オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

【人脈】を捨てることによって人脈

読了までの目安時間:約 6分

 

【 加南本舗 Vol.383 】

 

 

 

 

おたまじゃくしにはシッポがあります。

 

 

いきなり、なんだ!?ですよね。

生物の成長から見た場合、

いろいろな機能が追加されたりするのですが、

おたまじゃくしは、逆です。

 

 

 

 

 

 

水の中で暮らす場合には必要なシッポも、

成長してカエルになって陸上で暮らす場合、

邪魔なだけなのです。

だから成長に伴って、捨ててしまう。

 

 

 

こういう現象を【アポトーシス】と言います。

 

 

 

 

『なくなる』ことは決して、【退歩】ではありません。

『なくす』ことによって、

 本人の【成長】に役立つこともあるのです。

 

 

 

 

 

 

 

そのことを考えれば、

【人脈】も同じではないでしょうか。

世間一般では、

 

 

 

『人脈は増えれば増えるほど、いいものだ』

と思われていますが、

 

 

 

 

【人脈】を捨てることによって、

かえって本人の役に立つこともあるのです。

 

 

 

 

 

 

ウマが合わない人と付き合うのは骨が折れます。

生理的に嫌いな人にまで好かれようとするのは、

本人の精神的な健康にとって害にしかなりません。

 

 

 

 

それを裏付けるように、人間関係でイライラすると、

心臓や神経免疫系に非常に悪い影響を及ぼすことが

研究によってわかっています。

 

 

 

 

 

 

ストレスしかもたらさない人間関係は害なのです。

必死になってまで、

【人脈】は増やそうとしない方がいいのです。

 

 

 

 

 

 

100人の友達と付き合うよりは、

心理的に深い絆で結ばれた10人の友達と

付き合うようにした方が、

はるかに幸せだし、気がラクなのです。

 

 

 

 

 

そうすれば、自分が言いたいことを、

いつもいつも、我慢しなくてすむようになります。

 

 

たとえ言いたいことを主張して嫌われても、

心理的にモヤモヤした気分は残りません。

 

 

 

 

 

 

しかしそうなってくると不思議なもので、時には、

その歯に衣着せぬ主張が嫌われることもありますが、

それ以上に好かれることの方が多くなってくるのです。

 

 

 

 

 

 

つまり、【人脈】なんていらない。

という覚悟でいると、

かえって【人脈】が広がっていくのです。

 

 

 

 

 

 

はっきり主張する人のことを、

「面白い奴だ」と評価してくれる人は

必ずいるのです。

それが濃いつながりにもなるのです。

 

 

 

 

 

 

心理学的にも、自分の言いたいことを

モジモジして言わない人よりは、

はっきり言う人の方が好かれることが

わかっています。

 

 

 

 

 

はっきり主張することは悪いことではありません。

相手の顔色をうかがいながら付き合うよりも、

「遠慮なく人脈は切り捨てる」

「嫌われたら、嫌われたで、構わない」

 

 

 

 

 

そういう覚悟でいた方が、

自分自身も疲れることはないし、

 

逆説的ながら、非常に好かれたりするのです。

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: