オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

【フェイシャル・フィードバック効果】で胸を張る

読了までの目安時間:約 5分

 

【 加南本舗 Vol.373 】

 

 

 

自分に自信がある人やプライドの高い人は、

 

いつも胸を張っているものです。

 

 

 

一方、自信がない人は、何となくうつむきがち。

 

自分の心理状態が、姿勢をつくっているのです。

 

 

 

 

 

そして周りの人は、

 

その姿勢からあなたの心理状態を知るのです。

 

 

 

 

 

無理をしても胸を張って対応すると、

 

 言動も自然と堂々としたものになり、

 

 周りの評価も高まります。

 

 

 

 

 

一方、せっかくいいことを言っても、

 

うつむき加減で発言するとなかなか評価されません。

 

 

 

 

 

このように姿勢を変えることにより、

 

周りの評価を変えることができるのです。

 

 

 

 

さらに興味深いのは、姿勢によって心理状態まで

 

変わってくるということです。

 

 

 

 

 

プライドの高い人は胸を張ると言いましたが、

 

胸を張って姿勢をよくすると、

 

プライドが高くなるとも言えるのです。

 

そして、うつむき加減の姿勢をとれば、

 

自信がなくなります。

 

 

 

 

 

これを証明した実験があります。

 

同じ人に同じ仕事を、

 

最初は背筋をピンと伸ばしてもらい、

 

次に背中を丸めてしてもらいました。

 

 

 

 

 

すると結果はどちらもOKを出したにもかかわらず、

 

姿勢がよいときの方が自信がわくのです。

 

 

 

 

 

また姿勢が悪いと、結果をほめられたとしても、

 

プライドにはつながりにくいという結果も出ています。

 

 

 

 

 

これは表情の【フェイシャル・フィードバック】

 

と言われるものと同じで、

 

 

 

嬉しいときはハッピースマイルになり、

 

腹が立ったときは怒り顔になる。

 

しかし逆にハッピースマイルの顔にすると嬉しくなり、

 

怒り顔にすると腹が立ってくる。

 

 

 

これが【フェイシャル・フィードバック効果】で、

 

身体の情報が感情に大きな影響を与えている例です。

 

 

 

 

 

このようなボディー・ランゲージは、

 

他人への影響力や、自己の感情コントロールなど、

 

人間関係をよくするためには欠かせないものです。

 

 

 

 

いつも胸を張ることで、

 

今年はさらに自信を生みだしていきたいものですね。

 

 

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

伝えるコツは、想像のしやすさ

読了までの目安時間:約 4分

 

 

大掃除をしたら新品の「取説」がたくさん出てきた。

 

よく聞く話ですし、「取説」の運命とはそういうもので、

 

学生時代の辞書と活用頻度の低さでは負けを取らないようです。

 

 

 

その知りたい人が読む「 取り扱い説明書」というのは、

 

何故こうも難しく書いてあるのでしょう。

 

たぶん、わかっている人が書いた説明には、

 

「このくらいならわかるだろう」

 

という気持ちがあるのではないでしょうか。

 

 

しかしわからない人にとっては何も伝わらないのです。

 

 

 

ビジネスにおいての【想像のしやすさ】は必須です。

 

できるだけストレスなく、相手の頭の中に

 

情報が入ってくるようにしなければなりません。

 

人は考えることを嫌います。

 

想像のしやすさによって、

 

商品が売れるかどうかも決まってしまうのです。

 

 

 

これは難しい講義を聞いた時もそうですし、

 

私なんか難しい本を読み始めた途端、眠ってしまいます^^

 

 

この考えにくいことや、難しいことは、

 

ただ単に思考停止に陥るだけでなく、

 

そのモノや相手に対して、

 

悪い印象を持つようになるのです。

 

ということは、想像しやすければその分だけ、

 

好感を得ることになりますよね。

 

 

 

難解な分野を 初心者向けに

 

説明してあげることができれば、

 

感謝され、ファンにもなってもらえます。

 

ビジネスチャンスがぐんと広がりますよ。

 

ぜひあなたも挑戦してみてくださいね。

 

 

 

このブログ、いつもご訪問いただき、

 

ありがとうございます。

 

 

そこであなたにお願いです。

 

『このブログの好きなところをひとつ教えてもらえますか?』

 

 

もしこのお願いが10個だったら……

 

きっと面倒ですよね。

 

えっ?そうでもない?

 

 

ありがとうございまぁ~す♪

 

 

ビジネススキル    コメント:0