オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

いいと思ったことは、走りながら考える 

読了までの目安時間:約 5分

 

【 加南本舗 Vol.462 】

 

 

 

 

 

早まって動くことをいさめる、

『時期尚早』という言葉があります。

 

 

 

 

ただビジネスにおいては、

この言葉は、時として当てはまらない

ことがあります。

 

 

 

 

だって、それがビジネスにつながる

チャンスだと感じていて、

 

 

今、やらなくて、いつやるのでしょう。

(ごめんなさい、パクリっぽくて)

 

 

 

 

 

 

ビジネスにおいては、

「後でやろう」「明日やろう」では、

 

 

遅すぎることがたくさんあるのです。

 

 

 

 

 

 

一昔前までなら、『思慮熟考』も、

成功のカギだったかもしれません。

 

 

 

しかしインターネットが巻き起こす

超情報化社会においては、

 

 

熟考している間に世の中はどんどん

変わってしまいます。

 

 

 

 

 

 

熟考して出した答えがどんなに

素晴らしいものであっても、アウト!

 

 

すでに時代遅れになってしまうことが

あり得るのです。

 

 

 

そんな時代に、私たちは生きているのです。

そんな流れの中で私たちは、

ビジネスを展開しようとしているのです。

 

 

 

 

 

 

いいと思ったことは、すぐにやって、

そして走りながら考える。

 

 

 

もちろんそこには、リスクや間違いだって

あるでしょう。

 

 

 

でもスタートを切らないよりはずっとマシです。

 

 

 

間違いであったのなら、

それを潔く切り捨てていけばいいだけのことです。

 

 

そうすれば余計なものがなくなって、

ずっとクリアに前が見えるはず。

 

 

 

 

成功している人や企業は、

みんなそうした覚悟ができていて、

 

 

時代に合わせてスピーディに変貌を遂げています。

 

 

 

 

 

 

始める決断が早ければ、変えるのも早いし、

撤退するのも早い。

 

 

 

それだけ有効に時間を使えるのです。

 

 

時間は有限、私たちは限られた時間の中で、

生きて、輝こうとしているのです。

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:2

この記事に関連する記事一覧

コメントは2件です

  1. 皆川康晴 より:

    加南さん

    こんばんは、皆川です。

    まさにその通りですよね!
    僕も最近、それに気付かされて衝撃を受けました。

    石油会社の社長さんが言っていた言葉なのですが、
    「10年はあっというまだよ。経験を積んでから、知識を積んでから本命じゃあ遅すぎるよ。」

    まさに、雷に貫かれたかのような衝撃でした・・・

  2. 加南 より:

    皆川さん、

    コメントありがとうございます。

    ネットビジネスを始めて、
    気を抜くのは「悪」みたいな気がして、
    ガムシャラで季節もゆっくり
    感じることができませんでした。

    そのくらい、あっという間に
    時間が過ぎていきました。

    でもまだ満足するものは
    掴めていません。

    走り方も悪いし、
    コースも間違っていたのでしょうね。

    スキップしながらっていうのが、
    理想なんですけどねぇ。

    加南

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: