オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

禍福はあざなえる縄のごとし

読了までの目安時間:約 6分

 

【 加南本舗 Vol.374 】

 

 

 

お正月休みも終わり、明日から仕事始め、

 

そういう企業も多いようですが、

 

あなたはいかがでしょうか。

 

 

 

 

お正月気分からそろそろ抜け出して、

 

また一緒に頑張りましょうね。

 

 

 

 

では明日からの新たな一週間の始まりに、

 

今夜は「現在の状況は変化する」お話を……

 

 

 

 

 

>> 禍福はあざなえる縄のごとし <<

 

 

 

 

 

 

私たちはとかく、運、不運と言って、

 

物事を片付けようとしてしまいます。

 

 

 

 

確かに、人には運のよい時と悪い時があります。

 

 

 

 

それは積極的に行動した方がよい時と、

 

慎重に構えるべき時期があるということでもあります。

 

 

 

そして【どちらも永遠には続かない】のです。

 

 

 

 

 

 

しかし世の中には、「自分は運が悪い」と

 

決めつけてしまっている人がいます。

 

 

 

 

そういう人は、そう考えることが、

 

本当に「運の悪さ」を招くことに気づいていません。

 

よくない考えは不思議とそのようになっていくものです。

 

 

 

 

「運が悪い」「ろくな人生じゃない」と思っていると、

 

本当にそうなっていくのです。

 

 

 

 

 

 

ですから、どうせ思うのなら、

 

「自分は運がよい」「ツキがある」

 

と思った方がいいのです。

 

 

 

 

そう思っていれば、

 

そうなるチャンスは確実に増えるのです。

 

 

 

 

 

 

人は自分が抱く人生観に、

 

ふさわしい人生を手に入れるものです。

 

 

 

 

 

 

そして現在の状況は変化します。

 

 

幸福であれ不幸であれ、変化します。

 

 

 

 

今が不幸であれば、次には幸福がきます。

 

運命とは、幸運と不運の両方が揃って、運命なのです。

 

 

 

 

 

 

 

災難と幸福はより合わせた縄のように表裏一体であり、

 

一時のそれに一喜一憂しても仕方がないこと、

 

 

【禍福はあざなえる縄のごとし】の言葉のように、

 

 

 

今の自分を「不幸」と決めつけるのは、

 

 愚かしいことなのです。

 

 

 

 

 

 

さぁ、『ツイてる!』そう言って、

 

 今年のスタートをきりましょう。

 

 

 

 

 

 

明日の朝、布団から起き出すのが辛くても、

 

何かいいことが待ち受けているかもしれない。

 

そう思えば、目覚めもきっといいはずですよ。

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: