オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

優先順位の本質に気づけば、簡単なこと

読了までの目安時間:約 6分

 

【加南本舗 Vol.870】

 

 

 

 

 

 

 

仕事は『優先順位』を決めてやる。

 

効率よく仕事をするには

欠かせないことですが、

 

 

あなたはいかがでしょうか?

 

 

もし決められないのであれば、

 

『自分が今、一番やるべきだと思うこと』

書き出してみましょう。

 

 

 

 

 

書き終えたら、

直ちにそれをやるだけです。

実に簡単です。

 

 

 

 

あー、何か言いたげな顔!

 

でも、優先順位の本質とは、

『一番大事なことを、真っ先にやる』

ということではないでしょうか?

 

 

 

 

 

 

**--------------------------------------**

それはそうだけど・・・

**--------------------------------------**

 

 

『一番大事なことを、真っ先にやる』

 

 

多くの人はこの単純なことを、

なぜか、できなくしてしまいます。

 

 

 

そこには

重要度が高いとわかっていながら、

気分がのらなくてできないといった

『心理的な問題』や、

 

 

仕事の流れ上、上司などに命令されて、

優先させたい仕事ができないといった、

『人間関係の問題』があったり、

 

 

そもそもどれが最優先なのか判断できない

『意思決定の問題』もあるようです。

 

 

 

 

それらのうち、自分で認識している、

心理的な問題は仕事にとりかかる

モチベーションを作くれば解決しますし、

 

 

上司からの命令で別の仕事が振られたのなら、

優先順位が入れ替わっただけです。

 

 

 

 

 

問題なのは、どれが重要なのか

わからないことです。

 

 

このままでは、もっとも重要な仕事を

始めることすらできなくなってしまいます。

 

 

 

 

 

そんな場合の解決法は、

 

「明日しなければならないこと」

6つメモして、重要と思われるものから

順に番号を振ります。

 

 

そして翌日、その番号通りに

仕事を進めます。

 

 

全部できなかったら翌日に持ち越しますが、

その際、3番目までできていたとしても、

 

続きの4番目から始めるのではありません。

 

 

また新たに明日に備えての6つの

「しなければならないこと」を

メモするのです。

 

 

 

毎日毎日シャッフルして、

「そのときもっとも重要と思われるもの」を、

優先して片付けていくのです。

 

 

これこそが『一番大切なことを真っ先にやる』

ということなのです。

 

 

 

 

 

優先順位のつけ方は、直感にすぎません。

「これは大切」と自分で認識、

 

 

『決める』というプロセスがあるからこそ、

間違いなく最優先事項を実行できるのです。

 

 

 

 

毎日シャッフルすることも、

当日になってみれば、

 

 

緊急の仕事が入ってきたりするのは

仕事の現場に立てば日常茶飯事です。

 

 

優先順位とはコロコロかわるものです。

 

 

何が起こっても

すみやかに最優先事項を処理し、

 

 

最終的な目標に効率的に、

いい形で近づいていくことが大切なのです。

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: