オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

実行率を高めるために『何をやらないか』を見極める

読了までの目安時間:約 4分

 

【加南本舗 Vol.824】

 

 

 

 

 

 

 

新し習慣を身につけるために、

いきなり高すぎる目標を設定すれば、

 

 

多くの人は途中で挫折し、

敗北感を味わうことになります。

 

 

 

『習慣化』という意味では、

その設定をゆるくする必要があるのですが、

 

 

『何をやるか』より、

『何をやらないか』を考えてみると、

次の行動がスムーズになります。

 

 

 

 

 

たとえば、何かの本を読んで

それを自分の中に取り入れようと、

 

 

5個も10個も「ためになること」を

実行しようとしても、

 

 

実行率は極めて低くなり、

結局は何ひとつ実現せずに終わってしまいます。

 

 

 

 

それよりも『まずは、ひとつでいい!』

そう思えば実行しやすくなります。

 

 

本の一行に「これだ!」と感じたなら、

すぐさま実行することが大切なのです。

 

 

 

10個やろうとして何もしないより、

そのうちのひとつを確実にした方がいいのです。

 

 

まずはひとつをしっかりと持ち、

スタートしてみることです。

 

 

 

 

 

また、やる気に満ちて『何をやるか』

ということもとても大切ですが、

 

 

『何をやらないか』を見極めることも、

非常に重要です。

 

 

 

そこで切り捨てたものは、

 

あなたの弱さを表すものではありません。

貫くことに、人としての強さが表れるのです。

 

 

 

 

どんどんチャレンジできる人はステキです。

 

しかし自分のできることに的を絞って、

確実に自分のものにすることも大切なのです。

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: