オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

自らが作る【限界意識】

読了までの目安時間:約 6分

 

【 加南本舗 Vol.423 】

 

 

 

 

 

休日の今日、ゆっくりお休みになられましたか?

 

あなたがステキな一日をお過ごしだったら嬉しいです。

 

 

 

 

では明日からの新たな一週間の始まりに、

 

今夜は 『限界意識』のお話を……

 

 

 

 

 

 

>> 人が望むことで不可能なことはない <<

 

 

 

 

 

 

「もうできない、これまでです」

というとき、

 

それがその人の、

『能力の限界』ではありません。

 

 

 

 

 

それは「自分が今、限界と感じている」

ということに過ぎないのです。

 

 

 

そうやって人は、

【限界意識】によって、自らの限界を設けます。

 

 

 

 

 

 

何かに挑戦しているときの最大の問題は、

「能力の不足」でも、

「時の運がない」ことでもありません。

 

 

やり遂げるという『執念の欠如』なのです。

 

 

 

 

 

 

世に出回る『成功理論』は、

 

 

■人が望むことで不可能なことはない。

と説きますが、

 

 

 

多くの人は、

「そんなことはないだろう」と、

やり過ごしてしまいます。

 

 

 

 

 

 

しかし、よく考えてみてください。

 

 

真摯に望んだものなら、

不可能なことはないのです。

 

 

 

なぜなら人は、

『初めから不可能なことを望んだりしない』

からです。

 

 

 

 

 

 

入社したての新入社員は、

「会社のトップになるぞ」と思いますが、

 

 

明日定年を迎える人は間違っても

そんなことは考えません。

 

 

 

 

 

 

どんなに大きな望みでも、

心の底から望むなら、

それは決して不可能とは言えないのです。

 

 

 

「ダメだ」と思えば、

すべてのことがそこで「一巻の終わり」

になるのです。

 

 

 

 

 

 

ガン専門医の話に、

 

 

「ガンという病気は治る人は治って、

死ぬ人は死ぬ病気なんだ」

というものがありました。

 

 

 

 

手の施しようのない患者が治って、

経験上「まず大丈夫」と思われる患者が

あっけなく逝くというのです。

 

 

 

 

 

 

治る人と、そうでない人の

分岐点はどこにあるのか……

 

 

 

落胆する人間はダメな場合が

多いらしいそうで、

 

 

 

 

医学、ことに人の生命においては、

人知の及ぶところではないというのは

確かにあるとは思うのですが、

 

 

 

「病は気から」の要素が、

とても大きいということかもしれません。

 

 

 

 

 

病に限らず、人生も同じです。

一大事に遭遇したときに、

 

 

 

 

もうダメだと思えばそれまでなのです。

限界は自分自身が作っているのです。

 

 

 

あなたの『限界値』、

ひとつ引き上げてみませんか?

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:2

この記事に関連する記事一覧

コメントは2件です

  1. マサキ より:

    おはようございます。
    マサキです。

    「限界は自分自身が作ってる」・・・僕もその通りだと思います。

    昔から、「諦めたら、そこで終わり」だと思ってます。

    失敗や挫折で落ち込んでも、諦めなかったら、その道はまだ続いていくのですから。
    でも、諦めたらその道は閉ざされてさまう。

    これからもこの考えは変わらないです。

    すごく共感できました。

    応援済みです。

    マサキ

  2. 加南 より:

    マサキさん、

    コメントありがとうございます。

    失敗や挫折で落ち込んでも、諦めない!
    マサキさんのその不屈の精神、
    いいですね!

    孤独なネットビジネスの世界で、
    いろんな人がいろんな道を歩んでいる。

    そう想像すると、また頑張れそうな気がします。

    時にはゆっくりになっても歩みを止めず、
    お互い前進したいですね。

    加南

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: