オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

『複数形』にするだけで生まれる連帯感と信頼感

読了までの目安時間:約 5分

 

【加南本舗 Vol.781】

 

 

 

 

 

 

自分のことばかりを主張したがる

自己中な人っていますよね。

 

 

自分はそんなつもりはないのに、

そう思われていることも、

あるかもしれません。

 

 

 

そういう人は、

「僕は」「私は」というところを、

 

 

『複数形』にして、

「私たち」と話すようにするだけで、

状況はがらりと変わります。

 

 

 

 

 

これは「私たち」と

繰り返し言われることで、

 

 

お互いが同じ主義主張を持った

仲間のような印象が刷り込まれて、

連帯感が生まれるからで、

 

 

そこから自然と信頼感もわいてくる、

という現象が起こるためです。

 

 

 

 

 

さらに、「私はこうしたい」ではなく、

「私たちのためにこうしたい」と言えば、

 

 

たとえ自分の意見を多少多く主張しても、

自己中のようには受け取られず、

 

 

周囲も反感を抱くことなく、

主張に耳を傾けてくれるようになります。

 

 

 

 

 

ほんのちょっとした言い方だけで

印象が変わる『言葉』は、

 

 

賢く使えば、

自分を有利にすることができます。

 

 

 

メルマガであっても、「私たち」

そして、特別な「あなた」なのです。

 

 

 

莫大な読者数の

トップアフィリエイターさんならば、

「みなさん」という呼びかけでいいですが、

 

 

読者さんの数の少ないうちは、

「あなた」と呼びかけましょう。

 

 

 

 

そう、あなた!

あなたにお伝えしてるんですよ!

 

 

今日は仕事が立て込んで、

クタクタなんだけど、

 

 

やるべきことはきちんと、やる!

そう思ってたった今、私からのメールを

読んでくださっている、

 

 

特別なあなたに、

マル秘テクニックをお伝えしました。

どうぞお役立てくださいね。

 

 

 

 

 

このメルマガを書くにあたって

「自己中度」をテストしてみたら、

32%でした。

 

 

内心、もっと高いだろうと

思っていましたが、

 

 

答えるときにちょっとウソを

ついたせいかもしれません。

 

 

テストをテストとしないところが

まさに自己中ですね、反省・・・

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:1

この記事に関連する記事一覧

コメント1件

  1. めいこ より:

    加南さん、こんばんは。

    相手ののことをあなたというのは
    効果的だというのは私も聞いたことがあります。

    アフィリエイトは多くの人じゃなくて
    たった一人の人に伝えるようにするほうが
    いいということで呼びかける時もあなたと
    言ったほうがいいらしいですね。

    私を私たちというのは知らなくて
    確かにそうだなって思います。

    つい、私はって使いすぎてしまうので
    気をつけてみようと思います。

    応援完了です
    また読みに来ます。

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: