オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

価値のある失敗

読了までの目安時間:約 4分

 

 

仕事というものは、

 

【正確】に進めなければなりません。

 

 

しかし、【人は失敗する生きもの】です。

 

 

重要なことを後回しにする人は、

 

重要な案件で失敗を恐れるあまり、

 

つい後回しになってしまうものです。

 

 

 

しかしそれでは、いつまで経っても

 

あなたのビジネスは進展しません。

 

 

 

しなければならないことを失敗したとしても

 

【しないより数段いいこと】です。

 

 

 

 

今後を見据えた場合、その失敗は

 

たまたまうまくいった。

 

1回で成功した。

 

 

などといった場合より、

 

必ずよい経験になります。

 

 

『なぜ失敗したのか?』

 

『どうすれば失敗しなかったのか?』

 

これをよく考え、次に生かせばいいのです。

 

 

 

その失敗は貴重な学ぶ経験、

 

【価値のある失敗】になるのです。

 

 

 

【失敗】は、無くせるものなら

 

無いに越したことはありません。

 

ただ、その経験を活かすも殺すも、

 

【自分次第】ということなのです。

 

 

 

そこに物事を【細分化】するクセがあれば、

 

失敗をなくすことが容易になります。

 

 

■なぜ失敗したのか?

 

⇒確認しなかった。

⇒手順通り行わなかった。

⇒時間がなかった。

⇒他の仕事と並行して作業していた。

 

 

こういった具合に分けて考えていけば、

 

失敗した要因を潰していくことができるのです。

 

 

 

そしてこの失敗を機に、

 

もう一度正確な作業を行えばよいのです。

 

 

原因が明確になり、それを改善することによって、

 

次回は必ず同じ失敗はしなくなります。

 

 

もしも【細分化】せず、

 

「次から失敗しないようにしよう。」

いう反省だけならば、

 

 

また次回も同じ失敗を繰り返してしまう可能性は、

 

かなり高いくなってしまいます。

 

 

 

目標を【細分化】するだけでなく、

 

失敗も【細分化】する癖を身につけてみましょう。

 

 

 

 

マインド    コメント:0

【後光効果】コネも人格のうちです

読了までの目安時間:約 4分

 

 

仏像や聖像、聖画には、

 

【後光】というものがついているものが多く、

 

 

また太陽や月にかかるカサを意味する言葉を

 

【ハロー】と言います。

 

 

 

後光のある聖像は荘厳に見えるし、

 

カサのかかった太陽や月は、

 

普段より大きく見えますよね。

 

 

いわゆる【後光がさす】と言われるものです。

 

 

このことから、

 

その人間の後ろにあるものが、

 

その人の評価を高めることを

 

【後光効果 (ハロー・イフェクト)】と言います。

 

 

 

 

それをビジネスに利用したら……

 

 

A社に営業に出かけたが、

担当者にまるで相手にされなかった。

 

 

けれどもA社に顔のきくS氏に、

紹介状を書いてもらって再度訪問したら、

担当者が打って変わって丁寧になった。

 

 

 

これは紹介状を書いた人物が

 

信用できる人物だったがゆえ、

 

商談もスムーズに進んだのですが、

 

 

こういうケースは、

 

私達の周りにはよくあることですよね。

 

 

 

社会的には、ある人間を評価をする際、

 

【その人物の背後関係からその人を評価する】

 

という心理的な傾向があります。

 

 

 

この【後光効果】を積極的に利用すれば、

 

初対面の相手でも

 

あなたを簡単に【信用】してくれるようになりますよ。

 

 

 

詐欺犯や結婚詐欺が、

大物政治家などとのつながりをわざと語ったり、

 

医師や弁護士などの肩書きを振り回して

相手を信用させて騙す手口も、

 

この効果を利用しているからです。

 

 

こういうデタラメな後光はNGですが、

 

あなたに【正当な後光】があるのなら、

 

どんどん利用しましょう。

 

 

 

【コネも人格のうちです!!】

 

 

それだけのコネをもっている人間ならば、

 

信用できるにちがいない、

 

という目で人は見てくれます。

 

 

 

要は、コネは恥じるべきことではなく、

 

【そのコネに恥じない行動をすればいい】

 

だけのことなのです。

 

 

心理テクニック    コメント:0

優先順位の重要さ

読了までの目安時間:約 3分

 

 

作業を効率よく進めるために【道筋を細分化】し、

 

【順番を決めた】あとは、

 

 

 

さらにそのひとまとめになった事項を、

 

【重要なこと】【些細なこと】に分けて、

 

重要なことを先にするようにします。

 

 

これは、1日は24時間という限られた時間の中で、

 

たとえ綿密にたてたスケジュールでも、

 

何がどうなって狂ってしまうかわからないからです。

 

 

面会が長引いた。

突然の電話がかかってきた。

電車が遅れた。

天災にあった。

 

 

こういったいわゆる『アクシデント』

 

起こるのは日常茶飯事です。

 

 

そのために、10個の作業をするつもりが、

 

8個しか出来ないということだってあるのです。

 

 

些細なことや、さほど重要でないことならば、

 

次の日に回すことができますが、

 

 

どうしてもその日にやっておかなければならないことが

 

できなかったでは、済まないのです。

 

 

今日中に、Aをやっておけば、明日Bができる。

 

だったら、Aを最優先にやりましょう。

 

 

もしそのAの作業を後回しにしたばかりに、

 

結局アクシデントでAの作業ができなかった場合、

 

Bの作業は明後日にしかできないことになります。

 

 

 

そしてあなたに、

 

本日発行のメルマガがあるのなら、

 

まずそれから執筆してください。

 

 

そのメルマガ1本の発行が遅れたばかりに、

 

読者さんの解約がありえるわけで、

 

 

それによって大切なファンをひとり、

 

失うことになってしまうのですから。

 

 

【重要な事を先に行うこと】を、

 

常に忘れないようにしましょう。

 

 

マインド    コメント:0

心理的急所を攻める

読了までの目安時間:約 4分

 

 

あなたがバーゲンセールをしているショップに行ったら、

 

既にもうたくさんの人が押し寄せていた。

 

 

そんな光景を目にしたことはありませんか?

 

 

すると、あなたの脳は……

 

こんなに人が集まっているのだから、

きっと素晴らしくいいセールだ。

早く買わなければ、なくなってしまう。

 

 

たぶんこんな指令を出したはずです。

 

 

 

心理学用語に【準拠集団】というものがあり、

 

これは自分が属する集団を指しているのですが、

 

 

たいていの人はこの【準拠集団】に属する人と、

 

同じようにふるまいたがります。

 

 

 

 

先ほどのバーゲンセールが

 

まさにそれにあたります。

 

 

セールに出向くという自分と似たような人が、

 

商品に群がるのを見て、

 

自分も同じような行動をとろうとする……

 

 

 

 

そこで、有能なセールスマンは、

 

この心理を巧みについてきます。

 

 

「どちらのご家庭でも

 

これをお使いになっていらっしゃいます」

 

 

 

すると大半の日本人は、

 

自分を中流クラスだと思っているので、

 

自分の属する【準拠集団】からは

 

離れたくない心理が働き、

 

【購入】へと導くことができるのです。

 

 

 

 

このように商品販売の決め手として

 

大いに効果を発揮する、

 

他の人と同じようにふるまうことを、

 

【同調行動】と呼びますが、

 

 

人間のその不安な

 

【心理的急所】を攻めることで、

 

交渉がガラリと有利に運ぶと

 

いうことを覚えておきましょう。

 

 

 

「たくさんの人にお買い上げいただきました」

 

この一言を添えて、

 

あなたのビジネスチャンスに

 

役立ててくださいね。

 

 

 

力強い武器になること、間違いなしですよ。

 

心理テクニック    コメント:0

垣根を飛び越える【フー・アム・テスト】

読了までの目安時間:約 5分

 

 

あなたはご自分のことをイケてる

 

って思っていますか?

 

 

内心、イケてる!と思っている? (’∇^d) ナイス☆!!

 

 

じゃ、それをはっきり口にして言えますか?

 

 

 

 

何かを始めようとした時、

 

【マインド】が大切だって話をよくされますよね。

 

確かにとても大切なことです。

 

 

でもその前に、

 

『あなた自身の垣根』を作ってはいませんか?

 

 

 

もう○○歳だから、

大体ネットビジネスを始めるのに

遅すぎるよとか、

おっさんだとか、女性だから

ど田舎に住んでいるから……

 

 

そんな『垣根』は自分でいっぱい作れます。

 

 

そこに【マインド】を吹き込まれても、

 

さーっぱり、前には進めません。

 

 

そのあなたの『垣根』の正体を知る方法があります。

 

 

投影法の一種である【フー・アム・テスト】

 

というものです。

 

 

【二十答法】とも呼ばれますが、

 

「私は……」と自ら問うた時に思い浮かぶ答えを

 

二十通り、できるだけ早く答えるというもの。

 

 

 

 

そうすると自分が内心自分をどのように思い

 

位置付けているのかわかるのです。

 

 

 

 

「私は」で始まる文を考えてみてください。

 

 

「私は男性である」「私は会社員である」など……

 

 

最初は簡単に出てきても、

 

案外途中から出てこないのではないでしょうか。

 

 

最初は性別・年齢・職業というような自身以外からみても

 

明らかな答えが続きますが、

 

 

 

次第に「私は臆病だ」「私はいつもツイてない」

 

などという主観的な内心に関するものがあらわれ、

 

 

無意識の欲求や抑圧されていた悩みなどが

 

投影されてくるので、

 

すぐに答えられなくなってくるのです。

 

 

 

だから、それらを全てゴミ箱へ

 

そして……

 

 

 

自分はイケてるよ!

容姿も年齢と共に変わってきたかもしれない。

でも心にだけは、それを引きずってきてはいない。

 

 

 

あなたもそうやってネットビジネスを始めましょうよ。

 

 

そこには何の制約もないのです。

 

 

 

おっさん?バンバン稼いでますよ~!

おばさん?すっごく魅力的に輝いています!

ど田舎から発信されたものに、

都会の真ん中からクリックがありますよ!

 

 

 

それがネットビジネスの魅力、

 

あなたを輝かせるものなのです。

 

マインド    コメント:0

作業の順番を細分化する

読了までの目安時間:約 3分

 

 

作業を効率よく進めるには、

 

それを進める【順番】が、

 

とても重要な割合を占めます。

 

 

 

まずは大まかに次のように分けられます。

 

・今しなくてはならないこと

 

・今しなくていいこと

 

 

 

たとえば、

 

1~5までの作業があったとして、

1→2→3→4→5

と順序よく進めた場合、1時間かかるものが、

 

同じ作業なのに、

1→5→2→3→4と進めた場合、

半分の時間で済んでしまった、

 

という場合が多々あるのです。

 

それは空いている時間の有効活用をしたからです。

 

1の作業をしながら5の作業をしたなどと、

 

本来5の作業でかかるはずだった時間が、

 

そのまま必要なくなったりするのです。

 

 

当初の順番通りに作業を進めていった場合では、

 

全ての作業に時間をとられてしまいます。

 

 

こういった作業の効率化を進めるためには、

 

【細分化された事項】

 

つまり、目標までの道筋で、

 

何が今必要で何が今必要でないか。

 

何が重要で何が重要でないか。

 

これをしっかり把握しなければならないのです。

 

 

 

自営業、サラリーマン、主婦、子育て、

 

どんな仕事においても、

 

こういった【細分化】からの

 

【効率化】を行うことによって、

 

格段に作業能力があがります。

 

 

そのため時間短縮が出来き、

 

早い段階で次の作業に手をつけられ、

 

それだけ仕事のスピードがあがるのです。

 

 

 

つまり、目標までの手順を

 

できるだけ細かく抜き出すことにより、

 

たくさんの作業を可能にすることができるのです。

 

マインド    コメント:0

フィードバック

読了までの目安時間:約 3分

 

 

『汝自身を知れ』

 

 

 

アポロンの神殿の石柱に

 

刻まれていた有名な言葉です。

 

 

意味にはいろいろ解釈があるようですが、

 

 

元々神殿にあり、古代ギリシア人に

 

つきつけられた信託であることから、

 

宗教的な意味合いも大きかったと思われます。

 

 

 

 

そして悠久の時を超え、今もなお現代へと

 

語り継がれているわけですから、

 

私達の考え方にも大きな影響を及ぼしているようです。

 

 

 

自分が無知であることを自覚、

 

そこから真の知を得よ……

 

 

 

自分のあるがままの姿を知るというのは、

 

わかっているようでなかなか難しい……

 

 

 

 

そのためには友人知人などから

 

評価結果を評価された本人に返すという、

 

【フィードバック】が効果的になってきます。

 

 

 

相手に与えている印象・影響などを、

 

他人から客観的な事実として伝えてもらえれば、

 

本当の自分を知る手掛かりとなり、

 

 

自分の話し方や態度などを

 

見つめ直す手がかりをつかめるということですね。

 

 

 

 

 

これは何かを発信する際にも言えます。

 

 

独りよがりな発信にはなっていないか……

 

あなたにきちんと伝わっているか……

 

 

きちんと見直す必要があります。

 

 

 

 

 

まだまだ私は修行の身であります。

 

これからもあなたからフィードバックをいただき、

 

旬なビジネス情報をお届けしたいと思っています。

 

ネットビジネス    コメント:0

ルートを細分化する

読了までの目安時間:約 4分

 

 

ビジネスをする上で重要なことに

 

【ペース】があります。

 

 

たとえば、

 

マラソンを思い浮かべてください。

 

スタートがあり、ゴールがある。

 

距離は42.195kmの道のりです。

 

 

そこで大切になってくるのが、

 

【ペース】なのです。

 

 

 

いくらモチベーションが保てる状態にしているとしても、

 

42.195kmを常に全力で走りきるだけの

 

体力があるでしょうか?

 

 

見通しの良い一直線の道であれば、

 

ある程度ペースを上げて走ることもできるでしょう。

 

しかし、実際には、上り坂、下り坂、カーブ等

 

いろんな障害があるものです。

 

 

この障害によってペースを変える必要がでてくるのです。

 

上り坂であれば少しペースを落とすことになるでしょうし、

 

風を味方につけてペースを上げることだってできます。

 

 

 

こんなふうにただ地図で決まったルートではなく、

 

実際に走り出すのですから、色々なことがあるはずです。

 

 

 

はじめからペースを上げずに、

 

走りやすいポイントでペースを上げる。

 

給水所を考えてのペース配分もあります。

 

 

ういった具合に、【道筋を細かく区切り】

 

その【区切りごと】にペースや走り方を考えれば、

 

きっと満足のいくマラソンになるはずです。

 

 

これはそのままビジネスに通じます。

 

「これは重要な事項。だから先にやってしまおう。」

 

「これは明日でも問題ない。だから後回しにしよう。」

 

このように【道筋を細分化する】ことにより、

 

【スケジュールを容易に組む】ことができます。

 

曖昧な道筋を細分化することによるメリットは、

 

これなのです。

 

 

ペースを上げたり下げたり。

 

ルートを細かく区切り、どこでペースをあげるのか。

 

どこでペースを落とすのか。

 

事前に予定を組む必要があるのです。

 

 

これは時間かかるから、

 

今すぐできないから、あとに回す。

 

これは重要なことだから、

 

これをしないと次ができない。だから先にやってしまう。

 

 

こんなふうに、きちんと事前に決めておかなければ、

 

必ず時間が無駄になったり、

 

必要のない労力を強いられることになってしまうのです。

 

 

 

マインド    コメント:2

目標までの道筋を立てる

読了までの目安時間:約 7分

 

 

目標の設定は大変重要です。

 

 

現状から目標までを明確にすることは、

 

【モチベーションを保つのに大変有用】ですし、

 

【目標のルートを具体的に設定することができる】からです。

 

 

 

今の所持金が0円の人と80万円の人では、

 

同じ100万円貯めるという目標でも、

 

距離が全く違います。

 

 

その道のりが長くなればなるほど、

 

細分化された小さな目標が増えるのですが、

 

それを全て抜き出さなければなりません。

 

 

 

 

また、スタート地点が違えば、

 

当然その道筋、ルートも大きく変わってくるのです。

 

 

たとえば、

・車が欲しいと思っても免許さえ持ってない人。

・逆に免許はあるけど、お金がない人。

・既に頭金を用意している人。

・または知人に車の売買をしている人がいる人。

 

というふうに、それぞれの人によって、

 

コースが分かれてきます。

 

 

 

そしてその中から、

 

細分化されたものをひとつひとつ吟味し、

 

決していかなければなりません。

 

全ての細分化された項目を解決したあとに、

 

目標が達成できるのです。

 

 

 

 

もしあなたが何も考えず、

 

ただ欲求を募らせる毎日を過ごしていたとして、

 

たまたま、欲しい車種が半額セールをしているのを、

 

見つけたとしても、

 

 

駐車場を確保する予定もなく、

 

頭金も考えていなかったあなたは、

 

次の日慌てて、契約をしにその車を見に行くと

 

当然のように「売約済み」の札が。

 

 

 

・お金を用意する

・駐車場の場所を見積もっておく

 

これだけの事であれば、何もデメリットはなく、

 

今すぐ実行できる事項にも関わらず、

 

 

明日から、来週から、来月には、

 

と先延ばしにしたばかりに、

 

唯一のチャンスを逃してしまうのです。

 

これは買い物だけに当てはまるわけではなく、

 

ビジネスにおいても同じです。

 

 

今だから儲かるビジネスの話を聞いたにも関わらず、

 

先延ばしにしたばかりに、もうすっかり世間に溢れかえり、

 

いざ実践していこうと思ったときには

 

まったく儲からない、もしくは損をする話になる可能性は、

 

非常に大きいのです。

 

 

 

【今すぐできることを今すぐやる】

 

それこそが、成功の秘訣でもあります。

 

 

「明日からがんばる。」

「今はちょっと無理だけど。」

 

こう思っている人は明日からどころか、

 

遠に頑張ることはありません。

 

 

 

 

とえ些細なことでも、何かをしよう、

 

何かを手に入れようと思ったときには、

 

すぐにその【フローチャート】の

 

一番下の何かを始めましょう。

 

 

 

小学生の夏休みの宿題などでも同じです。

 

大量にある宿題を前に、

 

いつから始めようか、

いつまでにやろうか、

れだけ時間かかるのだろうか。

 

 

そんなことを考えている時間があるなら、

 

まずノートやドリルを開くべきです。

 

 

 

それができる人とできない人。

 

これがすべての成功者と失敗者の分かれ目なのです。

 

 

まずやるべきことをやる】

 

しかし、やみくもに行動するだけではだめなのです。

 

大切なのは、【きちんと順番通り行う】ということです。

 

何でも先走ってするのではありません。

 

 

順を追わずにどんどん気持ちとともに

 

行動も先走ってしまっても何も結果はでません。

 

 

 

 

成功までの道のりはそれほど複雑ではありません。

 

順を追い、やるべきことを今すぐやっていく。

 

これだけなのです。

 

 

 

マインド    コメント:0

宝の地図【ブレインダンプ】

読了までの目安時間:約 5分

 

 

【ブレインダンプ】とは、

 

頭の中の整理とも言われています。

 

 

あなたには、

 

何が欲しい。

あれも欲しい。

あれもしたいこれもしたい。

 

こういう願望があると思います。

 

 

では、なぜそれが願いのままで、

 

実際には手に入れられないのでしょうか?

 

あるいは実行できないのでしょうか?

 

 

 

 

その大きな理由は、

 

欲しい物や、やりたいことが多すぎて、

 

どのように実行すれば手に入るのか

 

全く想像できていないからなのです。

 

 

 

 

そんな時にぜひ活用していただきたいのが、

 

【ブレインダンプ】なのです。

 

 

 

そのやり方は、

 

 

あなたが欲しい物の絵や写真を、

 

コルクボードや掲示板に実際に張り付けてみます。

 

 

 

このぐらいかな?

 

と思ったところで、

 

もう【5つほど】考えて絞り出してみてください。

 

実はこの作業がとても重要なのです。

 

多少時間はかかるかもしれませんが、

 

必ず出てくるはずです。

 

 

 

【自分の欲について最後まで突き詰める】

 

この行為がとても重要なのです。

 

 

 

そして、

 

コルクボードいっぱいに貼りつけられた写真全てが、

 

あなたの未来の展望であり、

 

数年後には実際に所持しているもののとなるのです。

 

 

 

 

次に、ひとつひとつを絞り込み、

 

これを手に入れたり、達成するには、

 

どういった【経過】が必要なのか考えます。

 

 

そうすることによって、

 

今後のプログラムが精密化でき、

 

現実に歩みを進めることができるわけです。

 

 

たとえば、

 

車が欲しければまずどんな車が欲しいのか

 

突き詰めることをします。

 

もちろんそこには予算も考慮しなければなりません。

 

そして目的の車種が決まったなら、

 

駐車場を確保するべきです。

 

 

「買ってからでいい。手に入る予定が立ってからでいい。」

 

こう考えていると、

 

いつまで経っても手に入れることはできません。

 

 

 

 

に入れるまでの『フローチャート』で、

 

【今できること】【今はまだできないこと】を、

 

しっかり順序よく整理し、

 

今すぐできることは、今すぐやるべきです!

 

 

そうすることにより、

 

千載一遇のチャンスを逃さないようにできますし、

 

今まで曖昧だった物が目に見える形になることにより、

 

より前に進むことができるようになるのです。

 

 

 

ぜひ、あなたもあなた自身の【宝の地図】を作ってみてください。

 

 

マインド    コメント:2