オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

ビジネスの基本スタンスを知る

読了までの目安時間:約 8分

 

【 加南本舗 Vol.452 】

 

 

 

 

 

 

恋愛は、より好きになった方が

負けだと言われます。

 

 

 

 

なんだ?ビジネスの話じゃないのか?

そう思われたでしょうね。

 

 

 

 

恋愛にたとえると、わかりやすいかな

と思ったのです。

 

 

 

ご自分の「恋」や「愛」を

思い浮かべながら読み進めてください。

 

 

 

 

 

 

恋愛において五分五分の愛情は、

ないような気がします。

 

 

 

どちらか一方がより多く愛している。

恋人たちの愛の量は、時にはひどく残酷です。

 

 

 

 

 

 

それでより多く愛せば、

「惚れた弱み」でついつい何でも許してしまう。

 

 

ときによっては自分自身を見失うほど、

振り回されてしまう。

 

 

それでも好きだから言いなりになってしまう。

と、こんな具合です。

 

 

 

 

 

 

こういう場合、主導権は完全にもう一方の

手の内にあると言えるでしょう。

 

 

最小の愛が最大の力を振るう【最小の原理】です。

 

 

 

 

 

 

人は、相手を好きであればあるほど、

その相手との関係を失うことを恐れます。

 

 

 

 

そして恐れるあまり、

相手のなすがままにならざるを

得なくなってしまう、

 

 

最大の愛は、最小の力となってしまうのです。

 

 

 

 

 

 

しかしこういう関係には無理があります。

二人の間にギャップがあればあるほど、

そのカップルは長続きしないことが多いのです。

 

 

 

 

どちらかが主導権を握って、

もう一方が言いなりになっているままでは、

 

【好意の相互性】のバランスがとれません。

 

 

 

 

 

 

この愛情のバランスが悪ければ、

関係はうまくいかなくなってしまいます。

 

 

愛情が全てをカバーしてくれますが、

そう長くは続かないのです。

 

 

 

 

 

 

ビジネスにおいては、

(やっとここからビジネスのお話です(笑))

常に強弱の立場がはっきりとしています。

 

 

 

「お客様は神様です」的に卑屈になる必要は

ないと思うのですが、

 

 

そこに感謝の気持ちを込めれば

自ずと一歩下がった関係になります。

 

 

 

 

 

 

取引先との関係もそうですし、

社内の関係も上司と部下、先輩と後輩、

同僚にしたって取り掛かっている仕事によっては、

きれいに五分の立場とは言えません。

 

 

 

 

 

 

だからと言って何もかも言いなりで、

「No」も言えないとなると、

心が少し苦しくなってきてしまいます。

 

 

 

 

 

 

何かを頼まれ、それを断るときには、

 

 

弱気になる必要もないし、

強気になる必要もありません。

 

 

 

 

 

そしてどうしても本人を目の前にすると

「No」と言えなくなってしまう場合は、

 

 

思い切ってその場で断る勇気をもちましょう。

 

 

 

 

答えを先延ばしにすれば、時間が経てば経つほど、

「No」と言いづらくなり、苦しくなるだけです。

 

 

 

 

何か頼まれたとき、

即座に「Yes」を返すのではなく、

 

 

考えて返事をするクセをつけるだけで、

あなたの抱えるストレスは減らせます。

 

 

 

 

 

 

ビジネスは何年やっても、どんなに頑張っても、

「できない」「わからない」が出てくるもの。

 

 

自分を大切にする人は、「No」と言うことができます。

 

 

 

 

 

 

自分に自信をもち、自分のことを尊重する。

相手に関心をもち、相手のことも尊重する。

 

 

これがビジネスの基本スタンスです。

 

 

 

 

 

 

自分の力を活かすためにも、

相手に関心をもち、

どうすれば相手のプラスになるように

自分を活かせるかを考えましょう。

 

 

 

 

歴然と力関係が五分五分でないのですから、

うまく立ち回って「言いなり」のようで、

「言いなり」ではない自分でいましょう。

 

メルマガ バックナンバー    コメント:8

この記事に関連する記事一覧

コメントは8件です

  1. 加南さん、こんにちは
    TAKUです。

    “断る勇気を持つ”
    これは凄く共感します^^

    どうしても“お客様=神様”みたいな
    上下関係ができてしまうと

    「本当はイヤなんだけど…」
    「でも、しょうがないか…」

    こういった感じで
    言いなりになりがちですもんね。

    何でもYESと返事はせずに
    ときには、NOと言えるような
    勇気も必要だと思います^^

    応援も押させていただきます。

  2. 皆川康晴 より:

    加南さん

    こんばんは、皆川です。

    パワーバランスって意識してないと全くみえないから、意識を心がけることが大事ですよね・・・

    恋愛の話で妙に納得しました。
    自分にも経験があったので分かりやすい!(笑)

    応援しております!

  3. ご苦労様です。

    押してダメなら~
    という言葉もあるように駆け引きは、恋だけでなく、
    ビジネスでも重要な戦略ですよね。

    実際、外車販売で、欲しけりゃ売ってやる的な俺様商売で、逆に
    大成功している販売店も、聞きます。

    WinWinの関係、そして自分が売っている内容への自信とそれに応じた価値
    それらを背景に堂々とビジネスを行う姿勢も大切ですね。

    話は変わりますが、先日のコメントありがとうございます。
    思わずおかしくて吹いてしまいました。

    auは確かに桃太郎もありましたね。
    加南さん、繊細な文章も得意だけど、ギャグセンスもかなりイケてますね。
    自分も見習って、あのコメント100回、写経しようかと思いました(笑)。

    応援しています。ぽちりました。

  4. 豊与 より:

    加南さん、こんにちは
    豊与と申します。

    卑屈にならずに、対等にそして相手を尊重するビジネスって、とっても素敵な関係ですね。
    恋愛でも、尽くしすぎちゃう私には学ぶことが多いです。

    ビジネスも恋愛も良きパートナーとなるように頑張りたいです。

  5. 加南 より:

    TAKUさん、

    コメントありがとうございます。

    NOと言う勇気がなかったら、
    どんどん自分を
    追い込むことになりますよね。

    最近はパワハラなんてものも
    問題になっていますから、
    気をつけないといけないですね。

    自分の気持ちを強くもって、
    でも相手への思いやりも
    忘れたくないですね。

    加南

  6. 加南 より:

    皆川さん、
    コメントありがとうございます。

    んっ?
    恋愛の話で納得?
    それは、いいなりの方?(笑)

    自分で記事書いといて言うのも変ですが
    割合としては、六:四くらいが好きですね。

    もち、私が六、愛します。
    だって恋は追いかける方が楽しいです。

    あ~話がめっちゃ、それていますねm(_ _)m

    加南

  7. 加南 より:

    SORAさん、

    コメントありがとうございます。

    ビジネスはとんがって成功する
    ってありますね。
    万人ウケを狙うなって。

    でもそれに達するまでには、
    スキルやそして自信、
    たくさんのものが必要ですよね。

    だからってそれまで、
    ヘコヘコするのも、また嫌ですね。

    あっ、さぶいオヤジギャグとか大好きですよ。
    私はCMが大好きなんです。
    だけどそれ使ってギャグ飛ばしても
    反応は薄いですね。

    CMまで見ないよって人が多いです。
    いや、ネットビジネスをしてる人は
    テレビを見ない人が多いです。

    だから最近はスベリまくりですね(泣)
    まぁ、大手企業のCMなら、
    みなさんわりとご存知ですけど。

    CMはテクニックの宝庫だと言われますから、
    勉強してるんです!
    って、ついでに番組を見たりして(笑)

    加南

  8. 加南 より:

    豊与さん、

    コメントありがとうございます。

    あぁ、やっぱり、恋愛に関しては
    尽くす、これですよね♪

    って、記事書いてる本人の
    言うことではないですね(笑)

    でも恋愛を深く掘り下げたら、
    「尽くすこと」と「言いなり」は、
    また別のようでもありますね。

    ビジネスにおいても恋愛も、
    よきパートナーであること。
    私も頑張ります←ちゃっかりパートナーが
    いるフリをしています(笑)

    加南

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: