機会】においてはどこまでも

平等、公平であるからです。

 

 

 

チャンスは誰にだって訪れます。

 

 

 

 

 

 

苦しく、つらい状況であるときに、

 

 

「ここでくじけたら笑い者になる。

絶対見返してやろう」

そう思うのもいいでしょう。

 

 

 

「悔しい思いをしたからこそ、

ネットビジネスの道を選んだ」

という人もいるでしょう。

 

 

 

 

 

 

しかしそれらの思いも

後で振り返ってみると、

 

 

 

むしろ感謝したいという気持ちの方が

強くなっているはずです。

 

 

 

 

 

 

だって頑張るエネルギーをくれたのは、

そういう人たちや、きっかけだからです。

 

 

 

 

 

 

そして本当にあなたを

強く突き動かした原動力の根底にあったのは、

 

 

 

「幸せになりたい」

「大切な人を幸せにしてあげたい」

という思いだったのではないでしょうか。

 

 

 

どうぞそのチャンスをつかんでください。

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

【ハインリッヒの法則】を成功法則に変える

読了までの目安時間:約 5分

 

【 加南本舗 Vol.415 】

 

 

 

 

 

人は失敗が嫌いです。

だから、失敗しても現実を直視することを

避けてしまいます。

 

 

 

 

 

 

しかし失敗に強くなるということは、

『成功の法則』を知ることでもあります。

 

 

 

その失敗には【ハインリッヒの法則】

というものがあります。

 

 

 

 

 

 

アメリカのハインリッヒ氏が労災事故の

発生確率を調査したもので、

 

 

 

1件の大きな事故、災害の裏には、

29件の軽微な事故、災害、そして300件の

事故には至らなかったものの、

ヒヤリ、ハッとした事例、『ヒヤリハット』が

あるとされるものです。

 

 

 

 

 

 

重大災害の防止のためには、

その発生が予測された『ヒヤリハット』の段階で、

対処していくことが必要であると説かれています。

 

 

 

 

 

 

まさに受験の失敗とか、離婚とか、

明白な失敗を繰り返さないためには、

 

 

 

前触れ的に小さな失敗が積み重なって、

大きな失敗になっていくというメカニズムを、

知っておいた方がよさそうです。

 

 

 

 

 

 

そして失敗には、

『よい失敗』『悪い失敗』があります。

 

 

 

 

『よい失敗』とは、未知の分野に挑戦して、

 

敗れるようなケースを言い、

【発明】【発見】などはその典型例で、

 

 

要するにチャレンジ精神で取り組んだ

失敗なら胸を張ってよいということなのです。

 

 

 

 

 

逆に、『悪い失敗』とは、

 

 

わかりきったことをしないで、

みすみす陥るような失敗、

避ければ避けられることを怠って、

招くような失敗だと言えます。

 

 

 

 

確かに私たちはこの種の失敗を

繰り返すことが多いのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

ただ、失敗を恐れて消極的になるのでは

何もできないし、

何かをすれば失敗の可能性がある……

 

 

 

 

この相反する推論をいかに乗り越えていくか、

そこに『成功』というものがあるのかもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

【勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし】

という言葉があります。

 

 

 

 

偶然や幸運に恵まれて成功することはあるが、

失敗はなるべくしてなる。

 

 

 

成功は人知が及ばない部分があるが、

失敗は避けられるということです。

 

 

 

 

 

 

『悪い失敗』は繰り返さない、

だけど『よい失敗』は、どんどんしてみませんか。

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

ザ・ローンチ

読了までの目安時間:約 4分

 

2-14a

ザ・ローンチ

 

 

 

 
【プロダクトローンチ】というのは、
インターネットを使って短期間で
爆発的に売上をあげるための販売手法です。

 

 

 

 

 

商品、サービスを問わず、
何でも売れる秘密の方程式【ローンチ】

その威力は衰えることはありません。

 

 

 

もちろん時代に応じて戦術の変化は必要ですが、
売れるマーケティング手法の方程式です。
つまり誰でも再現可能な売るための
テンプレートなのです。

 

 

 

 

 

ビジネスがどんな分野だとしても、
【ローンチ】を使って成功をおさめることができます。
【ローンチ】を通じて見込み客の本当の問題が
わかるようになります。

 

 

 

 

 

さまざまなマーケティング手法の方程式があり、
お金がなくてもゼロから始められる
【シードローンチ】もあるので、

 

資金繰りにも困らず、スタートダッシュが上手く切れ、
起業や新規ビジネスを新たに立ち上げたい人にも最適。

 

 

 

 

 

 

 

この秘密の方程式を知れば、

 

 

■なぜ、あなたのビジネスで
売上を上げることが出来ないのか?

 

 

■どうすれば、あなたのビジネスで
効率的に売上を上げれるようになるか?

 

 

その正体がわかります。
それが分かれば、

 

あなたは必要に応じてお金を稼げるようになるのです。

 

 

 

 

 
この本の目的は、【ビジネスを構築】することです。
しかも、あっという間に。

 

 

 

すでにビジネスを手がけている人にとっても、
起業したくてうずうずしている人にとっても、
飛躍するためのレシピとなることでしょう。

 

 

 

 

☆゚+. 著者紹介 ゚+.☆

 

ジェフ・ウォーカー (Jeff Walker)

 

オンラインセールスをまさに一変させた人物
起業家育成ならびにマーケティング指導を手がけ
世界トップの仲間入りを果たしている

 

 

 

『ザ・ローンチ』

 
販売条件:90日間返金保証
送  料:無料

 

 

オススメ書籍    コメント:0

【肯定的な意味】で伝える

読了までの目安時間:約 4分

 

【 加南本舗 Vol.414 】

 

 

 

 

『人生山あり谷あり』ですね。

これは「山」だから、「谷」だからと、

幸か不幸かで考えると主観的になりますが、

 

 

 

人生にはいろいろな局面があり、

それはすべて物事の受け止め方である

ということのようです。

 

 

 

それでも誰しも悩んだり、落ち込んだりと、

ネガティブになることはあるものですよね。

 

 

 

 

 

 

そんなとき、『そばにいてほしい人』

といわれるテクニックがあったら……

 

 

 

 

使ってみたいでしょう?

とくに明日はバレンタインデーです。

 

 

 

大切なあの人にそう思われるように、

ちょっとした工夫を

あなた自身にしてみませんか?

 

 

 

 

 

 

たとえば彼女から、

「私、毅然とした態度で意見を言えないの」

と言われたとします。

 

 

 

あなたにはそれが彼女の長所

だと思えるのですが、それをうまく

【肯定的】に言い換えてあげればいいのです。

 

 

 

 

 

 

彼女へのこたえには、

「あなたのその柔らかい物腰に、

ほっとして落ち着く人もいるよ」

などと言い返してあげてはどうでしょう。

 

 

 

 

 

 

相手の行動の選択肢が増えたり、

自分の新たな魅力に気づく……

 

 

 

そんなきっかけをつくる働きがけを

してあげるのです。

 

 

 

 

 

 

 

物事には表の面と裏の面と両方があり、

どんなときも【肯定的な意味】に

とらえることができます。

 

 

 

 

 

 

あなたに【肯定的な意味】をとらえる

ハートさえあれば、

 

 

 

いつでも相手が見えていない、

その人の側面を見せてあげられるのです。

 

 

 

 

 

 

それが『そばにいてほしい人』、

『また会いたい人』であること、

ではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

あなたとあなたの大切な人へ、

Happy Valentine’s Day!

 

幸せなその日をお過ごしください。

 

 

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:2

群集心理と同調行動

読了までの目安時間:約 6分

 

【 加南本舗 Vol.413 】

 

 

 

 

突然ですが、路上で人だかりができて、

全員が近くのビルを見上げていたら、

あなたはどうしますか?

 

 

 

 

 

 

よほど急いでいない限り、

同じようにビルを見上げるのではないでしょうか。

 

 

 

そういう人は多いはずで、その人だかりは

次第に増えていくに違いありません。

 

 

 

 

 

 

これがいわゆる『やじうま』の心理で、

何かあったときに無視してやり過ごせない

心理が働くためです。

 

 

 

 

 

 

これは【群集心理】の一種でもあり、

周りの人の行動につられて、

つい同じような行動をとってしまうのです。

 

 

 

このように周囲の人と同じような

行動をとることを【同調】と言います。

 

 

 

 

 

 

【同調】の根底には、

他の人と異なる行動をとることへの不安、

そうしないと周りから拒否されるのではないか、

自分ひとりだけ取り残されてしまうのではないか、

という心理があります。

 

 

 

また自分に対する自信のなさや、

情報不足なども同調行動の原因と考えられています。

 

 

 

 

 

 

つまり、人が他人の行動につられて

ビルを見上げてしまうのは、

「どうして見上げているのだろう?」

 

 

 

という情報不足の状態を解消しようとする

同調行動にほかならないのです。

 

 

 

 

 

 

街頭販売などで、よくサクラが使われたり、

呼び込みで人だかりをつくろうとしたりするのは、

このやじうま心理と同調行動を狙っているわけなのです。

 

 

 

 

 

 

 

さて、私のレポート紹介の昼号メルマガでも、

『たくさんの方がダウンロードしています』

と付け加えたら、クリックしてほしい気持ち、

同調行動への期待もあるのですが、

 

 

 

 

 

 

実際には【クリック解析】を使って

数字を見ながらお勧めしています。

『いいものはいち早くあなたにお勧めしたい!』

 

 

 

これは私の本心です。

これからもあなたにお勧めするレポートには、

ご注目くださいね。

 

 

 

 

 

 

【クリック解析】とは、

メルマガ配信スタンドによっては、

付属しているものもありますが、

ツールを使って『クリック率』を割り出したものです。

 

 

 

 

 

■クリック率

メールの中にあるURLをクリックされた割合を表します。

【クリック率(%)={クリック数/(配信数-エラー数)}×100】

 

 

 

クリック率は、正確に数値を測ることができますので、

反応を見るのに適しています。

 

 

 

クリック率は非常に重要な数値となりますので、

メルマガ発行者は必ず毎回測っているんですよ。

 

 

 

 

 

 

そして、ときにはこんな反応も……

 

 

☆彡今日のメルマガが役立った、面白かった、

と思われたら、クリックしてくださいね。

 

https://kanann611.com/wp-content/uploads/2015/02/2015.jpg

 

 

さぁ、どうでしょう。クリック率が楽しみです♪

 

メルマガ バックナンバー    コメント:2

メルマガ発行の労力と時給換算

読了までの目安時間:約 3分

 

メルマガというものは、

 

たとえ読者さんが1人でも、

あるいは数万人いたとしても、

 

 

行う作業や文章構成に使う労力は、

まったく変わりません。

 

 

 

 

 

1本のメルマガを執筆するのに、

1時間かかるとして、

 

 

その読者数が何万人になったとしても、

その1時間は1時間のままなのです。

 

 

 

 

 

労力と報酬の相関を見るときに、

もっともわかりやすい単位が『時給』ですが、

 

 

 

まったく同じ労力なのに対し、

報酬に関しては、読者さんの数に応じて、

大きく変わってきます。

 

 

 

 

例えば、

100人のメルマガ読者さんがいて、

毎月報酬を1万円あげたとすると、

 

 

 

週1回の休日を挟み、月の労働日数が25日、

1日1時間の労働をしたとして、

時給400円となります。

この金額は大きくはありません。

 

 

 

 

 

ところが、

読者さんの数が1000人になったとしたら……

 

 

単純に労働時間は変わりませんが、

報酬が10倍になるということで、

時給4000円になります。

 

 

 

に、読者さんの数が増えれば

報酬も大きくなるので、

どんどんと時給は上がっていくことになります。

 

 

 

れだけ効率的にお金を稼ぐことが出来るビジネスが、

メルマガ発行には付随してくるのです。

 

 

ネットビジネス    コメント:0

【アイドマの法則】を活かすためにプライドをもつ

読了までの目安時間:約 5分

 

【 加南本舗 Vol.412 】

 

 

 

 

消費者の購買決定心理として、

【アイドマの法則】というものがあります。

 

 

 

認知の段階

・Attention(注意)

 

 

 

感情の段階

・Interest(関心・興味)

・Desire(欲望)

・Memory(記憶)

 

 

 

行動の段階

・Action(行動)

 

 

 

 

それぞれの頭文字をとって

『AIDMA(アイドマ)』というのですが、

 

 

それを上手に活かす方法があります。

 

 

 

 

 

 

それはお客の要求に対して、

「それは出来ません!」

「それは無理です!」

と、あえて断ることです。

 

 

 

 

 

 

一生懸命サービスに努めれば、

お客は感謝してくれると思いがちですが、

それは逆なのです。

 

 

 

 

 

 

「お客様は神様」

「顧客満足度ナンバーワン」

そんなスローガンに毒されてしまい、

 

 

お客のわがままに振り回されては

ならないのです。

 

 

 

 

 

 

お客は自分の言いなりになる、

プライドのない営業マンを軽んじます。

 

 

 

 

 

逆に、お客のわがままな要望に従わず、

自信ある態度で、

 

 

 

「それは無理です。買っていただかなくて結構です」

などと言われると、

 

 

 

 

 

 

アイドマの『注意』が働き、次に

「なぜ、そこまで強気なのだろう」

「売れているから強気なのか」

 

 

 

などと、逆に『関心や興味』が膨らみ、

手に入れたいという『欲望』につながるのです。

 

 

 

 

 

 

また自信ある態度は、

正直に真摯な態度で臨んでいるように思え、

誠実な人格の印象を与えます。

 

 

 

 

 

 

あなただってそうだと思いますが、

誰しも、正直な人、優秀な人から、

価値があり、売れている商品を買いたいのです。

 

 

 

 

 

 

プライドをもつべきところには、

ビシッ!っと。

 

 

こういうメリハリも大切ですよ。

どうぞ、お試しください。

 

 

 

 

もちろん、第一声が「出来ません!」では、

デキないやつ、使えないなって

思われてしまいますので、ご注意を。

 

メルマガ バックナンバー    コメント:2

メルマガアフィリエイトによる仕組みとメリット

読了までの目安時間:約 3分

 

 

メルマガによるアフィリエイトの『仕組み』は、

 

読者を増やす⇒読者と信頼関係を深める

⇒読者に登録 or購入してもらう

 

と、いたってシンプルで、

たったこれだけのことで報酬が生まれます。

 

 

 

 

アフィリエイトの大きな『メリット』は、

 

自分自身で商品を持っている必要が無いので、

商品の開発に時間がかからず、

消費者のニーズに合った商品を

【紹介】すればいいだけです。

 

 

 

 

 

報酬をどんどん右肩上がりにしていこうと思えば、

・『精読率を上げる』

・『読者を増やす』

という工夫が必要になってきます。

 

 

 

 

 

特に精読率という単語に注目してください。

 

 

極端な例ですが、精読率100%なら、

たった100名のメルマガ読者さんであっても、

精読者は100人になります。

報酬単価が1000円だとすれば。

それだけで10万円になる計算です。

 

 

 

しかし逆に、

精読率が1%に満たない場合は、

同じ報酬単価であったとしても、

10万円稼ぎ出すには1万人の読者さんを

集めなければならないことになります。

 

 

 

そう考えると、この『精読率』と『読者数』は、

どちらもおろそかにできません。

 

 

 

 

 

メルマガアフィリエイトの鉄則は、

 

【精読率を上げ、さらに読者さんを増やしていく】

ことなのです。

 

 

 

 

特に『精読率』はおろそかにできません。

内容がつまらないものであれば、

読まれないメルマガとなり、

読者数も減っていくということになるからです。

 

 

 

 

ネットビジネス    コメント:0