オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

【アイドマの法則】を活かすためにプライドをもつ

読了までの目安時間:約 5分

 

【 加南本舗 Vol.412 】

 

 

 

 

消費者の購買決定心理として、

【アイドマの法則】というものがあります。

 

 

 

認知の段階

・Attention(注意)

 

 

 

感情の段階

・Interest(関心・興味)

・Desire(欲望)

・Memory(記憶)

 

 

 

行動の段階

・Action(行動)

 

 

 

 

それぞれの頭文字をとって

『AIDMA(アイドマ)』というのですが、

 

 

それを上手に活かす方法があります。

 

 

 

 

 

 

それはお客の要求に対して、

「それは出来ません!」

「それは無理です!」

と、あえて断ることです。

 

 

 

 

 

 

一生懸命サービスに努めれば、

お客は感謝してくれると思いがちですが、

それは逆なのです。

 

 

 

 

 

 

「お客様は神様」

「顧客満足度ナンバーワン」

そんなスローガンに毒されてしまい、

 

 

お客のわがままに振り回されては

ならないのです。

 

 

 

 

 

 

お客は自分の言いなりになる、

プライドのない営業マンを軽んじます。

 

 

 

 

 

逆に、お客のわがままな要望に従わず、

自信ある態度で、

 

 

 

「それは無理です。買っていただかなくて結構です」

などと言われると、

 

 

 

 

 

 

アイドマの『注意』が働き、次に

「なぜ、そこまで強気なのだろう」

「売れているから強気なのか」

 

 

 

などと、逆に『関心や興味』が膨らみ、

手に入れたいという『欲望』につながるのです。

 

 

 

 

 

 

また自信ある態度は、

正直に真摯な態度で臨んでいるように思え、

誠実な人格の印象を与えます。

 

 

 

 

 

 

あなただってそうだと思いますが、

誰しも、正直な人、優秀な人から、

価値があり、売れている商品を買いたいのです。

 

 

 

 

 

 

プライドをもつべきところには、

ビシッ!っと。

 

 

こういうメリハリも大切ですよ。

どうぞ、お試しください。

 

 

 

 

もちろん、第一声が「出来ません!」では、

デキないやつ、使えないなって

思われてしまいますので、ご注意を。

 

メルマガ バックナンバー    コメント:2

この記事に関連する記事一覧

コメントは2件です

  1. asano より:

    加南さん、はじめまして。
    このサイトに初めてお邪魔させていただきました、asanoともうします。
    フレンドマーク塾【13期生】です。
    SNS経由で来ました。よろしくお願いします!

    アイドマの法則は初めて知りました・・・。
    やはり、自分に自信が無いことは、お客さんにとって、マイナスになるのですね。

    自分はむやみに「へりくだる」癖があるので、気をつけないといけません・・・。

    また、ブログ訪問させていただきます!
    今日は失礼致します。

    応援していきます。

  2. 加南 より:

    asanoさん、

    コメントありがとうございます。

    ちょっとキツめに書いております。
    その根底には、やはり感謝の気持ち、
    これがないといけませんよね。

    asanoさんの、その謙虚なお気持ちは、
    そのままお人柄として、
    相手に伝わると思いますよ。

    フレンドマーク塾、
    とても学びが多いですよね。
    お互い、頑張りましょうね!

    加南

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: