オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

説得を上手に隠す【レッテル法】

読了までの目安時間:約 5分

 

【加南本舗 Vol.755】

 

 

 

 

 

 

ビジネスにおいてデキる上司とは、

 

上手に部下を動かすことができる

ということが大切な要素ですが、

 

 

 

その際、肝心なのは、

『説得しようとしない』ということです。

 

 

たいていの場合、

その「説得」は効きません。

 

 

なぜなら、

社内での立場が上位である上司が、

「説得」しようとすると、

 

 

それは「説得」ではなく、

「説教」になってしまうからです。

 

 

 

その説得がうまくいくのは、

基本的には立場が同じである人物が

やる場合であって、

 

 

立場が上の人間が説得をしようとすると、

どうしても上から押し付けている

感じになってしまい、

 

 

下の人間は

心理的に反発しようとするからです。

 

 

 

 

 

そんな場合に効果的なのが、

【レッテル法】で、

 

 

「○○しろ!」ではなく、

「あなたは○○の人間」という、

レッテルを貼るだけでいいのです。

 

 

そうすることで

押し付けがましさが隠され、

下の人間もそれが受け入れやすいのです。

 

 

 

遅刻を繰り返す部下に、

「遅刻することがどれだけ会社に

損害を与えるのか」といった説教よりも、

 

 

「あなたはきちんとした人間」という、

レッテルを貼ることの方が

有効なのです。

 

 

 

公衆トイレの張り紙に、

 

「いつもきれいに使っていただき、

ありがとうございます」

と書いてあるのと同じことです。

 

 

 

 

 

本当に説得の上手な人は、

 

ひと目で『説得』とわかってしまう

説得をしないものです。

 

 

自然な会話の中で、

上手に相手にレッテルを貼っているのです。

 

 

 

 

 

この説得を上手に隠すというのは、

私たちが商品説明する場合も同じです。

 

 

セールスレターには、

【ベネフィット】が必要です。

 

 

それを際立たせるためには、

くどくどとした商品説明、特徴を、

 

 

【ベネフィット】に

変えるだけでいいのです。

 

 

 

 

人が商品を買う決め手は、

 

その商品が持っている

機能や類似品との差といった

特徴ではなく、

 

 

その特徴から得られる利点、

自分のどんな欲求を満たしてくれるか

という【ベネフィット】なのです。

 

 

 

 

 

 

「あなたはきちんとした人間」

「きみは優しい人」

「○○ちゃんは勉強が好きなのね」

 

などといわれて思い描くのは・・・

 

 

みんなステキな未来を

手に入れたいということですね。

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:2

この記事に関連する記事一覧

コメントは2件です

  1. YMS より:

    ベネフィット、とても大切なんですね。
    なるほどと思いながら読ませていただきました。
    参考になります。
    ありがとうございます。

  2. スプーン より:

    こんにちは。
    ベネフィットいいですね。
    早速、我が子に言ってみますね(笑)。

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: