オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

【逆境】そのときがチャンス

読了までの目安時間:約 6分

 

【 加南本舗 Vol.381 】

 

 

 

 

休日の今日、ゆっくりお休みになられましたか。

 

あなたがステキな一日をお過ごしだったら嬉しいです。

 

 

 

 

では連休中日ですが、

 

 

明日からの新たな一週間の始まりに、

 

 

今夜は「運命と四つに取り組む」お話を……

 

 

 

 

 

>> 窮地に陥った方が上昇気流に乗りやすい <<

 

 

 

 

 

中堅の証券会社での、あるお話です。

 

 

 

 

数年前からリストラの嵐が吹き荒れていて、

 

Aさんも上司から肩叩きを何度か受けました。

 

 

 

 

「今なら早期退職制度が使えるよ」

 

グラリとしましたが、

 

Aさんはかろうじて踏みとどまります。

 

 

 

 

 

 

そのうち、彼の肩を叩いた上司が、

 

外資系の会社に引き抜かれて退職しました。

 

 

 

 

Aさんは心底上司を羨ましく思いました。

 

自分はリストラに怯え、上司は恵まれた転職。

 

 

 

こうも違うものか……

 

 

 

 

 

 

ところが『人生はわからない』

 

とよく言われることが起こったのです。

 

 

 

 

 

上司が抜けたおかげで、

 

得意先をそっくり引き継いだAさんは、

 

肩叩きがなくなっただけでなく、

 

昇進し、給料も上がりました。

 

 

 

 

一方、転職した上司の方は、

 

厳しい外資系のノルマについていけず、

 

あえなくクビということに……

 

 

 

 

 

 

人生とは、とかくそんなものです。

 

 

 

この二人の生き方でわかることは、

 

 

 【窮地に陥った方が上昇気流に乗りやすい】

 

 

ということです。

 

 

 

 

 

 

ビジネスマンとして、最高の栄誉と地獄の挫折を

 

経験したクライスラー社会長のリー・アイアコッカ氏は、

 

 

 

 

『逆境に陥ったために、

 

かえってプラスが生まれることがある。

 

 

どうにもこうにもならなくて、

 

人間は初めて運命と四つに取り組むからだ』

 

 

という言葉を残しました。

 

 

 

 

 

 

前出のAさんも決して上司が転職したという

 

棚ぼただけでうまくいったわけではないでしょう。

 

 

 

 

何度かの肩叩きも、それからの努力にも、

 

きっと必死さがあったに違いないのです。

 

 

 

 

 

 

たとえ今、あなたが逆境に陥っていても、

 

嘆くだけでなく、あなたの行動こそが、

 

今後の人生を決めるのです。

 

 

 

諦めなければ、逆境は誰にでも、

 

幸運を運んできてくれるのです。

 

 

 

一緒に頑張りましょうね。

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: