オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

【ランチョンテクニック】で親しさを増す

読了までの目安時間:約 5分

 

【 加南本舗 Vol.405 】

 

 

 

 

好きな女性や取引先の相手と親しくなりたかったら、

食事や酒席に誘ってみましょう。

 

 

これは【ランチョンテクニック】と呼ばれるもので、

 

 

 

 

 

 

 

人にとって美味しいものやステキな雰囲気を

味わっている時は快楽です。

そして気分がいいので対立を避け、

否定的でありたくないという心理が働くのです。

 

 

 

 

 

 

ですから交渉事は、食事をしながらの席ですると、

要求やお願いにノーと言いにくくなり、

イエスの承諾をもらいやすくなるのです。

 

 

 

 

 

そしてそこにはふたつの異なる対象物が

心の中で結びついてしまうという、

 

 

連合の原理】という無意識の心理作用

も働いています。

 

 

 

 

 

 

美味しい食事と相手の人柄が結びつくと、

相手に好感をもってしまいます。

 

 

 

さらにその楽しい雰囲気があると、

相手のお願い事も好ましいものに

思えてしまうのです。

 

 

それは無意識に心に浸透していきますから、

いつの間にか抗いがたい心理を形成させられます。

 

 

 

 

 

 

 

また、食事よりもっと軽いもの、

お茶をする場合、

 

 

人はさほど親しくない相手だと、

コーヒーや紅茶といった簡単で

無難な飲み物をオーダーします。

 

 

 

 

 

 

これは親しくない相手と何を飲んでも

たいして味がわからないといった気持ちが、

働いているためです。

 

 

 

 

 

目の前の相手とは話をするだけだから、

美味しいものや凝ったドリンクを注文して楽しむ

必要はないと無意識のうちに判断しているのです。

 

 

 

 

 

 

このことから、気になる女性と喫茶店に入ったとき、

相手女性がメニューも見ずに

「ホットひとつ」などと注文したら、

まったく打ち解けてもらえないと解釈できるわけです。

 

 

 

 

 

 

反対に相手女性がメニューを吟味したうえで

おもむろにケーキを頼んだりするようなら、

かなり親密な感情を抱いてくれていると

考えてもよさそうです。

 

 

 

 

 

 

ケーキというのは「ちょっとした食事」

という意味があり、特に女性の場合、

親しい人間と一緒でない限り

まず注文しようと思わないからです。

 

 

 

 

 

 

これを自ら注文するというのは、

かなり心を許してくれていると

考えられるのです。

 

 

 

 

 

だったらこの心理を逆手にとって、

相手女性にこちらから

 

 

 

「ケーキでもどう?」とすすめると、

警戒心を解いてもらえる効果が期待できますよ。

 

 

どうぞお試しください、ファイト!!

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

メルマガをまず数字で考える【読者数】【報酬単価】

読了までの目安時間:約 3分

 

■読者数

 

読者数は、あなたのメルマガを読んでくださっている、

読者さんの数ですが、

 

たとえ読んでもらっていなかったとしても数に含みます。

 

 

 

メルマガ登録している人がきちんと読んでいる人の割合は、

精読率(開封率やクリック率)で判断します。

 

 

 

読者数を増やせば、仮に同じ精読率だとしても、

報酬が増えるということが、

計算式にも当てはめてみても分かります。

 

 

 

精読率が10%だったとして、

読者数が100人なら精読している人が10人。

読者数を1000人まで増やせば、

精読している人が100人になるということです。

 

 

 

 

 

 

■報酬単価

 

ひとつ売れるたびにあなたへ支払われる報酬の金額で

 

 

無料オファーなどでは、1件あたり300~800円、

有料の商材でしたら、1件あたり千円~数千円になります。

 

 

あくまで単価なので、ひとつ売れるごと、

もしくは1人登録するごとに入る報酬になります。

 

 

 

たとえば、100人の精読してくれている

読者さんに対してオファーをして、

100円の報酬が上がった場合には、

単価に計算しなおすために、

100円÷100人で1人あたり11円という

報酬単価になります。

 

 

ネットビジネス    コメント:0