オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

「ノー」と言うことも、伝え方も大事

読了までの目安時間:約 5分

 

【加南本舗 Vol.835】

 

 

 

 

 

 

 

桜が満開、

もう散ってしまった・・・

 

 

日本各地、桜のシーンは

それぞれのようですが、

 

 

お花見、されましたか?

あるいはその予定アリですか?

 

 

 

いや、本当は、

桜の樹の下でお酒を飲んで、

 

 

ただドンチャン騒ぎをするだけの

お花見はちょっと勘弁だなぁ、

 

って思ってらっしゃるかもしれませんね。

 

 

 

 

 

断りにくい相手から

気乗りしない提案や誘いを受けたときに、

断り方って難しいですよね。

 

 

角を立てたくはないし、

付き合いが悪いと思われるのも

なんとなく居心地が悪いし・・・

 

 

 

 

そんなとき、

やんわりと拒否できる方法に、

 

『困った』の活用があります。

 

 

 

この『困った』の便利なところは、

具体的に拒否の理由を

あげなくていいところです。

 

 

たとえば、

お花見に誘われたとしても、

 

 

「困ったなぁ、行きたいんだけど、

ちょっと予定が・・・」と、

 

 

本当の理由はもちろんのこと、

特に具体的な理由を言わなくても、

 

 

『困った』の効果で相手は、

「都合が悪いのに困らせては」と、

 

あっさりと納得してくれるでしょう。

 

 

 

 

「行きたいんだけど」という、

 

前向きの姿勢を示しておくことで、

角が立つこともありません。

 

 

それを「その日は休日出勤で」などと、

適当な理由で断ると、

 

 

後でバレた場合、

気まずい思いをしてしまいます。

 

 

 

その点、『困った』なら、

 

都合がつかない理由を明確に述べなくても、

どうにでも取りつくろうことができるのです。

 

 

 

 

 

何かの誘いに対して、

すぐさま断るのは悪いと思いがちですが、

 

 

行く気を演出して「やっぱりダメだった」と、

ドタキャンするなどのどっちつかずの返事は、

 

相手を困らせるだけです。

 

 

 

本当に迷っている場合をのぞき、

 

最終的には断ろうと思っているのに、

ただの時間稼ぎだけをしているのなら、

 

最初からキッパリ断った方が迷惑をかけません。

 

 

 

 

ときには「ノー」と、

言える勇気も必要なのです。

 

とは言っても・・・

 

 

だったら、まずは「困っちゃった」で、

乗り切ってみましょうか。

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:1

この記事に関連する記事一覧

コメント1件

  1. 椎名あい。 より:

    こんばんは、加南様。

    私はかつて『 イエスウーマン 』でした。

    まぁ、そのイエスウーマンは壊れちゃいましてね(笑)

    そこからしっかりと断りを入れるようになりました。

    自己の意志を出す事が。

    困った……ふむふむ。

    使えそうです……が。

    はぐらかすのは得意ですがそこまで使用することはないですね(笑)

    ちょっと使ってみようかなとも思いますが

    良心が怒っちゃうので

    多用はしないようにしますね(笑)

    良きこと?を知りました。

    今度少し使ってみようかな……

    ふふっ、また来ますねっ!

    ーー椎名あい。

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: