オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

話し上手よりも、聞き上手よりも、【話させ上手】

読了までの目安時間:約 5分

 

【 加南本舗 Vol.398 】

 

 

 

 

一般的に「話し上手」よりも「聞き上手」

の方がいいと言われますよね。

 

 

どんな口下手な人でも、「聞き上手」だと、

人から信頼を得られます。

逆に口ばっかりの人には、不信感が募ります。

 

 

 

 

 

 

これはビジネスにおいても同じです。

口の上手いセールスマンよりも、

 

 

こちらの悩みを真剣に聞いてくれるような

セールスマンの方が安心して、

商品やサービスを買えるからです。

 

 

 

 

 

 

しかし「話し上手」よりも「聞き上手」よりも、

もっと魅力を感じさせてくれるのが、

 

【話させ上手】の人です。

 

 

 

 

 

 

「聞き上手」というのは、

相手がしゃべっているのを受動的に

聞いているだけなので、ある意味

 

 

『聞かされ上手』と言えるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

一方、【話させ上手】というのは、

 

こちらから『能動的』に話させているわけです。

話すことに消極的な相手ですら、

高揚しながら話をしてしまう状態を

つくれる人です。

 

 

 

 

 

 

話をしていて相手が『悦に入った』

そんなふうに見受けられたら、こっちのもの。

 

 

 

こんな気持ちのいい時間を過ごせるのなら、

『また会いたい』と思ってもらえるからです。

 

 

 

それは【人間関係が太くなった】ということです。

 

 

 

 

 

 

人間関係がうまくいかない人は、

その逆をしてしまいます。

 

 

「こんなにいい話をしているのに」と、

ものすごく自己中心的で、それは

自分の価値観の押し付けでしかないのです。

 

 

 

 

 

 

 

こちらから話しかけることは、

 

 

あくまでも【きっかけづくり】でなくては

ならないのです。

 

 

 

 

 

 

話していて、相手が本当に悦に入るのは、

「こんなに価値観が共有できる人はいない」と、

自分の【内的世界】が広がっていくときです。

 

 

そう思ってもらえる、これが

【話させ上手】の極意なのです。

 

 

 

 

 

 

いいセールスマンとは、

相手の悩みを真剣に聞ける人。

相手の気持ちに寄り添える人なのですね。

 

 

ほんの少しの思いやりで、

なりたい自分に、なれますよね!

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0