オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

主導権の逆転

読了までの目安時間:約 5分

 

【 加南本舗 Vol.410 】

 

 

 

 

交渉事は『お願いする側』の立場の方が、

圧倒的に弱いものです。

 

 

「そこをなんとか」などと、

頭を下げて頼むのだから当然ですね。

 

 

 

 

 

 

交渉事で主導権を握り、

こちらが有利に立ちたいときには、

 

 

 

できるだけ早く『お願いする側』から、

『お願いされる側』に回ることが大切です。

 

 

 

 

 

 

そうすれば、

相手はこちらの思うがままに誘導されて、

『イエス』と言わざるを得なくなるからです。

 

 

 

 

 

これをうまく利用しているのが、

結婚詐欺師です。

 

 

 

 

 

彼らはまずカッコいい職業を名乗ったり、

資産家を装って、

結婚願望のある異性に近づきます。

 

 

 

こんな職業の人なら、収入もよさそう、

イメージがステキなどと思わせて、

相手の虚栄心をくすぐります。

 

 

 

 

 

 

そして、こんな人と結婚できるならと、

相手にお願いされるどころか、

 

 

こちらからお願いしたい!

ということになるのです。

 

 

 

 

 

 

詐欺師の方から騙す相手に、

お願いの立場で近づくのですが、

 

 

 

またたく間に相手の方から

結婚をお願いされる立場に、

逆転してしまいます。

 

 

 

 

 

 

そうこうしているうちに、

結婚をエサに金品を巻き上げたら

ドロンと消える。

 

 

 

 

 

 

鮮やかすぎて、被害者の中には

騙されたとわかった後でも

恨むことをしない人や、

 

 

 

騙されたという意識さえ

抱かせずに仕事を完結させていた

例もあるようです。

 

 

 

 

 

 

ビジネスでは『お願いする側』の者が、

 

 

途中で『お願いされる側』の人からの

【要望】をきいてあげることがポイントです。

 

 

 

 

 

 

そして『お願いされる側』の人が

 

【要望】を口にしたその瞬間から、

立場は逆転していくわけです。

 

 

 

 

 

 

いろいろな場面で試せるテクニックです。

 

 

あなたも主導権の逆転を、

どうぞ味わってみてくださいね。

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0