オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

あなたの人生に正解をもたらすのは・・・

読了までの目安時間:約 4分

 

【加南本舗 Vol.868】

 

 

 

 

 

 

 

仕事がうまくいかなかったり、

人間関係もぎくしゃくしている、

嫌なことばかり起こって、ツイてない・・・

 

 

「こんなはずではなかったのに」と、

誰しもお先真っ暗に思えてくることがあります。

 

 

こんなとき、いったいどこで、

『人生の選択』を誤ったのだろうと、

 

 

今さら悩んでも仕方ないことなのに、

 

別の就職先だったらとか、

別の大学に進んでいればなどと、

 

過去の自分を振り返ってしまいます。

 

 

 

そして過去ではなく、

進学や就職、結婚など、

 

今、この瞬間であっても、

 

 

人生の岐路に立ったとき、

 

どちらに進めば正解なのか、

何を選べば幸せになれるのか、

 

 

ベストな選択について

悩んでしまうものなのです。

 

 

 

 

しかし、人生の選択には

『正解』はありません。

 

 

 

そして歳を重ねていけば、

 

幸不幸があるという意味ではなく、

さまざまなことがあるという意味で、

 

 

人生は『山あり谷あり』

だということがわかってきます。

 

 

 

結局のところ、

人生の選択においては、

 

 

どちらを選んでも、

 

いいときもあれば、

悪いときもあるのです。

 

 

 

 

 

そんなときに大切なのは、

『覚悟』を決めるということです。

 

 

「これ」と決めたら覚悟を決めて、

その道を突き進むこと、

 

 

人生に正解をもたらすのは、

その覚悟を決めることなのです。

 

 

 

 

最初に覚悟を決めておけば、

 

年月が経って

たとえ途中で迷うことがあっても、

 

 

「自分が決めたことだから」と

改めて覚悟して

先に進むことができますが、

 

 

覚悟を決めていなければ、

「もっと自分にあった道があるのでは」と、

 

 

目移りばかりして、

あるいは後悔ばかりして、

 

 

いつまで経っても、どんな分野でも、

一人前になることはできないのです。

 

 

 

さまざまな生き方ができる

時代だからこそ、

 

 

自分自身で覚悟を決める勇気を

持つことが必要なのです。

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:2

この記事に関連する記事一覧

コメントは2件です

  1. あらぼう より:

    加南さん、こんばんは!
    あらぼうです。

    加南さんの言葉、胸に突き刺さりました。

    人生の選択に正解なんて無いんですよね!

    僕も、そう思います。

    自分が決めて進んだ先にある出来事は、
    今の自分に必要な出来事として
    起きていると思うので、

    おそらく、その出来事が嫌で、
    別の道へ進んだとしても、
    必ず似たような出来事が起きると思います!

    それは、やっぱり今の自分に必要なことだから起きているので、
    加南さんがおっしゃるように、

    「覚悟を決める」ことが、
    ものすごく大事なことだと思います♪

    覚悟を決めれば、
    何かあった時にも、後悔することなく
    その道を進んでいけますね(^^)

    改めて、勉強させていただきました。
    ありがとうございます♪

    応援完了です!

  2. 椎名あい より:

    こんばんは、加南様。

    椎名あいです。

    私は目移りアフィリエイターかもしれません。

    目移りはするんですけど、後悔ってしたことがないといえば嘘になっちゃうんですけど

    本当に数えるほどしかないんです。

    覚悟を決めて……ふふっ。私はまだまだ覚悟が甘い部分があったようです。

    アフィリとは関係ない部分に目移りしちゃって(笑)

    そこがまだ、覚悟がしっかり決まって無い部分かなって思うんです、自分でもです。

    でも、捻くれてしまう前にもう一度、覚悟決められることが出来そうです。

    ◯◯しかない!なんて思って始めたけど

    ブレることも多々ありますし……(笑)

    ああ、決心してネットビジネス業界に参入した日を思い出しました。

    『 初心忘れるべからず 』ですね、いい気づきになります。

    応援完了です!

    またきますねっ♪

    椎名あい

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: