オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

話がこじれたら電話?

読了までの目安時間:約 5分

 

【 加南本舗 Vol.431 】

 

 

 

パソコンで仕事をしていても、

電話というのはビジネスにおいて

欠かせないアイテムですよね。

 

 

 

 

わざわざ相手のところへ出向かなくても

コミュニケーションをとることができます。

 

 

 

 

 

しかしそれは人間関係の点からいえば、

関係を密にする手段としては、

 

 

 

『フェイス・トゥー・フェイス』の

付き合いを減らしてしまい、

関係を悪くさせるように思えますよね。

 

 

 

 

 

 

ところが、このマイナス面が、

商談において生きてくることもあるのです。

 

 

 

特にお互いの意見が食い違ったまま

進展しないときなどに効果的なのです。

 

 

 

 

 

 

実際、こんな場合こそ直接対面した方が

良さそうですが、

 

 

 

 

ところがまったく意見の違う人が

共通点を見つけやすいのは、

 

 

 

実は電話であるという

実験結果が出ているのです。

 

 

 

 

 

 

その理由は、

直接会っているときの話以外の情報、

 

 

 

たとえば相手の表情やしぐさなどに

気を取られずに話ができる点が、

よい結果を生むというのです。

 

 

 

 

 

 

冷静に議論ができ、話に集中できますから、

妥協点を見つけやすくなり、

 

 

 

平行線に陥った話なら、

電話で解決の糸口を探るといいようです。

 

 

 

 

 

 

しかしながら、

かなりこじれてしまった場合には、

 

 

 

電話は禁物です。

先ほどの利点がすべて逆の作用を

生んでしまうのです。

 

 

 

 

 

 

電話では直接面と向かっては

言えないようなことでも言えてしまいます。

 

 

 

はっきりとものを言うようになり、

言葉のやりとりだけになってしまうための、

プラスマイナスが出てしまうのです。

 

 

 

 

 

 

喜びや不快、怒りといった感情は、

ノンバーバル(非言語コミュニケーション)

で伝える部分が多いため、

 

 

 

電話ではうまく伝わりにくいことが

わかっています。

 

 

 

 

 

 

情報伝達や自己主張は電話で、

ケンカも電話で、

 

 

 

だけど人間関係は直接会ってが、

いいようですね。

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:2

この記事に関連する記事一覧

コメントは2件です

  1. TAKU より:

    加南さん、はじめまして
    TAKUと申します。

    “電話の方が妥協点を探しやすい”

    これは初耳でした^^

    たしかに、目の前に相手がいない分
    変な緊張もせずに話せるのかもしれませんね♪

    ですが、ケースにとっては
    逆効果になることもあるようなので、
    私も上手く使い分けるのがベストだと思います^^

  2. 加南 より:

    TAKUさん、

    コメントありがとうございます。

    電話の方が
    「理性的で信頼でき、好印象を残す」
    そういう結果も出ているそうです。

    でも、うまく使い分けるのが一番。
    こじれないように気をつけるのが
    大切なようですね。

    加南

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: