オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

【フィードバック】信頼される自分であるために

読了までの目安時間:約 5分

 

【 加南本舗 Vol.422 】

 

 

 

 

相手によって言うことや行動が

コロコロ変わる人がいますよね。

 

 

 

 

 

節操がない人のように思えますが、

 

 

こういう人は自分が誰といるか、

自分は今、どうしたらよいかを、

常に客観的にとらえています。

 

 

 

 

 

 

自分の主張や考えを優先させるのではなく、

相手との関係における自分を優先させる、

 

いわゆる『八方美人』と言われる人です。

 

 

 

 

 

このような人は【セルフモニタリング】が高く、

 

 

いつも自分の姿をモニターで見ながら

コントロールしている人なのです。

 

 

 

 

 

 

一見、みんなから好かれる行動

のように見えますが、

 

 

 

何を考えているのか理解しがたい人間、

カメレオンのようにコロコロ変わる

人間だと思われがちです。

 

 

 

 

 

 

ただ、こういう人は器用な一面も

あわせ持っています。

 

 

 

他人が悲しんでいれば自分も悲しんで

見せられますし、

 

 

つまらなくても楽しそうに

振舞うこともできるのです。

 

 

 

 

 

 

それがバレなければいいのですが、

相手にわかってしまえば信頼をなくすことも。

 

 

 

自己を客観的に見せるセルフモニタリングも

度が過ぎれば、人間関係の上で

逆に支障をきたすこともあるようですね。

 

 

 

 

 

 

また、自分の方から性格を分析して、

「私はこんなタイプの人間です」という

自己分析のことを、

 

 

【自己概念】あるいは【自画像】と言い、

他人についてどう思っているかを、

【他己概念】あるいは【他画像】と言います。

 

 

 

多くの人は、【自画像】と【他画像】の間に

ズレがあるものです。

 

 

 

 

 

 

このズレを直すためには、

 

 

周囲の人に自分はどのように

見られているか、実際に聞いてみて

アドバイスをもらう方法があります。

 

 

 

 

 

【フィードバック】と呼ばれるもので、

このアドバイスを活用すれば、

 

 

 

他人からどのような人間だと思われているか、

客観的な意見が聞けるので、

人間関係がもっとうまくいきます。

 

 

 

 

 

 

カメレオンのようだ?

 

 

んー、バレバレだったのですか!

と、ならないように、

 

 

 

 

人から信頼されるという大切さを、

忘れないでいましょうね♪

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:2