オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

常に相手を主役にしていく

読了までの目安時間:約 4分

 

【加南本舗 Vol.831】

 

 

 

 

 

 

 

人は常に自分というものを中心に

物事を考え、

 

 

自分を主語にして

話をしてしまいがちですが、

 

 

相手に気持ちよく

受け入れてもらうためには、

 

相手を主語にすると効果的です。

 

 

 

 

説得をする際にも、

「私は、これがいいと思いますよ」

 

 

と勧めても、

なかなか納得してもらえませんが、

 

 

「あなたもこうだと思うのですが、

こういうことってありませんか?」

などと言われると、

 

 

急に自分の話になったようで、

積極的に話に加わろうという

気がしてきます。

 

それは自分が主役になったからです。

 

 

 

 

常に相手を主役にしていくことで、

 

その話の中に誘い込んでいくことが

できるのです。

 

 

 

 

 

感謝の気持ちを伝える際は、

 

「あなたがいてくれたおかげで

助かりました」

 

「あなたがいてくれたから

ここまで出来ました」

 

 

などという言い方は、

ただ「ありがとう」と言うよりは、

 

 

感謝の気持ちが

たくさん伝わります。

 

 

さらに、あなたというところを、

相手の名前にすればもっと効果的です。

 

 

 

これはビジネス以外の人間関係、

そしてメルマガなどにも

応用できますよ。

 

どうぞお試しください。

 

 

 

 

 

あっ、こちらも・・・

 

ステキなあの人を食事に誘いたいときも、

 

「今晩、僕とご飯を食べに行きませんか?」

と言えば、主語は自分になります。

 

 

ところが、

「あなたにぜひ、

食べさせたい料理があるんです」

 

 

と言えば、相手が主役となり、

きっとOKの返事もバッチリなはずですよ。

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:4

この記事に関連する記事一覧

コメントは4件です

  1. あらぼう より:

    加南さん、こんばんは!
    あらぼうです^ ^

    >「あなたもこうだと思うのですが、
    こういうことってありませんか?」

    なるほどです、、
    自分はこのやり方のほうがいいと思いますよ!
    というより、
    加南のおっしゃるように、
    相手を主役にした表現の仕方のほうが、
    聞き入ってしまいますね^ ^

    まさに、ビジネス以外の
    人間関係にもつかえるテクニックですね♪

    >「あなたにぜひ、
    食べさせたい料理があるんです」

    ですね!
    早速、職場で使ってみたいと思います^ ^

    勉強させていただきました!
    ありがとうございます♪

    応援完了です(^^)

  2. めいこ より:

    加南さん、こんばんは。
    めいこです。

    私はついつい自分が自分がと言ってしまう癖があるなぁと
    この記事を読んで思いました^^;
    相手に訴えかけたいなら、ちゃんと相手を主役にして
    お話をしていかないといけないなと反省しました。

    応援完了です
    またきます

  3. 椎名あい。 より:

    こんばんは、加南様。

    『 隠れた思いやり 』が入っていますね。

    少しの気遣いなら、人は案外心地よく感じるみたいですね……

    あなたにこそ、してほしい

    自分に関係のあるものだと

    とたんに記事を熟読してしまう傾向があるのですね……(笑)

    『You Message』

    そういった名称でもあるようです。

    そこに、私もそうだったのっ……!

    なんて共感を証拠付けで、少し話すと

    安心にも繋がるでしょうね……

    ふふっ、毎回加南様の記事は為になりますね!

    ありがとうございます……!

    ーー椎名あい。

  4. 加南さん

    こんにちは^^
    エンタメです。

    文章を書く時は1人にターゲットを
    絞って書くことで本当にまるで自分のことを
    言われているように感じるので効果的だよね。

    常に読み手の立場で文章を書くことが
    出来ると人を動かす文章も書けるようになる。

    日々訓練が大切だね。
    今後共宜しくお願いします。

    エンタメ

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: