オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

いい人間関係は小さな気遣いひとつから始まる

読了までの目安時間:約 6分

 

【加南本舗 Vol.744】

 

 

 

 

 

 

 

休日の今日、ゆっくりお休みになられましたか?

 

あなたがステキな時間をお過ごしだったら嬉しいです。

 

 

 

三連休中日、

まだまだお休みモードかもしれませんが、

明日は月曜日、新たな一週間の始まりということで、

 

 

今夜は『心が和む環境』のお話を……

 

 

 

 

>> 相手を立てることができる人 <<

 

 

 

 

『真実はいつもひとつ!!』

 

 

そう言うのは、

見た目は子供、頭脳は大人、

のキャッチコピーで知られる

 

アニメ「名探偵コナン」くんですが、

 

 

 

 

 

真実を曲げることはできません。

 

しかし時と場合によっては、

その真実を言わないでいたり、

 

 

ちょっとした『脚色』を、

しなくてはならないことがあります。

 

 

【うそも方便】です。

 

 

ことを円滑に運ぶために、

うそを言う結果になることもあります。

 

 

 

 

 

実際に人は誰でも、

数えきれないほどの

うそをつきながら生活をしています。

 

 

体の調子が悪いのに、

「最高のコンデションだ!」と言ったり、

 

よく考えもせずに上辺だけ合わせるように、

「一生懸命頑張ります!」と言ったりします。

 

 

 

 

 

相手に対して言い方を変えたりするのは、

本音を言うと悪いので、

 

 

建前という形を借りてうそをつくとも

言えますが、その境界線は、

 

 

自分が得をしたり有利になったりする

ためのうそは許されない、

ということでしょう。

 

 

 

また、真実を述べないことによって、

結果的にうそをつくことになってしまう

ときがあります。

 

 

 

 

 

正しいことであっても、

 

相手の立場やプライド、

タイミングをはからなくては、

 

人間関係は円滑にできないのです。

 

 

 

真実を言うと、

人のメンツをつぶすようなときは、

 

黙っているのが賢明です。

 

 

 

 

 

たとえば上司や先輩が間違ったことを

人前で言ったようなときに、

 

 

仕事上などで差し支えなければ、

わざわざ指摘する必要はありません。

 

 

そしてあとからこっそり、

事実を告げるのです。

 

 

その際、「あとから考えてみたら」

というひと言を添えます。

 

 

自分もぼんやりしていたという点を示唆し、

少しでも自分の方が頭が良いという

結果にならないように気をつけます。

 

 

 

 

 

ちょっとした気遣いで、

心が和む環境は作れるのです。

 

 

いい人間関係というのは、

最初からあるわけではありません。

 

自分たちで少しずつ作っていくものです。

 

 

たとえそこに小さなうそが存在していても、

その気遣いひとつから始まるのです。

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:2

この記事に関連する記事一覧

コメントは2件です

  1. タケ より:

    加南さん、こんにちは^^

    タケです!

    「うそも方便」

    まさにその通りだと思います!!

    悪意のあるうそは、もちろんダメですが、
    相手を喜ばせたり、引き立てるような
    うそはいいのかな!思います^^

    人間関係を問題なくすごすためには、
    ときと場合によっては、
    いい意味でのうそも必要ですね!

    勉強になる記事をありがとうございます^^

    応援完了です!
    今年もよろしくお願いいします。

    タケ

  2. ヤス より:

    加南さん、こんにちは。

    嘘をついてはいけません。
    子供が良く言われることですよね。

    でも、世の中にはついたほうがよいうそ
    と絶対にダメなうそとがあるように思います。

    人を幸せにするうそはついたほうがよいですし
    人を不幸にするうそは絶対にダメです。

    うそも方便、いいえて妙な言葉ですね。
    世の中からうそがなくなったら
    住みにくい世界になるでしょうね。

    考えさせる記事をありがとうございました。

    応援完了しました。

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: