オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

【自己奉仕バイアス】の減らし方

読了までの目安時間:約 4分

 

【 加南本舗 Vol.396 】

 

 

 

 

『自分の発言には責任をもたなければならない』

 

 

 

これはビジネスの基本です。

 

 

いったん口にしたことは、必ず守る。

それがあなたへの信用につながり、

ビジネスの幅を広げることにもなります。

 

 

 

 

 

 

しかしながら、つい、

「あの時は、出来るって思ったんですよ」

などと、言い訳が頭に浮かぶ……

そんな言い訳は通用しないとわかっていても。

 

 

 

 

 

 

こんなふうに、私たちは自分が絡む出来事の

見通しを立てるのが非常にヘタです。

 

 

 

 

 

 

人間というものは、ともすれば、

自分に甘い点をつけたがるものであり、

そのために判断がゆがむからです。

 

 

 

 

 

 

こういう判断のゆがみを、【バイアス】と呼び、

 

 

自分に都合のいい判断をしがちなことを、

【自己奉仕バイアス】と言います。

 

 

 

 

 

 

たとえば、2時間で終わるだろうと思う仕事は、

半日経っても終わらない。

予算100万円で出来ると思っても、

実際にはその倍もかかったりします。

 

 

これらはみな、【自己奉仕バイアス】によって、

判断がゆがんだ結果なのです。

 

 

 

 

 

 

この【自己奉仕バイアス】を減らすには、

 

 

意識的に【最悪の状況】を思い浮かべて、

それを口にすればいいのです。

相手に質問された時には、

そうやって答えるのが賢明です。

 

 

 

 

 

 

そして日数、時間、予算、将来性、可能性、

などを聞かれたときには、

 

 

【保険をかけておく】意味でも、

思いっきり【サバを読んでおく】ことが必要です。

そうすれば【自己奉仕バイアス】から逃れられ、

 

 

自分で口にした約束を守ったことになります。

 

 

 

 

 

 

締め切りは、思いっきり悲観的になって決める。

時には信用がアップするというこんな仕組を、

お試しください。

 

 

 

 

あー、デートの約束の際にはこの保険、

最悪だと思いますよ、お避けくださいね。

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0