オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

親密度のランクを上げて勝ち取る

読了までの目安時間:約 7分

 

【 加南本舗 Vol.453 】

 

 

 

 

 

年が明けてからの1月、2月、

そして3月が過ぎてゆくのは、

本当に早いものですね。

 

 

 

 

年度替わり、部署が変わったり、

新しい仕事、そして新しく出会う人たち。

 

 

 

春はまた、あなたに「はじめて」を

たくさん、もたらしてくれますね。

 

 

 

 

 

 

人との出会い、

初対面であれば、第一印象が大事なのは

言わずもがなですが、

 

 

 

二度目、三度目と交渉が重なってきたら、

かなり親しげに振舞っても不自然ではありません。

 

 

 

むしろあなたのそんなフレンドリーな行いが、

カギとなることもあります。

 

 

 

 

 

 

たとえば、しぐさを大げさにする。

相手の名前を何度も呼んでみたりするなどと、

 

 

 

実際の親密度より、一ランクも二ランクも上の

親しさを身振りで表すことで相手をリードし、

こちらのペースに早々に巻き込んでしまえるのです。

 

 

 

 

 

 

初めのうちは相手にも多少の戸惑いが

見られるかもしれませんが、

 

 

 

そこで怯んでしまえば中途半端に終わってしまいます。

ここはあなたの明るい未来を想像して、

相手との関係を盛り上げましょう。

 

 

 

 

 

 

すると相手の方も、そのうち親密なムードに染まり、

「自分とこの人はこんなに親しかったのだ」と、

自分自身を納得させてしまうものなのです。

 

 

 

 

親しそうな感じで振る舞えば、その親しみは相手に伝染し、

相手も同じ程度の親しみで返してくれることになります。

 

 

 

 

心理的に異なったレベルの親密度で

長い付き合いをするのは難しく、

 

 

 

自ずとこちらの親密度に、

相手が合わせてきてくれることが多いのです。

 

 

 

 

 

 

人は自分に親しみを示してくれた相手には、

同じように親しみを返します。

 

 

 

これはネットビジネスをしていても、

コメントなどにも表れていますよね。

 

 

 

 

ですから相手を味方やファンにするには、

 

 

自分から親しくして親密度の互恵性、

互いに相手に利益や恩恵を与え合う効果を

生みだすことです。

 

 

 

 

 

 

そして相手もこちらの親密度に合わせて

くれるようになったら、さりげなく相手に

触れるというタッチングを自然に行えば、

より効果が大きくなります。

 

 

 

 

さりげない身体的タッチ(接触行動)は、

相手に好感を与えます。

 

 

 

 

 

ちなみに恋愛中の男女の場合、

女性は腕を組みたがり、

男性は手をつなぎたがるそうなのですが、

果たして私は・・・

 

 

んー、またもや恋愛寄りのお話になりそう。

 

 

 

 

こういうのは「表メルマガ」ではなく、

・・・裏?「裏メルマガ」といえば、

 

 

 

VIPなあなたをご招待するメルマガを

企画中です。

 

 

 

 

 

そこでは豪華プレゼントや、私が今まで

自己投資して得たビジネスのノウハウを、

コッソリお届けしようと思っています。

 

 

 

そしてたまには「表メルマガ」では言えない

○○○なお話もしようかな(笑)

 

 

 

ぜひ、楽しみにしておいてくださいね。

 

メルマガ バックナンバー    コメント:6

この記事に関連する記事一覧

コメントは6件です

  1. asano より:

    加南さん、おはようございます。
    asanoです。

    大事なのは、とにかく、ギブギブギブ・・してゆくことでしょうか。
    相手から親しくされると、最初は面食らいますが、
    それがだんだん、気持ちよくなってきますし。

    ボディータッチなどは怖くてできませんが、
    ミラーリングぐらいならできるかな??

    ネットにおいては、与えて与えて、与えるというスタンスが
    ファンを作りそうですね!

    勉強になります。応援していきますね!

  2. 加南 より:

    asanoさん、

    コメントありがとうございます。

    「与えて、与えて、与えまくる」
    というのはよく聞きますね。

    ということは、その「与える」を
    何にするかが大切になってきますね。

    仲良くなるのに、
    ミラーリングはいいですね!

    外人じゃないんだし、
    ボディータッチが怖いのは、
    素面だったら当然かもしれません。

    asanoさんにアルコールが入った時を、
    期待しております(笑)

    加南

  3. 皆川康晴 より:

    加南さん

    おはようございます!皆川です。

    親密になるにはこちらから親密に接するというのは「なるほどな〜」と思いました。

    誰とでもすぐに仲良くなる人と、そうでない人がいますが、明らかにフレンドリーさが違います。
    誰にでもオープンって感じというか。

    そして、裏メルマガの◯◯◯な話が非常に気になります(笑)

  4. イシザカ より:

    加南さん、はじめまして
    イシザカと申します。

    「親密度のランクを上げて勝ち取る」
    今回の記事テーマを見てじっくりと読み入って
    しまいました。

    人との距離感って私は難しいなとず~と思って
    いたので、今回テクニック的な事を学ばせて
    もらえたなと思いました。

    有難うございます。

    裏メルマガ、面白そうな企画ですね!
    発行の際には是非ブログで告知して下さいね!

    ちょこちょこチェックしに来ますので!

    応援のポチもさせて頂きました。

  5. 加南 より:

    皆川さん、

    コメントありがとうございます。

    誰とでも仲良くなれる人って、
    ホントにフレンドリーですね。

    ちょっと、ナニ?

    とか思っていても、
    いつの間にか相手のペースに。

    今度は自分の方からやってみようかな。
    通報されない程度に(笑)

    「○○○な話」エッチ??
    以前、ちょいエロっぽくしたら、
    めっちゃ解除されたことあるしな~(笑)

    加南

  6. 加南 より:

    イシザカさん、

    はじめまして、
    コメントありがとうございます。

    人との距離感は難しいですね。
    適度なと言っても、相手ありきですから。

    コッチはこのくらいと思っても、
    相手が「重い」なんて思ってしまうかもしれないし、
    逆に冷淡だなって。

    でもビジネスでは、ちょっと大胆でもよさそうですね。

    メルマガも一周年記念のイベントをやっただけで
    何もやっていないから、何かできないかなって思って。
    頑張ってみます。

    加南

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: